カテゴリー
スライス 竹内雄一郎 遠心力

インパクトでボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす【講師 竹内雄一郎氏】

ボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さん、こんにちは。

本日は、ボールがインパクトの時にフェイスを滑って、右にスライスしてしまう方のための練習ドリルをご紹介させて頂きます。

まず、スライスが出る方と言うのは、インパクトゾーンでヘッドが戻らずに、手元が加速してヘッドが減速することでフェイスが開いてスライスする、またはフェイスが開いて滑ってしまいます。

このインパクトゾーンでは、手元の動きは減速して行きますが、減速して行く中でヘッドの動きが加速してスイングが作られます。

なので、バックスイングではヘッドが右サイドで上に行きますが、インパクトを越えたら左サイドでヘッドが上にいる形、これが正しい形になります。

しかし、どうしても手だけで振ってしまう人と言うのは、このように肘が曲がって詰まったスイングになってしまいます。

どれだけ速く振っても、この肘が詰まったスイングではボールを遠くへ飛ばすことはできません。

上手くヘッドを遠心力を使って振れていないので、強いボールを打つことができません。

今回やって頂くのは、インパクトゾーンで手元が減速する形を作って、その動きでヘッドが返って来る動きと言うのを体感して頂きます。

まず、右手一本でクラブを持って下さい。

この右手の横に、左手を手のひらを開いて当てがって下さい。

ここで、バックスイングをして行きますが、肩のラインまでで結構です。

その肩のラインからダウンスイングをして、インパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩いて行きます。
%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e6%bb%91%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%8f%b3%e3%81%b8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92

このようにする事で、ヘッドがフォロー側にグンと押される動きが体感できます。

実際にこの動きがスイング中にできれば、スライスと言うのは修正されます。

体の真正面で、手のひらを合わせる。

このように、ここで手の動きを止めている訳ですね、止めてヘッドを加速させているイメージです。

実際に今のイメージの素振りでボールを打ってみます。

構えて、左の手のひらをセットしたら、インパクトで叩きます。

このようにすると、ボールは極端に左に曲がって行きますが、この動きで結構です。

インパクトで手を止める、という動きで加速を作って行きます。

それでは、今のイメージを持ってスイングをして行きます。

インパクトで止めるイメージだけで結構です、手元を加速させないという事がここでのポイントになりますので、しっかりと練習をして手元が速く動かないように意識をしてスイングをして行きましょう。

以上で、本日のレッスンを終わります。

ボールが滑って右へスライスすることを修正するためのドリル

1) 右手一本でクラブを持つ
2) グリップした右手の横に、左手の手のひらを開いて当てがう
3) 肩のラインまでバックスイングをしたら、ダウンスイングをしてインパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩く

今回のポイント

・インパクトでは、手元を加速させない!

カテゴリー
アイアンショット スライス ドライバー 竹内雄一郎

ゴルフスイングでスライスを防止するにはテークバックの右ひじがカギ!【講師 竹内雄一郎氏】

スライス防止 テークバックの右ひじがカギ

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さん、こんにちは。

本日はスライスが出てしまう方、これは全てのクラブに言える事です。

ドライバーもアイアンもスライスが出てしまう方は、このポジションをチェックして下さい。

今回チェックして頂きたいのは、右ひじのポジションです。

右ひじの動きがどのようになっているかと言うのを、チェックして行きます。

まず大事なのは、テークバックでの右ひじです。

この右ひじの角度が、早い段階で必要以上に曲がってしまう方はスライスしやすいです。

と言うのも、肩のラインが捻転することができなくて、手でバックスイングを上げてしまうために、ダウンスイングで肩が開きやすくなってしまいます。

右ひじの角度を腰までは殆ど変えないように、バックスイングを作って行きます。

この段階で右ひじを曲げてしまうと、肩は捻転して行きません。

右ひじを伸ばしたまま上体で回して行くと、肩はグリップが腰のラインでほぼ90度近く回って来ますので、ここまで来れば、あとはもう大丈夫です。

右ひじの腰までの角度だけ気を付けてバックスイングをして、大きな捻転を作って行きます。

あとは腰を回してダウンスイングをして行けば、スライスは少なくなってきます。

この右ひじのポジションと言うのは、最初は曲げているつもりはないのですが実際は曲がっている事が多いので、右ひじを左手で持ってバックスイングをこのように上げてみて下さい。

スイングの中心軸を動かさないように、右ひじを左手で持って上体を捻転させてバックスイングしてみて下さい。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e9%98%b2%e6%ad%a2-%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%ae%e5%8f%b3%e3%81%b2%e3%81%98%e3%81%8c%e3%82%ab%e3%82%ae

このようにすると、自分がどれくらい動いているのかな?結構動いているな!という事に気が付くことができます。

この右ひじを曲げなければ、ダウンスイングでの肩の開きが無くなり、スライスが防止されます。

それでは、このポジションを意識して一度打ってみたいと思いますのでご覧下さい。

一度、テークバックでの腰までの動き、右ひじの動きをチェックしてテークバックの動きを練習して下さい。

以上で終わります。

スライスを防止するためのポイント

・右ひじの角度が、早い段階で必要以上に曲がってしまう人はスライスしやすいので、右ひじの角度を腰までは殆ど変えないように、バックスイングを作る

・右ひじの動きをチェックするには、右ひじを左手で持って上体を捻転させてバックスイングしてみる

カテゴリー
スライス ドライバー 小原大二郎

ドライバーでのスライスの直し方【講師 プロコーチ・小原大二郎氏】

プロコーチ・小原大二郎氏:こんにちは、小原です。

スライスをしてしまうという点を深く考えていくと、どういう現象がおきているのか?と言うと、単純ですがボールが右に曲がっている訳ですね!

そして、このボールが右に曲がるという事は、インパクトの瞬間にクラブフェイスがターゲットよりも右に向いて当たっているから右に曲がってしまう訳なのですが。

その原因を作っている一番大きな要素。
それは、実はグリップの握り方にある方と言うのが、とても多いです。

レッスンをする中でも、難しいスイング中の動作を直すというよりは、グリップ自体がとても右に曲がりやすいグリップになってしまっている方がとても多いです。

そして、自分にとって正しいグリップと言うのは、実はその方その方によって微妙な変化があるものです。

一概にこの形という形ではなく、人それぞれ違うという事なのですね。

まず、実際に今からやりながら説明していこうと思うのですが、一番大事なのは左手の持ち方です。

このように構えた時に、左手のグリップを握る訳なのですが、この時に大事なのが左手の向きです。

向きと言うのは、こういう風に色々に変化させることができるのですが、スライスしやすい方と言うのは殆どの方がこのように左手の親指の位置が反時計回りに回ってしまっている、いわゆるウイークグリップという形になっている方がとても多いです。

このようになってしまいますと、スイング中にどうしてもフェイスが手の甲側に捻られて右に向いてしまいやすいのですが、何故かというと人間の骨格と言うのはそもそも力を抜いた時に、手は少し斜めになっている訳なのです。

ですから、このようなウイークグリップにすると、遠心力が加わった時に手がこのように骨格通りに引っ張られて右に向きやすくなっています。

という事は、骨格通りにクラブを握るように注意すれば、インパクトでフェイスがスクエアに戻りやすくなるという事に気が付いたと思います。

ぜひ、スライスされる方は一度ダラ~ンと腕の力を抜いて、自分の手が斜めになった角度をそのまま受け入れて、グリップを握るようにしてみて下さい。

そうすると殆どの方が、グリップの真ん中に記してあるロゴマークの若干右側に親指が来るようになる筈です。

これを、ややストロンググリップと言うふうに表現したりするのですが、若干ストロンググリップに握ることがボールを大きく曲げないためにはとても大事なグリップの形となる訳です。

スライスする原因と言うのは、人それぞれたくさんの原因がある訳なのですが、ボールが右に曲がる原因を作っている要素として、グリップが間違っている方がとても多いです。

もし、あなたが今スライスに悩んでいるのでしたら、まず最初にこのグリップの握り方がウイークグリップになりすぎていないか?という事をチェックして下さい。

自分の手の骨格通りのグリップの形が作れているのか?

もし、骨格通りに握ってもスライスするようでしたら、それよりもほんの少しでしたら右にズラして握ってみても良いのかなと思います。

そうすることで、ボールの飛び方を観察してみて下さい。

その時に、スライスの度合いが小さくなるようであれば、その握り方が自分には合っているという事です。

注意点としては、「やりやすいか」「やりにくいか」で判断しないことです。

必ず正しい方法でも、いつもと違ったやり方をすれば「やりにくく」感じる筈ですが、打ったボールを見て判断するという事が大事です。

ぜひ、自分に合った形を見つけて頂きたいと思います。

ドライバー スライス 直し方

カテゴリー
ドライバー 中井学

中井学のドライバー講座(9)「スライスを武器にしよう!」

【中井学の5分でわかるドライバー講座】
~スライスを武器にしよう!~

 

 

中井学:今回のテーマは、「スライスを武器にしよう!」

ということで、最初このゴルルTVが始まった初回で打ってらしたスイングは、かなりカットをイメージされたスイングだったんですけど、それは何を直そうという意図があったんですか?

板倉由姫乃:ええ、最初結構フック系?ドローで、力が入ると「チーピン」って言うんですか?

もう、スーってもう左OBとかによく出ちゃってたので、左が凄く嫌なんですね、左に行くミスが・・・。

それで、ミスしても右に置いていたいって言うので、ああいうスイングになったんですよね。

中井:なるほど、はい。

今、凄くいい示唆があったんですけども。

なぜかと言うとやっぱり皆さんスライスを凄く嫌がることで、結果的にスライスを抑えようとする動きの中で、結果チーピンになってしまったりフックが止まらなくなってしまって、

特にやっぱりスコアが崩れやすいのはもうかなり左に捕まってしまっているパターンと言うのが多いんですね。

板倉:はい。

中井:で実際に、クラブもこのシリーズでも通してお伝えしているように、球は捉まる上がると言うクラブがどんどん出てきています。

ですから、自分で球を意図して捉まえに行こうとすると、そう言ったように非常に左に出るミスが多く出て、スコアがなかなかできないというところで・・・

実はスライスを打つイメージで、スイングをして頂く方がスイング自体がどんどん締まって良くなって行くんですね。

板倉:はい。

中井:じゃ、そのポイントをこれからお伝えします。

 

【実践】

板倉:それでは早速、打って頂きましょう。

お願いしま~す!

中井:ハイッ!

で、スライスを意図的に打つ。

これが、一番何がポイントかというと、このライ角度!

で、今のクラブは非常にこのライ角度が、アップライトなんですね。

ですから、例えばこのクラブのライ通りに立つと、こんな・・・

板倉:ふふふふ(笑)

中井:実はそうなんです、手元が高くなるんです。

でも、実際僕は180㎝身長があるんですけども、その180㎝の身長を持っている僕でも実際に立つと、もの凄くクラブがこういうふうに前が上がるぐらいクラブがアップライトに作られている。

っていう事は、ロフトが付けばそれだけクラブと言うのはアップライトに使うと言う事は、フェイスが左に向くようなこういう今のクラブの作りになっています。

なので、結果的に振ったら球は捉まってくる。

それは、この角度さえある程度維持をしていれば、自然と捉まってくれるんですね。

そうした時に、インサイドアウトのイメージで球をフックさせに行く・・・、腕を振ってヘッドを返す、そう言った動きを使ってしまうと、このように手元が浮いてしまってライ角を維持する事ができないんですね。

なので球が捉まらない・・・。

板倉:うん。

中井:逆に、極端に少しオープンスタンスを取って頂いて、このようにスタンスなりに振って頂くイメージ。

これを持って頂くだけで、このクラブと言うのはライ角を維持しやすくなります。

板倉:それだけですか???

中井:それだけなんです。

板倉:へえ~~~~!

中井:ですから、もう極端にオープンスタンスにします。

で、このままスタンスなりに振ってみます。
(中井、実打)

それでも、この程度の曲り・・・。

板倉:そうですね。

中井:ええ!

いま、思いっきり切りました。

なんですけど、あれぐらいしかスライスに、実はならないんです。

って言うのは、このライ角をある程度維持しながら振る事で、球が右に抜けたりすることも、極端にこのように巻いて返ってチーピンんになる事も、実は防いでくれる・・・。

板倉:それが防げると、だいぶ楽ですねゴルフが。

中井:だいぶ楽ですですよね!

コースでパニックじゃなくなります。

板倉:ハイ。

中井:ええ、だから僕は今までに人生で実は2回続けてOBを打ったことが一度も無いんです。

板倉:スゴ~イ!!!

中井:って言うのは、こういうふうにクラブがどう動けば球がどう飛ぶか、っていう事がある程度自分の中で分かっていれば・・・。

例えば右にプッシュアウトしたり、左にチーピンが掛かると言う事はライ角が維持できていないんだなと言う事が気付ければ、ライ角を維持するって言う意識だけで、結果的に2連発でOBをしてしまう・・・

もう地獄の一本道に陥ってしまうような、悪い連鎖反応は起こらなくなりますから。

ですので、キーワードは、フェイスの面を真っ直ぐ合わせる事よりも、ライ角度をしっかりとキープする。

この事だけで、球がしっかり捉まってくれますので、困った時にはスライスを意図的に打って見て下さい。

これで、スコアの崩壊が防げます!

カテゴリー
ドライバー 中井学

中井学のドライバー講座(1)スライス矯正編「1Wは転がして!?飛ばせ」

【5min.Golf Lesson Driver Shot 1】

 

中井:中井学の5分で分かるドライバー講座!!!

中井・板倉:イエ~~~~イ(拍手)

中井:と言う訳で「5分でわかるドライバー講座」早速始まった訳でございますが、今日から10回に渡ってドライバーの色んな悩みを解決して行こうと思います。

中井・板倉:よろしくお願いします。

中井:と言う訳で、今日のメインと言うか、GOLULUの板倉さんです。

板倉:板倉由姫乃です、よろしくお願いします。

中井:よろしくお願いします。

どうですか、ドライバー?

板倉:ドライバー・・・得意です!

中井:得意ですか! うん、ありがとうございました!!!

板倉:(笑)いや冗談です。

悩みもそりゃいっぱいあるんですけど、飛ばないとか、う~んちょっとスイングにクセが強いので・・・

中井:ま、良い意味でクセが強い。

板倉:はい。

中井:悪い意味で言うと、ちょっと変みたいな感じですよね・・・。

板倉:ちょっと変・・・(笑)

そうなんですよね、それがまあ悩みっちゃ悩みですね。

中井:飛距離ってどれくらい出せた、実際に。

板倉:飛距離210・・・、盛って220・・・って感じです。

中井:おお! これ、テレビ見てる方に喧嘩打ってる???(笑)

もう十分飛んでるじゃないかこの野郎!!!、みたいな感じで・・・

板倉:もっと飛ばしたいって言う・・・

中井:だいたいどれくらいまで行きたい?

板倉:230は行きたいですね。

中井:やっぱり、プロの平均と言うか、女子プロの中で中ぐらいまではいきたいな~っていう・・・

板倉:そうですね。 そうしたらやっぱセカンドも楽かな、とか思います。

中井:そうですね。ゴルフ全体がやっぱり楽になりますし、実際にやっぱりドライバーの飛距離が出なくて、ゴルフの組み立てが困っていらっしゃる方が非常に多いと思うので。

ま、球の曲りも、そして飛びも向上できるように、よろしくお願いします。

板倉:よろしくお願いします。

 

【ドライバーは転がして飛ばせ!】

中井:早速、第一回・ドライバーは転がして飛ばせ!
と言う訳で、分かります意味? パッと聞いて。

板倉:転がして・・・???

中井:ま、例えば、青木さんもゴルフはゴロフだ!って言うぐらい、転がしてやれっていうのは、たぶんグリーン周りをイメージして考えてらっしゃる方が多いと思うんですけれども。

実際にドライバーで転がしてみようと・・・

で、ま要はドライバーもロフトが付いてますから、転がる事って転がそうとしてもなかなか転がるもんじゃないんですね。

で、何かって言うと、実際日本の場合ってどうしても練習場から始める方が多いんですよ。

そうすると、まずゴールは的に打つっていう事よりも、何かボールをきれいに上げよと・・・

板倉:あ~~~、そうですね。

中井:そう、する方が多くて、そのきれいに上げようとする動作を基礎ができていない段階でやってしまうと、意外とスライスが直らなかったり、球が飛ばなかったり・・・。

ボールを上げようとする動作が、逆に悪い我流を生んでしまう事が多いんですよ。

だったら、もう思い切って転がすぐらいのイメージで、的にとにかく転がって行けばいいだ!ぐらいのイメージで打つ方が、今のクラブと言うのは上げる・捕まえるっていう機能がついていますから、そのクラブにある程度お願いをして、自分はもうポーンと的に向かって転がすイメージの方が、良いスイングになりますよと。

板倉:なるほど、そうやって考えたら結構簡単ですね。

中井:そうなんですよ!!!

だから、クラブは助けてくれる訳ですから。

なのに、ヘッ、クラブなんて・・・、なんて思って、自分の中でこう、ゴルフは最後こ(腕)だからね、みたいな感じで一生懸命上げよう、捕まえようとしてスイングがどんどん悪くなって行く傾向にあるので。

板倉:なるほど・・・

中井:ちょっと球を上げようとせずに、転がす事だけでスイングを良くしていきましょうよ、と言うのが今回の狙いでございます。

板倉:はい、私のクラブにも頑張ってもらって・・・

中井:頑張ってもらって! そう、自分は頑張らないと言うことで、ドライバー一発目行ってみたいなと思います。

板倉:ハイ! いきま~す!

中井:行ってらっしゃい!!!

中井・板倉:ハハハハ(笑)

(転換)

中井:じゃあ、打って頂きましょう。

まずは普通の通りにどうぞ・・・。

板倉:いきま~~~す。

中井:ハイ!

(板倉実打)

中井:ナイスショット!

板倉:ありがとうございます。

中井:終わり!!!(ハハハ笑)

こっからどうやって上手くして行くんだ? って言う感じがあるんですけど・・・。

見ると、腕をこう大きく使ってって言うのも分かるし、凄く今素晴らしい回転で打ってるから、じゃ、ここで低く打つというイメージに関しては、どちらかと言うと少しカット目に打ってらっしゃるじゃないですか。

板倉:そうなんですよ。

中井:スライス気味なスイングをされてるんですよ。

板倉:そうなんです。

中井:っていう事は、実はそんなにあおる要素って無いんです。

板倉:あ~~~~。

中井:うん、だからそう言った意味では良いスイングをなさっているんです。

で、やっぱり一般アマチュアの多くの方って言うのは、飛ばしたいっていう意識を強く持っている時に、やっぱりこう下からあおって打って来られる方がやっぱり多いと思うので。

なので、一回目は低く打って下さいっていう感覚を出して頂いた方がいいなあ、って言うのがあったんですけど。

いや! どうしましょう??? いい球なんですよね。

だから、こっからもう一つ低くするっていうのが、あんまりイメージとして湧かないので、今回は観てらっしゃる皆さんに向けて僕が見本を見せますって言うと変ですけど・・・。

あんないい球打って頂いたら、もうあの「どっかいっちゃいなさい」!!!。

板倉:あれ~~~~!!!

中井:まあ、あの~本当に今日実際にそうなんですよね。

板倉さんのスイングを、僕見るのが初めてなので。

で、全くウォーミングアップもせずにね、一発で・・・っていうか、そこまでハケなくてもいいと思うんだけど。(笑)

あの~そんなに僕はあの~こういう風に振らないんで、はい。

とにかく、要するにボールを上げないようにと言うこと。

クラブはしっかり付いているので。

例えば、僕も今日一発も打っていません。

で、実際にフルショットせずに、少しハーフスイングに近い要領で打ってみます。

こんなような感じで、ポン!

こういう風に低く感じるんですよね。

で、見て頂いたら分かるように、ああやってちょっとこうフックして行きました。

で、実は低く打とうとすれば、それだけ身体の回転にクラブが同調してくれるので、実際にこの回転に沿ってヘッドが返ってくれるんですね。

なので、特に上げようとして振ってしまうと、その皆さんが思う上げると言う感覚は、このように全てフェイスが開いていると言うよりは、右に向いている感覚なんです。

ほとんどの方は上げようとする余り、フェイスがターンできない、返せない状態になってしまっている・・・。

そうする事で、結果的に後から身体で補っていても、フェイスが戻りきらずに大きなスライスになってしまいます。

その点板倉さんは、ここは上手くしっかりと脇を締める要領で身体を回して来られてるので、こうやってヘッドが閉じて返ってきた。

だから今回に関しては、あまり低く打とうと言うイメージを持って頂かなくても上手く打ててる。

ただ、やはり観ていらっしゃる方の多くはそれだけ身体の回転にクラブの回転を合わせてくると言う事がが苦手な方が多いので、今のように最初はもう本当に軽くてもいいから、低くポーンと出すイメージ。

それだけを持って頂くと、クラブは必ずボールを捕まえてくれると言う動作になりますので。

ぜひ、ゴルフ場で球が捕まらないなとか、スライスが止まらないなと言う風になった時は、少し転がすようなイメージで打って頂くことをおすすめします。