ゴルフスイング・パター基本レッスンSTEP4【講師 竹内雄一郎氏】

   

スポンサードリンク

パター基本レッスン STEP4

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:パター基本レッスン・ステップ4に入ります。

ステップ4では、ロングパットについてレッスンをしていきます。

ロングパットの距離感が合わないと3パットになってしまます。

ロングパットで大事なのは、まずは素振りでしっかりとイメージを作るという事です。

あとは、振り幅をしっかりとイメージ通りに振るということが大事になります。

また、インパクトで「パチ~ン!」と打たないように、同じテンポの振子で振れるかどうかです。

これをしっかりと養う練習ドリルをご紹介していきます。

まずボールを打つ前に、距離感の感じをつかまなければなりませんから、素振りでカップを見ながらイメージを作ります。

「このぐらいの振り幅で、このくらいのスピードならあのカップまで届くな!」というイメージをしっかりと明確につけます。

このイメージができましたら、そのイメージのまま打ってみる。

カップを見ながら素振りをして、ボールを見て先ほどのイメージで打つ。

このようにカップを見ながら素振りをして、その振り幅の感覚・イメージをボールを見た時に忘れないようにして、しっかりと打つという事が大事です。

また続けてやって頂きたいのは、ストロークのスピードを一定に保つということです。

ここでのダメな打ち方は、バックスイングはゆっくり・インパクトで速くしてしまうと、距離感はバラバラになってしまいます。

インパクトでスピードを上げて打つのではなくて、バックスイングと同じスピードでストロークをするという事です。

スポンサードリンク

これをしっかりとできるように練習をしていきます。

ルックアップをしながら、ストロークのスピードもしっかりと一定になっているかを確認します。

このようにすることで、スピードと距離のイメージが湧いてきますので、そのままスピードを上げずに打っていきます。

このように実際にコースに出た時に、打つ前にカップを見ながら何度も素振りを繰り返して下さい。

また、そのルックアップの素振りをしている間に、ストロークでインパクトを強く打たないことを意識して素振りを繰り返す。

インパクトで速くなって、パンチが入らないようにイメージをしながら素振りをするという事も、一つ頭に置いて行うようにして下さい。

実際のコースでやる流れを見て行きます。

まず方向を決めます・素振りはカップを見ながら何度も往復で行います・この時にストロークのスピードを変えないように、右手でボールを転がすような感覚を作ります。

これができたら、そのイメージのまま打って行きます。

このように、実際のコースでも皆さん一度やってみて下さい。

ステップ4で学んでいただきたいのは、しっかりとロングパットのイメージを作ってから打つという事。

また、ストロークのリズムを一定に保つという事。

この2点をしっかりと重点に置いて練習をするようにして下さい。

以上で終わります。

今回のポイント

・カップを見ながら往復で何度も素振りをしながら距離のイメージを作る!

・バックスイングからインパクト・フォローまでのリズムを一定に保ち、素振りのイメージのままスイングする!

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - パッティング, 竹内雄一郎 , ,