カテゴリー
パッティング 竹内雄一郎

ゴルフスイング・パター基本レッスンSTEP5およびSTEP1~4のまとめ【講師 竹内雄一郎氏】

パター基本レッスン STEP5

パター基本レッスンSTEP1

STEP1のポイント

・アドレスは手の甲を合わせてみぞおちに当て、背中を丸め肩の力を抜きアゴを引く。
・ボールは左目の下に置く。
・ストロークは、グリップしたパターを胸の前で地面と水平に構えて、ヘッドがブレずにきちんと水平に振れるように練習する。

パター基本レッスンSTEP2

STEP2のポイント

・カップから30㎝・60㎝・1mのところにボールを置き、カップに近いところから順番に打ってカップインさせる!
・この練習を繰り返し30回程度をコース前などで練習する

パター基本レッスンSTEP3

STEP3のポイント

・正しくアドレスしたら左手を離し、右手一本でストローク!
・その後、右手一本で打っている感覚を崩さないように、右手のフェイス面の向きを変えないように打つ!
・これを繰り返し練習する!

パター基本レッスン STEP4

STEP4のポイント

・カップを見ながら往復で何度も素振りをしながら距離のイメージを作る!

・バックスイングからインパクト・フォローまでのリズムを一定に保ち、素振りのイメージのままスイングする!

カテゴリー
パッティング 竹内雄一郎

ゴルフスイング・パター基本レッスンSTEP4【講師 竹内雄一郎氏】

パター基本レッスン STEP4

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:パター基本レッスン・ステップ4に入ります。

ステップ4では、ロングパットについてレッスンをしていきます。

ロングパットの距離感が合わないと3パットになってしまます。

ロングパットで大事なのは、まずは素振りでしっかりとイメージを作るという事です。

あとは、振り幅をしっかりとイメージ通りに振るということが大事になります。

また、インパクトで「パチ~ン!」と打たないように、同じテンポの振子で振れるかどうかです。

これをしっかりと養う練習ドリルをご紹介していきます。

まずボールを打つ前に、距離感の感じをつかまなければなりませんから、素振りでカップを見ながらイメージを作ります。

「このぐらいの振り幅で、このくらいのスピードならあのカップまで届くな!」というイメージをしっかりと明確につけます。

このイメージができましたら、そのイメージのまま打ってみる。

カップを見ながら素振りをして、ボールを見て先ほどのイメージで打つ。

このようにカップを見ながら素振りをして、その振り幅の感覚・イメージをボールを見た時に忘れないようにして、しっかりと打つという事が大事です。

また続けてやって頂きたいのは、ストロークのスピードを一定に保つということです。

ここでのダメな打ち方は、バックスイングはゆっくり・インパクトで速くしてしまうと、距離感はバラバラになってしまいます。

インパクトでスピードを上げて打つのではなくて、バックスイングと同じスピードでストロークをするという事です。

これをしっかりとできるように練習をしていきます。

ルックアップをしながら、ストロークのスピードもしっかりと一定になっているかを確認します。

このようにすることで、スピードと距離のイメージが湧いてきますので、そのままスピードを上げずに打っていきます。

このように実際にコースに出た時に、打つ前にカップを見ながら何度も素振りを繰り返して下さい。

また、そのルックアップの素振りをしている間に、ストロークでインパクトを強く打たないことを意識して素振りを繰り返す。

インパクトで速くなって、パンチが入らないようにイメージをしながら素振りをするという事も、一つ頭に置いて行うようにして下さい。

実際のコースでやる流れを見て行きます。

まず方向を決めます・素振りはカップを見ながら何度も往復で行います・この時にストロークのスピードを変えないように、右手でボールを転がすような感覚を作ります。

これができたら、そのイメージのまま打って行きます。

このように、実際のコースでも皆さん一度やってみて下さい。

ステップ4で学んでいただきたいのは、しっかりとロングパットのイメージを作ってから打つという事。

また、ストロークのリズムを一定に保つという事。

この2点をしっかりと重点に置いて練習をするようにして下さい。

以上で終わります。

今回のポイント

・カップを見ながら往復で何度も素振りをしながら距離のイメージを作る!

・バックスイングからインパクト・フォローまでのリズムを一定に保ち、素振りのイメージのままスイングする!

カテゴリー
パッティング 竹内雄一郎

ゴルフスイング・パター基本レッスンSTEP3【講師 竹内雄一郎氏】

パター基本レッスンSTEP3

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:パター基本レッスン・ステップ3に入ります。

ステップ3では、フェイス面の向きをストローク中にスクエアを感じる練習です。

これは、右手1本で練習していきます。

また、先ほどと同じ1mで練習をしていきます。

右手の手のひらでフェイス面を感じ、フェイスの向きを変えないようにストロークをして行きます。

それでは、打ってみます。

アドレスしたフェイス面をしっかりとカップに合わせたら、左手を離します。

そのままストローク・・・!
%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3step3

フェイス面を変えない意識でストローク。

このようにすることで、両手で打つよりも右手一本で打った方がフェイス面の感覚というのを養う事ができます。

実際に片手で打つ練習ができたら両手で持って、先ほどの右手の手のひらの感覚を大事にしてストロークを作ります。

この繰り返しで打つようにして下さい。

まずは右手一本で、フェイス面の向きを変えないように打って行きます。

このようにしたら、両手で先ほどの片手で打っている感覚を崩さないように、右手のフェイス面の向きを変えないように打って行きます。

これを繰り返し行う事で、フェイス面の正しい動きが養えます。

この練習をしっかりと繰り返し行うようにして下さい。

以上で終わります。

今回のポイント

・正しくアドレスしたら左手を離し、右手一本でストローク!
・その後、右手一本で打っている感覚を崩さないように、右手のフェイス面の向きを変えないように打つ!
・これを繰り返し練習する!

カテゴリー
パッティング 竹内雄一郎

ゴルフスイング・パター基本レッスンSTEP2【講師 竹内雄一郎氏】

パター基本レッスンSTEP2

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:パター基本レッスン・ステップ2では、実際にボールを打って行きます。

実際にボールを打ってカップインしていくのですけれども、今回やって頂く距離は、1mです。

1mの長さを確実に入れるための練習です。

1mを入れるとなると、本番で意外に外している人が多いので、ここの練習をしっかりとするようにして下さい。

この1mを3分割して練習していきます。

と言いますのも、短いところから順番に30㎝・30㎝・30㎝と並べて頂き、手前のボールから順番にカップインしていきます。

手前から入れていく事で、カップに入るイメージが非常に作りやすいです。

なので、順番にこのラインに乗せてカップから30㎝のボール・60㎝のボール・1mのボールという形でカップに近いところからカップインしていきます。

それでは一度打ってみます。

しっかりと、カップの土手に当てるような意識で打って行きます。

このように順番に打っていくと、1mは全然怖くありません。

入るイメージが湧いてきますので、この練習を繰り返し30回程度をコース前などで練習するようにしてみて下さい。

ショートパットが得意になってきます。

以上でステップ2を終わります。

今回のポイント

・カップから30㎝・60㎝・1mのところにボールを置き、カップに近いところから順番に打ってカップインさせる!
・この練習を繰り返し30回程度をコース前などで練習する

カテゴリー
パッティング 竹内雄一郎

ゴルフスイング・パター基本レッスンSTEP1【講師 竹内雄一郎氏】

パター基本レッスンSTEP1

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:パター基本レッスン1。

ステップ1では、まず正しいアドレスと正しいストロークを皆さんに覚えて頂きます。

正しいアドレスは、アイアンと違って上体をリラックスしている状態で構えます。

なので、このように背筋を伸ばそうと思わなくても大丈夫です。

若干猫背にする形を作ってアドレスを作っていきますが、その時にアゴを上げないように気を付けて下さい。

少しアゴを下げるような形で、お腹を丸めるような形を作ってアドレスを取って下さい。

一度、このように手の甲を合わせて下さい。

そして、指先をみぞおちに当てます。

そこから、ぐ~っとみぞおちを押し込むようにして背中を丸く作っていきます。

肩のラインも丸く作っていきます、決して肩を張らないように気をつけて下さい。

このように作ったらアドレスはOKですから、ここでグリップを握ります。

で、ボールのポジションをチェックしなくてはいけないのですが、ボールのポジションは左目の下に置くようにして下さい。

ボールを目の下から落として落下地点に置いても大丈夫ですし、パターを左目の下にぶら下げて地面に着けたポジションにボールを置くという形でも大丈夫です。

アドレスを作った時点で、左目の下にボールを置く。

このような形でアドレスを作って下さい。

グリップの持ち方ですがあまり定型は無いので、真っ直ぐにストロークできそうなグリップを作ってみて下さい。

それでは、別アングルで見て行きます。

手の甲を合わせてみぞおちに当て背中を丸めます、肩の力を抜きアゴを引きます。
%e3%83%91%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3step1

左目の下にボールを置いたら、このように構えます。

足の幅は、肩幅程度に開いて下さい。

以上でアドレスを終わります。

続いてパターのストロークを見て行きます。

まず、グリップを作って頂いたら、自分の胸の前でパターが地面と水平になるように構えて下さい。

このように構えたら、フェイス面がジグザグしないように、またフェイス面が開いたり閉じたりしないように、一定のストロークを作るようにして下さい。

フェイス面とヘッドの向きが変わらないように動かします。

この時に気を付けて頂きたいのは、下半身を動かさないという事です。

下半身がこのように回ってしまうと、ストロークが安定しません。

下半身でどっしりとした構えを作り、上半身だけで動かして行きます。

このようにすることで、振子運動の支点ができます。

この支点は首の裏あたりになりますから、首の裏を意識して動かさないようにして、ストロークを鏡の前などでしばらく振ってみて下さい。

その時に、クラブが斜めに動いていたりとかすると、アウトサイドイン・インサイドアウトの軌道になったり、フェイスが開いて閉じるような動きになったりというのが自分で気が付くことができます。

ここで、クラブを水平に動かせるかどうかがポイントになってきます。

このアドレスとストロークができるようになれば、ショートパットは簡単に入れることができるようになります。

先ほどのストロークの動きを、しっかりとできるようにして下さい。

このようにアドレスを取って、左目の下にボールを置いて、胸の前で水平に動かしていたパターを地面に持って行き、同じようにストロークする。

このようにすることで、真っ直ぐにボールは転がっていきます。

以上でステップ1のレッスンを終わります。

アドレスとストロークをしっかりとできるように練習をして下さい。

以上で終わります。

今回のポイント

・アドレスは手の甲を合わせてみぞおちに当て、背中を丸め肩の力を抜きアゴを引く。
・ボールは左目の下に置く。
・ストロークは、グリップしたパターを胸の前で地面と水平に構えて、ヘッドがブレずにきちんと水平に振れるように練習する。

カテゴリー
ドライバー 竹内雄一郎

ゴルフスイングのドライバーショットを芯で捉える練習法【講師 竹内雄一郎氏】

ドライバーショットを芯で捉える練習法

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さんこんにちは。

本日は、ドライバーの芯で打つための練習ドリルをご紹介させて頂きます。

ドライバーのスイングはどうしても手元が浮きやすく、ヒール側でインパクトをしてしまう方が多いです。

このトップの位置からのダウンスイングで、体の捻転と共にクラブが下りてくればしっかりと芯で打てるのですけれども、バックスイング・トップから手元に少し力が入って浮いてしまうと、正しいポジションよりも前に来てしまうために、アドレスよりも手が前に浮いてヒールに当たってしまいます。

このヒール打点になってしまうと、もちろん飛距離ロスになってしまったり、鋭角にクラブが入ってきた時にテンプラになってしまうミスショットになってしまいます。

なので、今回のドリルは敢えてヒールでセットします。

敢えてヒールに構えて、バックスイングから手元を近づけて来る・体に絞り込んでくるイメージでインパクトを作れるように意識をしてダウンスイングを作っていきます。

このヒールで構えている状態で手元が前に出てしまうと、ボールに触らずに空振りという形になってしまいますので、無意識のうちにインサイドから振り下ろすスイングが身に付きます。

それでは一度ヒールに構えて打ってみたいと思います。

ヒールに構えて、インサイドから振り下ろして芯に当てる。

この練習をすることで、手元が浮いてくるスイングが無くなります。

一度ぜひ皆さん試してみて下さい。

今回のドリルのポイント

・アドレスは敢えてヒールに構える!
・トップから体を絞り込むように、インサイドから振り下ろす!

カテゴリー
アイアンショット スイング基礎 竹内雄一郎

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏によるアイアン基本レッスンまとめ

アイアン 基本レッスン STEP1

アイアン基本レッスン STEP2

アイアン基本レッスン STEP3

アイアン基本レッスン STEP4

アイアン基本レッスン STEP5

アイアンの飛距離が出ない原因と 解決ドリル

アイアンショットですくい打ちは致命的

アイアンの番手通りの距離を出す練習法

アイアンの基本練習で使用するクラブは、数あるクラブの中でも中間の長さの7番か8番がおすすめです。

まずは基本レッスン1~4までをしっかりとマスターして、スコアアップにつなげましょう。

すでにスイングに癖がついてしまっている方や、スライス・飛距離に悩んでいる方は矯正法の動画も一緒にご覧頂き、何度も練習して欠点を克服しましょう。

まず練習のポイントとしては、あれこれ色々なことを考えるのではなく、テーマを一つに絞って集中して練習する事です。

あれこれと考えながら練習しても全てが中途半端になってしまい、結局何一つ身に付かないと言った結果になってしまいますので、練習する時にはテーマを一つに絞って行うように心がけましょう。

カテゴリー
アイアンショット スイング基礎 竹内雄一郎

ゴルフスイング アイアン 基本レッスン STEP5【講師 竹内雄一郎氏】

アイアン基本レッスン STEP5

アイアン基本レッスン STEP1のポイント

・ボールを挟んで、それぞれ40㎝程度の間隔を空けて飛球線方向に2本のクラブを置く
・ひざより少し高い位置までのスイングで、バックスイングがボールの後ろに置いたクラブの上を通るようにスイングする
・打ち出し方向が真っ直ぐに安定して打てるまで50球以上練習する

アイアン基本レッスン STEP2のポイント

・正しいハーフウェイバックのポジションは、左手のグリップが中指と親指の付け根の2点で支える事ができるかどうかでチェックする

アイアン基本レッスン STEP3のポイント

・正しいシャフトラインをチェックする方法
1)クラブシャフトの真ん中でグリップ
2)肩の位置までバックスイング
3)グリップエンドの方向がボールの後方を指すようにする

アイアン基本レッスン STEP4のポイント

・トップを作る時
1) 肩までのラインから、さらに少しバックスイングするイメージ
2) 左腕は伸ばしたままでトップを作り、スイングする

・フィニッシュ
1) クラブヘッドに引っ張られて右肩が回るイメージを持つ
2) 両足は離れずにくっついたままフィニッシュする

カテゴリー
アイアンショット トップ フィニッシュ 竹内雄一郎

ゴルフスイング アイアン 基本レッスン STEP4【講師 竹内雄一郎氏】

アイアン基本レッスン STEP4

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:アイアン基本レッスン ステップ4に入ります。

ここでは、トップとフィニッシュの正しい形を覚えていきましょう。

アイアンは方向性を重視するクラブですから、トップはあまり大きくオーバースイングに入る必要はありませんので、これを大前提に置いて練習をしていきます。

なので、肩まで作ったこのラインから少しだけバックスイングを取る形で大丈夫です。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step4%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e4%bd%8d%e7%bd%ae

慣れてきたら少し大きくする形でも大丈夫ですが、基本的にコースで方向性が出るポジションと言うのは、このあたりになります。

なので、このあたりでしっかりとトップを作るように心がけましょう。
トップのポジションで気を付けなければいけないのは、「左肘をしっかりと伸ばす」という事を意識して下さい。

左肘をバックスイングのトップで伸ばしておくと、ダウンスイングで手打ちになりにくくなります。

左肘が曲がっていると、このように手で打ってしまったり、左肘を伸ばした時にキャスティングでヘッドが落ちてダフりになってしまったりしてしまいます。

アイアンのトップでは、左腕をしっかりと伸ばすという事を意識して下さい。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step4%e5%b7%a6%e8%85%95

このように左腕を伸ばすことと、下半身を回すことで左脇が軽く締まったダウンスイングが作れます。

このようにすることで、体の連動でスイングを作ることができますので、左腕を伸ばすという事を忘れないようにして下さい。

また、アイアンのスイングは長いクラブと比べて、少しアップライトなイメージになってきますので、トップで背中側にシャフトが垂れないように気をつけて下さい。

また、逆にシャフトクロスしないように、ステップ3で作った肩の位置でのシャフトラインのまま、背中を目標方向に向けるイメージだけで大丈夫です。

肩のラインから少し回す、それだけで大丈夫ですのでこのトップをしっかりと覚えて下さい。

続いてはフィニッシュの形を見ていきます。

フィニッシュの形は、しっかりと振り切ってここまで来る。

このフィニッシュで大切なのは、クラブヘッドの重さを感じながらクラブヘッドが体を回してくれるという意識を作って下さい。

自分の体が先行してこのように回るのではなくて、クラブヘッドに引っ張られて右肩が回って行くという意識を持って、フィニッシュまで振り切っていきます。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step4%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

このポジションでは、シャフトラインまた右足・左足が離れていないかをチェックして下さい。

フィニッシュでこのように足が離れてしまうと、体重が右に残ってしまったり、下から上にすくい打つようなスイングになってしまいます。

足のラインをくっつけるという意識を持って、バランスの良いフィニッシュを作るようにして下さい。

それでは一度打ってみます。

このように、トップからフィニッシュへしっかりと安定したスイングで、毎回同じスイングができるように何度も繰り返し練習をするようにして下さい。

以上で終わります。

今回のポイント

・トップを作る時
1) 肩までのラインから、さらに少しバックスイングするイメージ
2) 左腕は伸ばしたままでトップを作り、スイングする

・フィニッシュ
1) クラブヘッドに引っ張られて右肩が回るイメージを持つ
2) 両足は離れずにくっついたままフィニッシュする

カテゴリー
アイアンショット バックスイング 竹内雄一郎

ゴルフスイング アイアン 基本レッスン STEP3【講師 竹内雄一郎氏】

アイアン基本レッスン STEP3

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:アイアン基本レッスン ステップ3に入ります。

ステップ3ではハーフウェイバックから肩のラインの動きを見て行きます。

このハーフウェイバックから肩の動きも、正しい動きで動かす必要があります。

それではまず、ステップ3では肩のラインでシャフトラインをしっかりとチェックする方法を皆様にお伝えします。

このように、クラブのシャフトを真ん中で持って下さい。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step3

このように持ったら、クラブのグリップを体の左側に出してください。

ステップ2でのハーフウェイバック、右肩の真下とクラブが平行になるラインですね、ここからバックスイングを作って行きます。

この位置で、シャフトライン(グリップの延長線)がボールの後方を指すようにしっかりと意識をして下さい。

また、体の中心に手があることをチェックして、バックスイングを作るようにします。

こういう形です。

この時に、体の中心から手が外れてしまうと、このシャフトラインは立ってきます。

体よりも、背中側にシャフトラインが向いてきます。

また、体が起きてしまうと、このようにクラブが寝てしまってシャフトラインがズレてきます。

上半身の前傾角をキープしたまま、シャフトラインをしっかりと正しい位置に持って行く・・・。

このクラブの真ん中を持つことで、シャフトラインのイメージが非常に分かりやすいです。

これでも分かりにくい方は、極端にヘッドの真下あたりを持って、クラブを持ってみて下さい。

このようにすることで、グリップを握った時に正しいスイングプレーンになっています。

もう一度行きます。

体の正面に手がある、シャフトラインがボールの後方を指すという、このポジションをしっかりと意識して練習をするようにして下さい。

そこを意識して、打って行きます。

フォローでは、球筋はもちろん打ち出し方向のシャフトラインを乗って行くように意識をしていきます。

体の中心に手があるように、左腕はずうっと伸ばしている意識で大丈夫です。

このように、しっかりとシャフトラインをチェックしながら練習して下さい。

このように短く持って構えたら、徐々に徐々にグリップ側に長く持つようにしてスイングをチェックするようにして、最終的にはグリップを持った時にきれいにバックスイングを作れるように、練習を繰り返し行うようにして下さい。

ここでの練習は非常に重要になりますので、100球程度ボールを打って正しいポジションを覚えるようにして下さい。

以上で終わります。

今回のポイント

・正しいシャフトラインをチェックする方法
1)クラブシャフトの真ん中でグリップ
2)肩の位置までバックスイング
3)グリップエンドの方向がボールの後方を指すようにする