テークバックは三角形を維持しない! 坂本龍楠 逆説のゴルフ【その4】 

   

スポンサードリンク

逆説のゴルフ【その4】テークバックは三角形を維持しない



ティーチングプロ坂本龍楠氏:
テークバックについてです。

テークバックは腕の三角形を維持して、このように体で上げるというような事があります。

三角形を意識しても構わないのですが、三角形を意識して上手く行かない人はあまり三角形を意識せず、腕はアドレスで軽くたわませて、その状態を保ったまま体の向きでバックスイングを上げて行くと・・・。

で、その時にクラブフェイスが開く方向に回らないように気をつけます。

殆どの人は、気をつけていても回っている人が多いので、腰ぐらいの高さでフェイスが前傾と同じぐらいの角度が良いのですが、もっと下を向いている感覚で上げても大丈夫だと思います。

殆どの人がクラブフェイスを倒しながらバックスイングを行っている人が、結構多いですので。

スポンサードリンク

特に腕をピンと伸ばしている人と言うのは、三角形を気を付けようとする意識が強すぎて腕が伸びすぎてしまって、腕が伸びているために手首とか肘が重力で苦しくなってしまいますので、そのまま力が抜けてフェイスを開く方向にクラブが回ってしまいます。

ですから、比較的たわんでいるような柔らかい状態から体の中心の力でなるべく回してあげて、テークバックを始めてあげることが大切です。

で、その時にクラブが自分のイメージよりもクラブが回ってしまいますので、回さないでクラブを動かしてあげるという事が大切になります。

とにかくまず、フェイスが回ることを防止して、なるべく下半身で上手く上体を動かしてあげて、テークバックを上げられるようになると簡単にボールがつかまるような準備ができますので、

まずはとにかく、腕をピーンと張ってクラブを回して上げないように気をつけるというのが大切ですね。

腕を楽にして、このようにフェイスが下を向いているぐらいの気持ちでテークバックを上げていくと・・・。

あとは体を回して行けば、自然綺麗にボールが当たりますので。

ちょっと違和感があるとは思うのですけれども、チャレンジしてみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - スイング基礎, テイクバック, 坂本龍楠 , ,