中井学のドライバー講座(5)飛距離UP編「脱力スイングで飛ばせ!」

   

スポンサードリンク

【中井学の5分でわかるドライバー講座・飛距離UP編】
~脱力スイングで飛ばせ~

 

中井学:今回からは、飛距離アップについて色々と探ってみたいと思います。

今日のテーマは「脱力スイングで飛ばす!」

うん、うん、うん、うん・・・・

板倉由姫乃:うふふふふ・・・!

 

中井:という訳で、まあ「軽く振った方が飛ぶよ!」というアドバイスはよくあると思うんですけれども、その軽くと言うのは結局何を意味するのか?

腕って言うところが一番多いと思うんですよね。

板倉:はい。

中井:で、実は腕を使ってアークが大きい方が飛ぶと言う事で、腕を使って、大きく振って大きく飛ばそうとする。

でも実際には、そんなに飛んで行かないです。

そういうところで、じゃあドライバーとかフェアウェイウッドとか、実際には結構飛ばすクラブというか、飛んでしまうクラブ。

なんか勝手に飛んじゃうクラブって言うところで、そんなに目くじら立てて大きく振ろう振ろうとしなくても、実はチョロイんだというところ・・・

板倉:え~、本当ですか?

中井:ハイ! そこをまずちょっと見て頂きたいと思います。

 

【実践】

板倉:では、早速打っていただきます。

お願いします。

中井:はい、ではここで、少しアプローチというイメージで・・・。

だいたいサンドウエッジ、僕は60度のサンドウエッジを持っているんですけれども、そのサンドウエッジでだいたい40ヤードぐらい飛ばす目安で、ちょっと一回ドライバーを打って見ます。

行きます、もうスタンスもアプローチのような感じで、このまま!
(実打)

こんな感じです。

実際もう200ヤード以上・・・

板倉:そうですね。

中井:ハイ!

あのバンカーまで220ヤードぐらいありますから・・・

板倉:そんな簡単に、あそこまで行っちゃうもんなんですね。

中井:行っちゃうんですよ、そうなんです。

ですから、観て頂いても分かるように、こう大きく大きく振ろうと言うのは、実はそんなに飛距離に影響しない。

板倉:え~~~!

中井:今ぐらいのコンパクトな動きでも、身体の近くを腕とクラブが、まあ近くを通ると言うよりは、むしろ一体化させてクルッと回っている方が実際は球は捕まるし、飛ぶし・・・。

板倉:へえー、良いことずくめですね。

中井:そうなんですよ、はい。

じゃ、ちょっと一回トライしてみて頂けますか?

板倉:はい、やってみます。

いや、またなんか難しそうですね。

中井:いや、全然いいんですよ。

うん、難しいと感じるのは、失敗しちゃいけないと思うから難しくなる訳で。

スポンサードリンク

板倉:そっか!

中井:もう失敗はOKです、はい。

もう普通に自分の中で、例えば、じゃサンドウエッジでだいたいどれくらい打ちますか?

こう半分くらいで。

板倉:30~40・・・

中井:その40打つぐらい、サンドウエッジで40打ってる時のスイングの感覚で打って見て下さい。

スイングの幅はそれで良いです。

ドライバーだと思わないで。

板倉:これくらいでいいんですか?

中井:ああ、全然! もうご自身のイメージと飛距離で打って見て下さい。

板倉:は~い。

中井:腕のゆとりも下半身のゆとりも、全てアプローチのような感じでいいです。

スタンスもアプローチを打っている時のようなスタンスでいいです、はい。

板倉:ええ~???

中井:全然いいですよ!

板倉:やってみます。

中井:はい。

(板倉、実打)

中井:ほら!

どうですか?

板倉:結構行きますね!

中井:行きますよね!

だから決して別に半分以下にしようと、距離を抑えて打とうとは思って無いわけです。

板倉:はい。

中井:なんだけど、それだけクラブの、特にドライバーの長さだとか、そういった反発力だとか、そう言ったところに任せてあげれば実はボールって意外と飛んで行く。

板倉:そうですね、打感も凄く良かった。

中井:いいですよね、しっかりボールを押せてる感じでますよね。

っていう事は、これで結局何をしてるかっていうと、別にスイングを意図的に小さくしようとしてる訳では無く、単にアプローチのように打とう・・・

で、あとはクラブの力がボールに向かって行く、ただその意識だけ。

と言う事は、今までよりも芯にあたる確率も良くなるし。

板倉:そうですね。

中井:振り幅もそんなに大きくないので、それだけクラブも緩やかな軌道を描いてくれる。

板倉:へえ~~~!

中井:うん。

板倉:凄い簡単ですね。

中井:そうなんです。

あとは、そこから腕を力を入れて振ろうとせずに、身体の回転する大きさ、スピードを増やして頂く事によって、あれがどんどんどんどん伸びていく訳ですよね。

板倉:え~~~、いいですね!

中井:ええ、だからウエッジで普通にフルショットして行くような40ヤードから50ヤード、60ヤードと言う風に伸びていくのと同じように、ドライバーもあそこから220、230、240と言う風に伸びて行きますので。

板倉:わ~、いいな!

中井:そうなんです、そう考えると今腕の動きとか、あんまり気になさらなかったですよね?

板倉:はい。

中井:それぐらいのイメージでまず、こうやってアプローチをするイメージから、ぜひドライバーを練習してみて下さい。

ハイ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - ドライバー, 中井学 , ,