遠心力を封印してスイング! 坂本龍楠 逆説のゴルフ【その12】

   

スポンサードリンク

逆説のゴルフ【その12】遠心力を封印してスイング

ティーチングプロ坂本龍楠氏:遠心力についてです。

遠心力のイメージを使って上手く行っている人は問題ないのですが、遠心力のイメージを持っていて上手く行っていない人は、ある意味転換が必要かもしれません。

で、遠心力のイメージと言うのは、クラブがグーッと遠心力が
掛かって、それに自分が拮抗する力で引っ張り合っている力をイメージするのですが、それをやり過ぎてしまってダメな可能性もありますので、そこは修正してみて下さい。

クラブを投げて頂ければ分かるのですが、投げる時に必ず体が右足の方に体重が残って、頭が絶対に右に倒れます。

スポンサードリンク

ですから、ゴルフで遠心力を掛け過ぎると軸が倒れてクラブが寝るので、アイアンならダフる・ドライバーならプッシュアウトのような形になってしまいます。

ですから飛ばそうと思うあまり遠心力を掛け過ぎると、上体は起きて右に傾いてというミスの原因となる大きな軸の傾きにつながってしまいますので、なるべく遠心力は掛けずに打つようにするのが良いと思います。

インパクトのところでもお話したように、ヘッドを走らせたりしなければ遠心力は掛かりませんので、自分の体だけきれいにクラブと一緒に動いてあげるというようなイメージを持って打って頂くと軸の倒れも起きずに上手くボールが打てます。

遠心力を使おうとすると、実際は飛んでそうですけど当たりにロスがかなり出てしまいますので、意外と距離も出ないというような形になってしまうと思いますので、ぜひその辺を注意して考えながら球を打ってみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - 坂本龍楠, 遠心力 , , ,