ドライバーで飛距離を出すための腕と体の使い方!【講師 竹内雄一郎氏】】

   

スポンサードリンク

ドライバー飛距離を出すための腕と体の使い方

PGAティーチングプロ 竹内雄一郎氏:皆さん、こんにちは。

本日は、ドライバーの芯で打つための練習ドリルをご紹介させて頂きます。

ドライバーのスイングはどうしても手元が浮きやすく、ヒール側でインパクトをしてしまう方が多いです。

トップの位置からダウンスイングで、体の捻転と共に下りてくればしっかりとした芯で打てるのですが、バックスイング・トップから手元が少し力が入って浮いてしまうと、ポジションが少し前にきてしまうために、アドレスよりも手が前に浮いてヒールに当たってしまいます。

このヒール打点になってしまうと、もちろん飛距離ロスになってしまったり、鋭角にクラブが入ってきた時に「天ぷら」になってしまうミスショットになってしまいます。

スポンサードリンク

なので今回のドリルは、敢えてヒールでセットします。

敢えてヒールに構えて、バックスイングから手元を近づけて体に絞り込んでくるイメージでインパクトを作れるように意識をして、ダウンスイングを作って行きます。

このヒールで構えている状態で手元が前に出てしまうと、ボールに触らずに空振りという形になってしまいますので、無意識のうちにインサイドから振り下ろすスイングが身に付きます。

それでは一度ヒールに構えて打ってみたいと思います。

ヒールに構えて、インサイドから振り下ろして芯に当てる!

この練習をすることで、手元が浮いてくるスイングが無くなります。

一度、ぜひ皆さん試してみて下さい。

ドライバーで飛距離を出すための練習法

敢えてヒールに構えて、インサイドから振り下ろして芯に当てる!

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - ドライバー, 竹内雄一郎 ,