カテゴリー
スライス 竹内雄一郎 遠心力

インパクトでボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす【講師 竹内雄一郎氏】

ボールが滑って右へスライスするミスショットをなくす

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さん、こんにちは。

本日は、ボールがインパクトの時にフェイスを滑って、右にスライスしてしまう方のための練習ドリルをご紹介させて頂きます。

まず、スライスが出る方と言うのは、インパクトゾーンでヘッドが戻らずに、手元が加速してヘッドが減速することでフェイスが開いてスライスする、またはフェイスが開いて滑ってしまいます。

このインパクトゾーンでは、手元の動きは減速して行きますが、減速して行く中でヘッドの動きが加速してスイングが作られます。

なので、バックスイングではヘッドが右サイドで上に行きますが、インパクトを越えたら左サイドでヘッドが上にいる形、これが正しい形になります。

しかし、どうしても手だけで振ってしまう人と言うのは、このように肘が曲がって詰まったスイングになってしまいます。

どれだけ速く振っても、この肘が詰まったスイングではボールを遠くへ飛ばすことはできません。

上手くヘッドを遠心力を使って振れていないので、強いボールを打つことができません。

今回やって頂くのは、インパクトゾーンで手元が減速する形を作って、その動きでヘッドが返って来る動きと言うのを体感して頂きます。

まず、右手一本でクラブを持って下さい。

この右手の横に、左手を手のひらを開いて当てがって下さい。

ここで、バックスイングをして行きますが、肩のラインまでで結構です。

その肩のラインからダウンスイングをして、インパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩いて行きます。
%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e6%bb%91%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%8f%b3%e3%81%b8%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92

このようにする事で、ヘッドがフォロー側にグンと押される動きが体感できます。

実際にこの動きがスイング中にできれば、スライスと言うのは修正されます。

体の真正面で、手のひらを合わせる。

このように、ここで手の動きを止めている訳ですね、止めてヘッドを加速させているイメージです。

実際に今のイメージの素振りでボールを打ってみます。

構えて、左の手のひらをセットしたら、インパクトで叩きます。

このようにすると、ボールは極端に左に曲がって行きますが、この動きで結構です。

インパクトで手を止める、という動きで加速を作って行きます。

それでは、今のイメージを持ってスイングをして行きます。

インパクトで止めるイメージだけで結構です、手元を加速させないという事がここでのポイントになりますので、しっかりと練習をして手元が速く動かないように意識をしてスイングをして行きましょう。

以上で、本日のレッスンを終わります。

ボールが滑って右へスライスすることを修正するためのドリル

1) 右手一本でクラブを持つ
2) グリップした右手の横に、左手の手のひらを開いて当てがう
3) 肩のラインまでバックスイングをしたら、ダウンスイングをしてインパクトで右手のグリップと左手の手のひらを合わせるように叩く

今回のポイント

・インパクトでは、手元を加速させない!

カテゴリー
坂本龍楠 遠心力

遠心力を封印してスイング! 坂本龍楠 逆説のゴルフ【その12】

逆説のゴルフ【その12】遠心力を封印してスイング

ティーチングプロ坂本龍楠氏:遠心力についてです。

遠心力のイメージを使って上手く行っている人は問題ないのですが、遠心力のイメージを持っていて上手く行っていない人は、ある意味転換が必要かもしれません。

で、遠心力のイメージと言うのは、クラブがグーッと遠心力が
掛かって、それに自分が拮抗する力で引っ張り合っている力をイメージするのですが、それをやり過ぎてしまってダメな可能性もありますので、そこは修正してみて下さい。

クラブを投げて頂ければ分かるのですが、投げる時に必ず体が右足の方に体重が残って、頭が絶対に右に倒れます。

ですから、ゴルフで遠心力を掛け過ぎると軸が倒れてクラブが寝るので、アイアンならダフる・ドライバーならプッシュアウトのような形になってしまいます。

ですから飛ばそうと思うあまり遠心力を掛け過ぎると、上体は起きて右に傾いてというミスの原因となる大きな軸の傾きにつながってしまいますので、なるべく遠心力は掛けずに打つようにするのが良いと思います。

インパクトのところでもお話したように、ヘッドを走らせたりしなければ遠心力は掛かりませんので、自分の体だけきれいにクラブと一緒に動いてあげるというようなイメージを持って打って頂くと軸の倒れも起きずに上手くボールが打てます。

遠心力を使おうとすると、実際は飛んでそうですけど当たりにロスがかなり出てしまいますので、意外と距離も出ないというような形になってしまうと思いますので、ぜひその辺を注意して考えながら球を打ってみて下さい。