ゴルフスイング アイアン 基本レッスン STEP4【講師 竹内雄一郎氏】

   

スポンサードリンク

アイアン基本レッスン STEP4

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:アイアン基本レッスン ステップ4に入ります。

ここでは、トップとフィニッシュの正しい形を覚えていきましょう。

アイアンは方向性を重視するクラブですから、トップはあまり大きくオーバースイングに入る必要はありませんので、これを大前提に置いて練習をしていきます。

なので、肩まで作ったこのラインから少しだけバックスイングを取る形で大丈夫です。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step4%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e4%bd%8d%e7%bd%ae

慣れてきたら少し大きくする形でも大丈夫ですが、基本的にコースで方向性が出るポジションと言うのは、このあたりになります。

なので、このあたりでしっかりとトップを作るように心がけましょう。
トップのポジションで気を付けなければいけないのは、「左肘をしっかりと伸ばす」という事を意識して下さい。

左肘をバックスイングのトップで伸ばしておくと、ダウンスイングで手打ちになりにくくなります。

左肘が曲がっていると、このように手で打ってしまったり、左肘を伸ばした時にキャスティングでヘッドが落ちてダフりになってしまったりしてしまいます。

アイアンのトップでは、左腕をしっかりと伸ばすという事を意識して下さい。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step4%e5%b7%a6%e8%85%95

このように左腕を伸ばすことと、下半身を回すことで左脇が軽く締まったダウンスイングが作れます。

スポンサードリンク

このようにすることで、体の連動でスイングを作ることができますので、左腕を伸ばすという事を忘れないようにして下さい。

また、アイアンのスイングは長いクラブと比べて、少しアップライトなイメージになってきますので、トップで背中側にシャフトが垂れないように気をつけて下さい。

また、逆にシャフトクロスしないように、ステップ3で作った肩の位置でのシャフトラインのまま、背中を目標方向に向けるイメージだけで大丈夫です。

肩のラインから少し回す、それだけで大丈夫ですのでこのトップをしっかりと覚えて下さい。

続いてはフィニッシュの形を見ていきます。

フィニッシュの形は、しっかりと振り切ってここまで来る。

このフィニッシュで大切なのは、クラブヘッドの重さを感じながらクラブヘッドが体を回してくれるという意識を作って下さい。

自分の体が先行してこのように回るのではなくて、クラブヘッドに引っ張られて右肩が回って行くという意識を持って、フィニッシュまで振り切っていきます。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step4%e3%83%80%e3%83%a1%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

このポジションでは、シャフトラインまた右足・左足が離れていないかをチェックして下さい。

フィニッシュでこのように足が離れてしまうと、体重が右に残ってしまったり、下から上にすくい打つようなスイングになってしまいます。

足のラインをくっつけるという意識を持って、バランスの良いフィニッシュを作るようにして下さい。

それでは一度打ってみます。

このように、トップからフィニッシュへしっかりと安定したスイングで、毎回同じスイングができるように何度も繰り返し練習をするようにして下さい。

以上で終わります。

今回のポイント

・トップを作る時
1) 肩までのラインから、さらに少しバックスイングするイメージ
2) 左腕は伸ばしたままでトップを作り、スイングする

・フィニッシュ
1) クラブヘッドに引っ張られて右肩が回るイメージを持つ
2) 両足は離れずにくっついたままフィニッシュする

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アイアンショット, トップ, フィニッシュ, 竹内雄一郎 , ,