カテゴリー
インパクト グリップ ドライバー フェースの向き ヘッドスピード

ドライバーでつかまる球を打つには、インサイドインのスイング軌道が理想!

【ゴルフの裏ワザ】ドライバーでつかまる球を打つ スイング

解説

ドライバーでつかまる球を打つには、インパクト直前で肩が大きく開いてしまうとクラブヘッドがアウトサイドインの軌道で下りて来ますのでボールをカットする状態となり、ボールはつかまりません。

アウトサイドインの軌道をインサイドから下りてくるように変更する必要があります。

肩が開かなければクラブヘッドはインサイドから下りてきやすくなりますので、つかまるボールが打ちやすくなります。

時計の文字盤で例えると正面が12時だとします。

インサイドからの練習では、インパクトで胸が1時から2時の方向を向いた状態でインパクトを迎えるイメージでスイングします。

あくまでもボールをつかまえるためのイメージで、具体的にこのポジションで留まるという事ではありません。

最大の原因はアドレスにあります。

アドレスで両肩が開いている右を向いている場合は、インパクトでも肩が開きやすくなります。

また、グリップがウイーク過ぎる場合もフェースを閉じようとするために肩を無意識に開いて、ヘッドを左に向かって振ろうとしてしまう場合もあります。

ボールの位置を変えてみる

ドライバーでつかまる球を打つには、インサイドからボールを捉えてインサイドに振り抜くインサイドインのスイングが理想となります。

つかまらないボールを打っている方は、まずはインサイドから振るという意識を持つためにインサイドからアウトサイドに向かって振り抜くインサイドアウトの軌道を練習してみます。

そのために、ドライバーの練習でボールの位置を大きく変えてみる事も一つの方法です。

スライサーの場合は、ボールを左に置きたくなると思います。

フックの場合は逆で、ボールを右に置きたくなります。

これは、スイングのミスをボールの位置で修正しようとしているためでもありますし、そこにボールを置いて打とうとした事がスライスやフックの原因となる事もあります。

つかまった球を打つためには、ドライバーの練習をする際にボールをスタンスの真ん中にセットしてボールを打ってみる方法もあります。

プロの中にはつかまるボールを打つ練習に、ドライバーで右足の前にあるボールを打つ人もいます。

ちなみに、フッカーの場合はボールを逆に左に少しずつずらしながら練習してみます。

最初はとても違和感があると思いますが、インサイドから振り抜く意識を持つには効果的です。

また、フェースをインパクト前後で反して行く練習にもなると思います。

インサイドから振り抜く練習として、ボールをスタンスの真ん中もしくは真ん中寄りにしてボールを打つというのがあります。

この場合、アウトサイドインに振ると左足方向にカットすることになりますから、自然にインサイド方向に引くのが理解できます。

最初はボールの位置をスタンスの真ん中寄りにすると、ひどいプッシュアウトかプッシュアウトスライスが出る事が多いと思います。

また、この練習で毎回フックボールが出たらボールがつかまり過ぎているという事になりますので、少しずつボールの位置を左へと移動して行きます。

インパクト後は左手をボールの飛行線上に向けたまま振り抜くイメージ。

プロのインパクトを見ると、左手の甲がインパクト後も飛行線方向に維持されており、クラブが折りたたまれるまで維持されています。

ドライバーでつかまる球を打つためには、クラブをインサイドから振っていく必要があります。

インサイドから振っていくためには色々な方法がありますが、もう一つのポイントがフェースを開かないようにバックスイングする事です。

ドライバーでスライスが出たり、フェースがインパクトで開いてしまってつかまったボールが打てないという時は、案外バックスイングの早い段階でフェースが開いている事が多いのです。

この一つの原因がグリップです。

ウイークグリップで握っている場合は、かなりの確率でテークバクをスタートして直ぐにフェースが開きます。

ただ、それに気づくことは殆ど無く、ダウンスイングで何とかフェースを閉じようとします。

本当はフェースを開かないようにしてバックスイングをすれば、ダウンスイングでフェースを閉じるための動作をする必要はありません。

また、その開いてしまったフェースをダウンスイングで閉じるための動作と言うのはヘッドスピードを思いの他奪っていくものです。

そのため、グリップを修正してスライスを直すと、飛距離だけでなくヘッドスピードも上がる場合があります。

フェースを開かないようにしてバックスイングするためには、グリップをフックグリップにする事と構え方も大事です。

グリップが左太ももを指すように構えます。

テークバック始動時にフェースを開かないようにします。

そのためには、テークバックがスタートして直ぐドライバーヘッドが右足の前に来るまで、フェースがボールの方向をずっと向き続けたままテークバックをするようにします。

この形だと、フェースが開いていないか、又は若干閉じながらテークバックしているような形になるからです。

最初からドライバーフェースを被せて構えている人が多いのですが、あくまで自然に構えて打つことが必要です。

最近は、フックフェースドライバーが多いですが、違和感があってもそのまま打つことがドライバーの設計にあった方法です。

カテゴリー
スライス 竹内雄一郎 遠心力

インパクトでボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす【講師 竹内雄一郎氏】

ボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さん、こんにちは。

本日は、ボールがインパクトの時にフェイスを滑って、右にスライスしてしまう方のための練習ドリルをご紹介させて頂きます。

まず、スライスが出る方と言うのは、インパクトゾーンでヘッドが戻らずに、手元が加速してヘッドが減速することでフェイスが開いてスライスする、またはフェイスが開いて滑ってしまいます。

このインパクトゾーンでは、手元の動きは減速して行きますが、減速して行く中でヘッドの動きが加速してスイングが作られます。

なので、バックスイングではヘッドが右サイドで上に行きますが、インパクトを越えたら左サイドでヘッドが上にいる形、これが正しい形になります。

しかし、どうしても手だけで振ってしまう人と言うのは、このように肘が曲がって詰まったスイングになってしまいます。

どれだけ速く振っても、この肘が詰まったスイングではボールを遠くへ飛ばすことはできません。

上手くヘッドを遠心力を使って振れていないので、強いボールを打つことができません。

今回やって頂くのは、インパクトゾーンで手元が減速する形を作って、その動きでヘッドが返って来る動きと言うのを体感して頂きます。

まず、右手一本でクラブを持って下さい。

この右手の横に、左手を手のひらを開いて当てがって下さい。

ここで、バックスイングをして行きますが、肩のラインまでで結構です。

その肩のラインからダウンスイングをして、インパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩いて行きます。
%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e6%bb%91%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%8f%b3%e3%81%b8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92

このようにする事で、ヘッドがフォロー側にグンと押される動きが体感できます。

実際にこの動きがスイング中にできれば、スライスと言うのは修正されます。

体の真正面で、手のひらを合わせる。

このように、ここで手の動きを止めている訳ですね、止めてヘッドを加速させているイメージです。

実際に今のイメージの素振りでボールを打ってみます。

構えて、左の手のひらをセットしたら、インパクトで叩きます。

このようにすると、ボールは極端に左に曲がって行きますが、この動きで結構です。

インパクトで手を止める、という動きで加速を作って行きます。

それでは、今のイメージを持ってスイングをして行きます。

インパクトで止めるイメージだけで結構です、手元を加速させないという事がここでのポイントになりますので、しっかりと練習をして手元が速く動かないように意識をしてスイングをして行きましょう。

以上で、本日のレッスンを終わります。

ボールが滑って右へスライスすることを修正するためのドリル

1) 右手一本でクラブを持つ
2) グリップした右手の横に、左手の手のひらを開いて当てがう
3) 肩のラインまでバックスイングをしたら、ダウンスイングをしてインパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩く

今回のポイント

・インパクトでは、手元を加速させない!

カテゴリー
インパクト スイング基礎 坂本龍楠

インパクトはヘッドを加速させない! 坂本龍楠 逆説のゴルフ【その9】

逆説のゴルフ【その9】インパクトはヘッドを加速させない。

ティーチングプロ坂本龍楠氏:インパクトについてです。

ダウンスイングでクラブが下りてきて、ボールに当たる瞬間がインパクトと言いますが、インパクトは体の正面で当たるという事が重要です。

しかし、当て方と言うよりはクラブの動きなのですが、グリップよりヘッドの運動量が大きいことを「ヘッドを走らせる」と言います。

ビュンと走らせたり、クラブをしならせるというようなクラブだけの動きを無くして、一定の運動量で打つという事をインパクトでは意識する!

だから、インパクトでグリップをヘッドが追い越したりするとか、矛盾しているのはハンドファーストしたいのにヘッドを走らせるというのは難しいのです。

難しいというのか、ほぼ不可能だと思うので!

ハンドファーストにしたいのにヘッドを走らせるというのは、結局は手の動きですので「ハンドファーストから走らせる」と言うのはたぶんできないと思います。

ヘッドはもう走らせない!

そして、クラブがしなったりせずに、棒状のままのクラブが先ほどのダウンスイングのイメージのままで、体だけ向きを変えてなるべくスイングできるように練習して下さい。

このように、ヘッドを走らせたり勢いをつけると必ず自分にエネルギーが跳ね返ってきて、手首とか肘あたりに振動が戻ってきます。

ですからそういう事をせずに、体を回しただけのタイミングでボールを打てるようにするという事が大切になります。

インパクトでは、手の操作を何もしないという事が大切になります。

操作をすると、やはり変な方向にボールが飛んでしまいますし、不用意な遠心力が掛かってしまいますので、方向性を出すのに凄く難しくなってしまいます。

ですからクラブはなるべく動かさずに、自分が回転して動いた分でスイングを簡潔させてあげるという事がインパクトで大事な事になりますので、念頭に入れながら練習をしてみて下さい。

カテゴリー
インパクト スイング基礎 山本誠二

山本誠二のゴルフスイングがわかる動画〜Vol.1〜【インパクト】

プロコーチ 山本誠二氏:ゴルフスイングにおいて、インパクトとというのはどんなレッスンでも行われていますけれども、私の考えるインパクトと言うのはちょっと違います。

ボールがちゃんと当たっているかどうか!という事を主体に見ていきたいと思います。

「え?ボールがちゃんと当たっているって、どういう事???」という事なのですけれども、よくインパクトの説明に、インパクトを迎える前後のクラブの動きを説明しています。

私の場合は違います。

インパクトと言うのは「点」です!

ですから、ボールが当たる前後にクラブが動いては嫌です!、気持ちが悪い!

特に、インパクトからヘッドが先行するというのは、大嫌いです!

もうね、ちゃんと当たっていないです。

そして、クラブがボールを打って先行すると、打球の感触が全然無いです。

これは、間違いです!

やはり、良いインパクトと言うのは、ボールが当たった瞬間の重さ・衝撃、これをしっかり受け止められると言うのが、良いインパクトだと思っていますので、その辺のところを注目して観て下さい。

では、どのようにインパクトするのが良いのか?良いインパクトでボールを打つための練習法はどのようにするのか?続きは本編動画をご覧下さい。

山本誠二のゴルフスイングがわかる動画〜Vol.1〜