ゴルフスイングのアプローチ 基本レッスン STEP4【講師 竹内雄一郎氏】

      2016/09/18

スポンサードリンク

アプローチ基本レッスン STEP4

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:アプローチ基本レッスン4に入ります。

このステップ4では、スムーズにアドレスを構えてから、力が入らないようにスムーズに打つ練習です。

どうしても、アドレスで「寄るかな?」「きれいに当たるかな?」と思うあまりに力が入ってしまい、ミスショットになってしまいます。

なので、アドレスに入ってからあまり考えずに、構えたら直ぐに打つ!というリズムを作っていきます。

構えて3秒ぐらいで打つ!

このリズムで実際のコースでも打てるようになってくると、力みと言うのが少なくなってきます。

一度、このようにボールを4つ程度並べて、一番手前のボールから打って行きます。

一度打ってみますので、ご覧ください。

構えたら、打つ!

構えたら、打つ!

構えたら、打つ!

構えたら、打つ!

このように、連続でアドレスだけフェイスの面だけ、しっかりと構えたら「直ぐに打つ!」というリズムを作って、力みを無くしてりずむの良いスイングを作って行きましょう。

スポンサードリンク

それではもう一度リズム良く打って行きます!!!

構えたら打つ・・・!
%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step4

このような形で、4球でも何球でも大丈夫です、置ける範囲で置いて下さい。

クラブを振っても当たらない距離感で並べて練習をするようにして下さい。

これができましたら、ステップ5に進みます。

今回のまとめ

・クラブを振っても当たらない距離感でボールを並べて、連続でアドレスだけフェイスの面だけ、しっかりと構えたら「直ぐに打つ!」というリズムで練習を繰り返す。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アプローチショット, 竹内雄一郎 , ,