ゴルフ初心者へ〜スイングの基礎を習得するためのポイント【ゴルファボ】【青山加織】

スポンサードリンク

ゴルフ初心者へ〜スイングの基礎を習得するためのポイント【ゴルファボ】【青山加織】

皆さんこんにちは。

プロゴルファーの青山加織です。

今日は、ゴルフをこれから初めて
されるという方に向けて、ゴルフ
の入門編を紹介していきたいと思
います。

まず初めに、これからゴルフを
始めるという方がまず一番最初に
覚えることがグリップです。

そしてアドレス、その次に一連の
スイングの動作です。

それをこれから一つずつ紹介します。

1.グリップの握り方

まず、グリップなんですけども、

私が初めてゴルフを始めたときは、
クラブを握らずに手のひらを
小指から4本をしっかり握って、
人差し指の曲がった部分に親指を
入れる。

そして、それが重なったものが

「グリップ」

という風に習ってやってきました。

そして、そのグリップの中にも右手
と左手がそのまま縦につながった
ものが「ベースボールグリップ」

そして、小指と人差し指をからめる
「インターロッキング」

そして、小指だけを乗せる
「オーバーラッピング」
という3種類がありますが、

この3種類は自分に合ったどの
種類のグリップを握っても良い
と思います。

※自分に合ったグリップの握り方で握る

私は、オーバーラッピングです。

で、この小指からの4本の指を曲げ
ますが、一番大事なのは、「中指」
「薬指」「小指」の3本です。

この3本は、しっかり指だけで
グリップを握る感覚です。

これを、グリップを握ったときにまず
左手の3本の指で握って、その人差し指
に右手の小指を重ねるように3本の指で
握って、人差し指、親指。

そして、正面から見たときに左手と右手
の親指がなるべく真っ直ぐ1本になるよう
にします。

これが基本のグリップになるかと思います。

※グリップを握ったときに両親指が
 真っ直ぐ1本の線になるように握る

アドレス

そして、アドレスですけれども、
アドレスの足幅は「肩幅もしくは
肩幅よりも少し広め」

※アドレス時の足幅は肩幅と同じか
少し広いくらいが理想

そして、体重配分は真ん中よりも
少し前。

拇指球と土踏まずにしっかりと体重が
乗るようにします。

足の指がしっかりと地面を掴むような
感じでアドレスを構えます。

※拇指球と土踏まずに体重が乗るように
足の指が地面をつかむような感じ

そして、真っ直ぐ正面にクラブを
持った状態から、腰から体を
しっかり曲げて体重をつま先の
ほうに乗せてクラブを下ろします。

※正面にクラブを持ち、腰を曲げて
クラブを下ろし、体重をつま先に乗せる。

これが、横から見たときに真っ直ぐ
にクラブを立てて、腰からクラブを
下ろす。

この時に膝が前に出たり、足が伸び
切ってしまわないように真っ直ぐに
腰から下ろします。

更に、猫背になったりしないように、
背筋もしっかりと伸ばします。

足の幅は肩幅もしくは肩幅より広い
です。

そして、ボールの位置ですが、
センター、右、左とある中で、
一番長いクラブのドライバーで、
左足のかかとの前です。

だんだん技術が上がるにつれて、
ボールを低く出したり、ちょっと
スピンをかけたりといったコント
ロールをするときに、

真ん中よりも右に置くことも
ありますが、基本的にアイアンに
関しては真ん中、

もしくは真ん中よりも若干左が
基本で良いのかなと思います。

※アイアンの場合の基本的なボール
位置は「真ん中」もしくは
「真ん中より少し左」

今日は8番アイアンなので、センター
よりもボール1個分左くらいですね。

これが、「グリップ」「アドレス」の
基本です。

スイング

次に、一連のスイングの動き
なんですが、

まず、アドレス

ここから、一つ目のチェックポイント
として、

クラブが地面と平行になる高さの時に、
「グリップ」「シャフト」「クラブ
ヘッドのソール」の部分が

自分から見たときに、自分の打ちたい
方向と真っ直ぐ平行になるようにします。

※地面と平行の高さでグリップ
・シャフト・ソールが目標方向と
平行になる

地面とも平行、打つ方向とも平行。

だいたいのクラブのグリップには
メーカーのマークが入っていたり
しますので、

自分の親指とマークが天井を向く
ようにします。

■地面と平行
■目標方向と平行
■親指とメーカーロゴ・ヘッドが
天井を向く

で、この時のグリップエンドが
自分のへそに結びつくような
イメージですね。

グリップをお腹にくっつけて、
シャフトの真ん中を持って
「へそ」で回る。

その時におへそとグリップエンド
からクラブが真っ直ぐになるように。

ここまで上げたら、左ひじを曲げ
ないように上に伸ばします。

この動作をつなげてクラブを上げ
るとトップになります。

トップからインパクトですが、
インパクトは「アドレス時から腰を
しっかり回します」

アドレスで、肩はそのままの形で
クラブもそのままの形で、腰だけ
回してあげます。

そして、右ひざと左ひざをくっつ
けるようにして、右足のかかとが
上がるという動きがインパクトの
動きになります。

スポンサードリンク

※インパクト時は両ひざを付ける
右足のかかとが上昇していく

そして次に、クラブが地面と平行が
1です。

テークバックが2。

インパクトが3。

そして、反対側でのクラブが地面と
平行の位置がフォローですが、

これも、クラブと地面が平行で飛球線
とも真っ直ぐ平行なところがフォロー
の正しい位置になります。

※フォロースルー時もクラブと地面が
平行の時、クラブは飛球線と同じ向き
になる。

で、グリップの文字と自分の親指が
天井を向く。

そして、おへそとも真っ直ぐに結び
つく。

これがフォロースルーです。

1.2.3.4のリズムで、フォロー
の位置に来たら、クラブのシャフトを
背中にくっつけるところまで持ってい
きます。

※クラブのシャフトを背中につける

で、ひざとひざをくっつけて
かかとを上げます。

これが最後の「フィニッシュ」の
形になります。

肩幅にアドレスを取って姿勢よく
構えたら、地面と平行にテーク
バックで1。

ここから上にあげて、
トップで2。

アドレスの状態に戻したら
腰を回して、インパクトで
3。

そして、そこからフォロー。

またクラブフェースが地面と平行、
親指が上。

そして背中にシャフトを付けて
フィニッシュ。

これが一連の動きになっています。

横からの動きです。






それでは、打ってみます!

まとめ

初心者の方でも、ゴルフを始めて
だいぶ経つ方でも、

一つ一つのパートが分からなく
なった時にはこれを試してみる
と良いかもしれません。

一連の動作ができて、ボールを打ち
始めるときに注意するところを見て
いきたいと思います。

上半身の動きの流れで1.2.3.
4.5というのがあるんですけれ
ど、

この動きを体で覚えることが
できて、いざボールを打つ場面で
下半身の動きを忘れがちです。

なので、注意する点としては、
しっかりクラブが地面と平行に
なったときに、グリップエンド
と一緒におへそを回してあげる。

※クラブが地面と平行の時に
グリップエンドと一緒に
「へそ」を回す

そして、そこからトップからの
切り返しの時に、インパクトを
迎える時に腰を回し切って
あげる。

※インパクトで腰を回し切る

そして、フォロースルーを楽に
とってあげるという事ですね。

これを簡単に言うと、体と
しては右を向いて、左を向く
という単純な動きです。

右にいる人を体ごと向く、
左にいる人を体ごと向く。

その中に、先ほどの一連の
上半身の動きが付いてきて、

トップの時には右を、
フィニッシュの時には左を
向きます。

この上半身とお腹、腰の動きが
連動すると、

ゴルフを始めたばかりの初心者
の方でも飛距離を生み出すこと
ができるかもしれません。

悪い例

悪い例としては、手の動きだけを
覚えてしまって上半身だけの動き
になってしまう!

正しい動きは、しっかりとおへそ
と腰を回していきます。

トップを上げたときに、しっかり
体ごと後方の人に向けるイメージ

一つ一つのパートを覚えて
しっかり体を回していく
というのがとても大事だと
思います。

スポンサードリンク