ゴルフスイングのアプローチ 基本レッスン STEP5【講師 竹内雄一郎氏】

      2016/09/18

スポンサードリンク

アプローチ基本レッスン STEP5

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:アプローチ基本レッスン5に入ります。

ステップ5では、体重移動を行わないようにスイング軸を安定させるための練習ドリルを一つご紹介します。

グリーン周りのアドレスでは、体重移動は行いません。

基本的に、左足一本で立っているような感覚でアドレスを作るようにして下さい。

ここで、バックスイングの時に右足に体重が乗って、このように右側に倒れ込むような形になってしまうと、打点は安定しません。

体が動かないように「く」の字のアドレスを作っていきます。

ここから、左足の同じ位置にずっと体重が乗っているように意識をして、振子運動でボールを打って行きます。

この際に、どうしても右足に体重が乗ってしまう方は、一度このように右足を引いて右足は後ろでつま先立をさせて、左足一本で「く」の字のアドレスを作って下さい。
%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step5

スポンサードリンク

このように作ったら、このまま振っていきます。

これが上手くできるようになりましたら、右足を戻して先ほどと同じ負荷で左足を感じ、打っていきます。

まずは右足を引いてつま先立ちをして、左足一本でこのように構えて打って行きます。

この動きで慣れてきたら、右足を戻して先ほどと同じ左足の負荷で打って行きます。

この繰り返しを何度も行って、体重のポジションの掛かり具合と言うのを感じてみて下さい。

以上でステップ5の説明を終わります。

しっかりと練習するようにして下さい。

今回のまとめ

・左足の同じ位置にずっと体重が乗っているように意識をして、振子運動でボールを打つ

・どうしても右足に体重が乗ってしまう方は、右足を引いて右足は後ろでつま先立をさせて、左足一本で「く」の字のアドレスを作って打つ練習を繰り返す

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - アドレス, アプローチショット, 竹内雄一郎 , ,