カテゴリー
スライス ドライバー

ドライバーの飛距離を確実にもっと伸ばすには 両腕の使い方を切り替える!

【ゴルフの裏技】ドライバーの飛距離を確実にもっと伸ばす 両腕のエンジンを切り替える

左手はハンドル、右手はアクセルとよく言われますが、小柄な人がドライバーを飛ばすのは腕のエンジン切り替えがうまい事にもあります。

左手のリードが大事だと言っても、右手は使ってはいけないという意味ではありません。

ボールを遠くへ飛ばすには右手を活かすことが不可欠なので、大事なのは両腕の使い分けです。

両腕をプラスとマイナスに分けて考えると、ヘッドスピードを出す必要のないパッティングとアプローチでは両腕をプラスとプラスにして使っても良いのですが、フルスイングをする時に両腕をプラスとプラスにして使うとケンカしあうのでヘッドをスムーズに振れません。

フルスイングする時は両腕をプラスとマイナスに分けて使わないと、右手を活かすことはできないのです。

バックスイングでは左手はプラス、右手はマイナスになります。

ダウンスイングでもまだ左手がプラス、右手はマイナスです。

そうしてインパクトに近づいて、手首のアンコックが始まるあたりから右手がプラスに替わり左手がマイナスになる事が大事です。

左手と右手が上手く入れ替わればヘッドが良く振れるので遠くへ飛ばすことができます。

プラスとマイナスの切り替えが上手くできる人は、体が小さくても力が無くてもゴルフは飛ばし屋になれるのです。

一般にバックスイングとダウンスイングで、右手がプラスになる人が多いからボールはあまり飛ばない訳です。

バックスイングとダウンスイングで、右手に力を入れずに左手に主導権を持たせ、インパクト直前からフォロースルーでは左手に力を入れずに右手で振り抜いて行けば最も強く叩けることになります。

スライスの原因

スライスや振り遅れは右手の使い過ぎもあります。

クラブが外から来るのはダウンスイングを左サイドでリードしないで、トップから右手を使おうとしているためです。

スライスする人はクラブが振り遅れないようにしようと思って、右手でヘッドを早く戻そうとしている筈です。

しかし、ダウンスイングで右手を使うと右手首が早く伸びて右肘も体から離れるので、クラブは外からボールに向かいます。

そのためにドライバーはカットして良くスライスし、ロフトの大きいクラブは外からヘッドが被って当たるので左に引っ掛かるミスも出るのです。

引っ掛け、チーピンの原因

例えば、狭いホールやドライバーをコントロールしようとする場合、たいがい右手が主役になっています。

それは、右利きは右手が普段主役だからです。

その結果、突然左への引っ掛けやチーピンが出てしまいます。

ダウンスイングは下半身から始動し左サイドでリードし、右手を使うのはインパクトエリアからクラブをリリースする時です。

左手でリードし、右手はクラブを振り抜くときに使います。

そうすれば右手首は伸びずに右肘も体から離れないので、クラブはインサイドから下りてきます。

ダウンスイングで右手を使わずに左サイドでリードすると、ヘッドは振り遅れてボールは右へでていくような気がすると思います。

しかし、スライスさせまいとしてトップから右手を使うと、体重が右足に残り左肘も引けるので、却ってクラブは外から来ます。

まとめ

素振りをした時にトップから右手を使うと、シャフトで風を切る音が右側インパクトの前で聞こえます。

ところが、左手でリードするとフォロースルーで聞こえます。

右手をできるだけ静かにしておいて、左手でリードした方が左側で「ビュッ」と大きな音が出ます。

ダウンスイングで力を入れずに、フォロースルーでヘッドスピードを出すような感覚です。

そうすれば、下半身の動きも良くなるので意識しなくても自然にクラブはインサイドから下りてきて、飛距離も今よりも飛ぶようになります。

カテゴリー
スライス 竹内雄一郎 遠心力

インパクトでボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす【講師 竹内雄一郎氏】

ボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さん、こんにちは。

本日は、ボールがインパクトの時にフェイスを滑って、右にスライスしてしまう方のための練習ドリルをご紹介させて頂きます。

まず、スライスが出る方と言うのは、インパクトゾーンでヘッドが戻らずに、手元が加速してヘッドが減速することでフェイスが開いてスライスする、またはフェイスが開いて滑ってしまいます。

このインパクトゾーンでは、手元の動きは減速して行きますが、減速して行く中でヘッドの動きが加速してスイングが作られます。

なので、バックスイングではヘッドが右サイドで上に行きますが、インパクトを越えたら左サイドでヘッドが上にいる形、これが正しい形になります。

しかし、どうしても手だけで振ってしまう人と言うのは、このように肘が曲がって詰まったスイングになってしまいます。

どれだけ速く振っても、この肘が詰まったスイングではボールを遠くへ飛ばすことはできません。

上手くヘッドを遠心力を使って振れていないので、強いボールを打つことができません。

今回やって頂くのは、インパクトゾーンで手元が減速する形を作って、その動きでヘッドが返って来る動きと言うのを体感して頂きます。

まず、右手一本でクラブを持って下さい。

この右手の横に、左手を手のひらを開いて当てがって下さい。

ここで、バックスイングをして行きますが、肩のラインまでで結構です。

その肩のラインからダウンスイングをして、インパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩いて行きます。
%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e6%bb%91%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%8f%b3%e3%81%b8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92

このようにする事で、ヘッドがフォロー側にグンと押される動きが体感できます。

実際にこの動きがスイング中にできれば、スライスと言うのは修正されます。

体の真正面で、手のひらを合わせる。

このように、ここで手の動きを止めている訳ですね、止めてヘッドを加速させているイメージです。

実際に今のイメージの素振りでボールを打ってみます。

構えて、左の手のひらをセットしたら、インパクトで叩きます。

このようにすると、ボールは極端に左に曲がって行きますが、この動きで結構です。

インパクトで手を止める、という動きで加速を作って行きます。

それでは、今のイメージを持ってスイングをして行きます。

インパクトで止めるイメージだけで結構です、手元を加速させないという事がここでのポイントになりますので、しっかりと練習をして手元が速く動かないように意識をしてスイングをして行きましょう。

以上で、本日のレッスンを終わります。

ボールが滑って右へスライスすることを修正するためのドリル

1) 右手一本でクラブを持つ
2) グリップした右手の横に、左手の手のひらを開いて当てがう
3) 肩のラインまでバックスイングをしたら、ダウンスイングをしてインパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩く

今回のポイント

・インパクトでは、手元を加速させない!

カテゴリー
アイアンショット スライス ドライバー 竹内雄一郎

ゴルフスイングでスライスを防止するにはテークバックの右ひじがカギ!【講師 竹内雄一郎氏】

スライス防止 テークバックの右ひじがカギ

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さん、こんにちは。

本日はスライスが出てしまう方、これは全てのクラブに言える事です。

ドライバーもアイアンもスライスが出てしまう方は、このポジションをチェックして下さい。

今回チェックして頂きたいのは、右ひじのポジションです。

右ひじの動きがどのようになっているかと言うのを、チェックして行きます。

まず大事なのは、テークバックでの右ひじです。

この右ひじの角度が、早い段階で必要以上に曲がってしまう方はスライスしやすいです。

と言うのも、肩のラインが捻転することができなくて、手でバックスイングを上げてしまうために、ダウンスイングで肩が開きやすくなってしまいます。

右ひじの角度を腰までは殆ど変えないように、バックスイングを作って行きます。

この段階で右ひじを曲げてしまうと、肩は捻転して行きません。

右ひじを伸ばしたまま上体で回して行くと、肩はグリップが腰のラインでほぼ90度近く回って来ますので、ここまで来れば、あとはもう大丈夫です。

右ひじの腰までの角度だけ気を付けてバックスイングをして、大きな捻転を作って行きます。

あとは腰を回してダウンスイングをして行けば、スライスは少なくなってきます。

この右ひじのポジションと言うのは、最初は曲げているつもりはないのですが実際は曲がっている事が多いので、右ひじを左手で持ってバックスイングをこのように上げてみて下さい。

スイングの中心軸を動かさないように、右ひじを左手で持って上体を捻転させてバックスイングしてみて下さい。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e9%98%b2%e6%ad%a2-%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%ae%e5%8f%b3%e3%81%b2%e3%81%98%e3%81%8c%e3%82%ab%e3%82%ae

このようにすると、自分がどれくらい動いているのかな?結構動いているな!という事に気が付くことができます。

この右ひじを曲げなければ、ダウンスイングでの肩の開きが無くなり、スライスが防止されます。

それでは、このポジションを意識して一度打ってみたいと思いますのでご覧下さい。

一度、テークバックでの腰までの動き、右ひじの動きをチェックしてテークバックの動きを練習して下さい。

以上で終わります。

スライスを防止するためのポイント

・右ひじの角度が、早い段階で必要以上に曲がってしまう人はスライスしやすいので、右ひじの角度を腰までは殆ど変えないように、バックスイングを作る

・右ひじの動きをチェックするには、右ひじを左手で持って上体を捻転させてバックスイングしてみる

カテゴリー
スライス ドライバー 小原大二郎

ドライバーでのスライスの直し方【講師 プロコーチ・小原大二郎氏】

プロコーチ・小原大二郎氏:こんにちは、小原です。

スライスをしてしまうという点を深く考えていくと、どういう現象がおきているのか?と言うと、単純ですがボールが右に曲がっている訳ですね!

そして、このボールが右に曲がるという事は、インパクトの瞬間にクラブフェイスがターゲットよりも右に向いて当たっているから右に曲がってしまう訳なのですが。

その原因を作っている一番大きな要素。
それは、実はグリップの握り方にある方と言うのが、とても多いです。

レッスンをする中でも、難しいスイング中の動作を直すというよりは、グリップ自体がとても右に曲がりやすいグリップになってしまっている方がとても多いです。

そして、自分にとって正しいグリップと言うのは、実はその方その方によって微妙な変化があるものです。

一概にこの形という形ではなく、人それぞれ違うという事なのですね。

まず、実際に今からやりながら説明していこうと思うのですが、一番大事なのは左手の持ち方です。

このように構えた時に、左手のグリップを握る訳なのですが、この時に大事なのが左手の向きです。

向きと言うのは、こういう風に色々に変化させることができるのですが、スライスしやすい方と言うのは殆どの方がこのように左手の親指の位置が反時計回りに回ってしまっている、いわゆるウイークグリップという形になっている方がとても多いです。

このようになってしまいますと、スイング中にどうしてもフェイスが手の甲側に捻られて右に向いてしまいやすいのですが、何故かというと人間の骨格と言うのはそもそも力を抜いた時に、手は少し斜めになっている訳なのです。

ですから、このようなウイークグリップにすると、遠心力が加わった時に手がこのように骨格通りに引っ張られて右に向きやすくなっています。

という事は、骨格通りにクラブを握るように注意すれば、インパクトでフェイスがスクエアに戻りやすくなるという事に気が付いたと思います。

ぜひ、スライスされる方は一度ダラ~ンと腕の力を抜いて、自分の手が斜めになった角度をそのまま受け入れて、グリップを握るようにしてみて下さい。

そうすると殆どの方が、グリップの真ん中に記してあるロゴマークの若干右側に親指が来るようになる筈です。

これを、ややストロンググリップと言うふうに表現したりするのですが、若干ストロンググリップに握ることがボールを大きく曲げないためにはとても大事なグリップの形となる訳です。

スライスする原因と言うのは、人それぞれたくさんの原因がある訳なのですが、ボールが右に曲がる原因を作っている要素として、グリップが間違っている方がとても多いです。

もし、あなたが今スライスに悩んでいるのでしたら、まず最初にこのグリップの握り方がウイークグリップになりすぎていないか?という事をチェックして下さい。

自分の手の骨格通りのグリップの形が作れているのか?

もし、骨格通りに握ってもスライスするようでしたら、それよりもほんの少しでしたら右にズラして握ってみても良いのかなと思います。

そうすることで、ボールの飛び方を観察してみて下さい。

その時に、スライスの度合いが小さくなるようであれば、その握り方が自分には合っているという事です。

注意点としては、「やりやすいか」「やりにくいか」で判断しないことです。

必ず正しい方法でも、いつもと違ったやり方をすれば「やりにくく」感じる筈ですが、打ったボールを見て判断するという事が大事です。

ぜひ、自分に合った形を見つけて頂きたいと思います。

ドライバー スライス 直し方