ゴルフスイングのアプローチ 基本レッスン STEP2【講師 竹内雄一郎氏】

      2016/09/18

スポンサードリンク

アプローチ 基本レッスン STEP2

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:アプローチ基本レッスン2に入ります。

ステップ2では、手首の固定ができているかどうかと言うのを確認して行きます。

ここではクラブを2本用意して頂くか、クラブより少し短い程度の長さの棒(サンドウエッジと同じ長さぐらいの棒)を用意して下さい。

今回は、この棒を使っていきますが、無い方はクラブでも大丈夫です。

この棒を、グリップに重ね合わせて通常のグリップを握ります。

この、グリップと反対側に出た棒を、体の左サイドに出してアドレスを構えます。

この青い棒が身体に当たらないように、ボディーターンをしていきます。

インパクト時に手で打ってしまうと、棒が脇腹に当たってしまいます。

また、体が起きてすくい打とうとする形になってしまうと、このように腰に当たってしまいます。

スポンサードリンク

アドレスした形のままで、体をクルッと回します。

それでは、クラブと棒を握ったら、棒を体の左側に出して打って行きます。
%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81-%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3-step2

この棒を出して練習することで、棒が身体に当たっていると「手打ちしているな!」ということに気が付くことができます。

以上で終わります。

今回のまとめ

・ゴルフクラブと同じくらいの長さの棒を、クラブと一緒に握って練習することで、手打ちをしているかどうかが確認できます。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アプローチショット, 竹内雄一郎 , ,