ドライバー基本レッスン STEP4【講師 竹内雄一郎氏】

      2016/09/03

スポンサードリンク

ドライバー基本レッスン STEP4


ティーチングプロ 竹内雄一郎氏:ドライバー基本レッスン・ステップ4に入ります。

ステップ4では、フィニッシュの形を覚えていきます。

先ほど、フォローのラインでこの形が作られました。

ここまでできたら、ここから右足を体の捻転と共に回していきます。

もう一度行きます。

右の肩から、腰・足が引っ張られるように回して行きます。

良く悪い動きで見られるのが、右足の動きがダウンスイングのインパクト手前で、ひざが前に出てしまう方!

このようにひざが前に出てしまうと、フィニッシュがのけ反るような形になってしまいます。

インパクトまではベタ足で、右の肩・腰に引っ張られて右足が回転してくるようなイメージでスイングを作るようにして下さい。

フォローのポジションから引っ張られてくると自然に体が起き上がって、きれいにフィニッシュを作ることができます。

また、チェックして頂きたいポイントは、おへそのラインが目標方向を向くようにして下さい。

目標方向から左までOKですが、右を向くような形と言うのは前傾角を崩して、前に体が流れてしまう動きになります。

このように動いている方が非常に多いので、気をつけて下さい。

スポンサードリンク

前傾角をキープしている状態から、グ~っと回して行きます。

このようにすることで、正しいフィニッシュが作れます。

最後にフィニッシュの形をチェックして頂きたいポイントが、シャフトのラインです。

シャフトのラインが、耳を貫く位置に来るように意識をしていきます。

このようにすることで、スイングプレーンがきれいに振られます。

手で打って打ってしまって、上にボールを上げようとしてしまう方は、このようにフィニッシュでシャフトラインが縦に入って、このように、足の方にヘッドが来てしまいます。

正しいスイング軌道で振ると、耳のラインにきます。

また、肘が抜けてしまう方は、このようなフィニッシュになってしまいます。

ヘッドをしっかりと加速させて振れるようになると、耳の貫くラインにシャフトが来ますので、このポジションもしっかりと確認するようにして下さい。

それでは、一連の動きでフィニッシュの形をご覧ください。

ハイ、このような形でフィニッシュを作れるように、何度もチェックして練習をするようにして下さい。

以上で、ステップ4を終わります。

これができましたら、ステップ5に進んで下さい!

今回のまとめ

・右足は、肩と腰に引っ張られるように回転する。

・正しいスイング軌道でのフィニッシュは、シャフトが耳と耳を貫くラインに来る。

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - ドライバー, フィニッシュ, 竹内雄一郎 , ,