フォロースルーは肘を曲げて使ってみる! 坂本龍楠 逆説のゴルフ【その10】

   

スポンサードリンク

逆説のゴルフ【その10】フォロースルーは肘を曲げて使ってみる

ティーチングプロ坂本龍楠氏:フォロースルーについてです。

フォロースルーは、まず腕を伸ばしてこのように打たないという事が大事です。

もちろん、結果的にカッコ良くフィニッシュに向けて腕が伸びているという状態は良いと思うのですが、だいたいの人のパターンとしては腕を伸ばしたいあまりに突っ張ってきて、インパクトで衝撃もしくは詰まる。

その前の段階での動きの悪さから肘が曲がってこのようにクラブが腰に巻きつくように抜ける、ちょっと肘が引けてしまうような状態、もしくはインパクトで手首が伸びたままバーンと返すので、ヘッドが先に行ってスイングが終わりに向かってしまいますので、それに合わせるために肘を引いてフィニッシュに行く状態!

と、だいたいインパクト後に逆に曲がってしまう状態があると思います。

それは、逆に伸びている方は別に気にしなくても良いと思うのですが、伸ばしたいのに曲がってしまう方と言うのは意識と動きが合っていませんので、アドレスで言ったように逆にここでインパクトで曲げたまま、そして逆に肘を曲げて行くぐらいのイメージ!

スポンサードリンク

バックスイングでも肘を開けたのと左右対称で、反対でもこのように肘を上げて行くようなイメージで振る!

フォロースルーでは肘を開けるように抜いていく!

そうすると体が回りやすくなりますので、結果的に詰まったり不用意な手の返りが少なくなりますので、インパクト後のフォロースルーが伸びていくようなスイングになります。

肘を張って行くようなイメージで打って頂くと・・・。

で、打っていると変な感じなのですが、そんなに見ていると変なスイングにはなりませんので、ぜひこれも試して頂けると良いと思います。

肘を体から離して行くと、ダメなイメージを持っておられる方が多いのですが、体さえしっかり回っていれば肘が少しぐらい離れていてもボールと言うのは全然飛びますので、これはぜひお試し頂いて、やりやすければ採用みたいな形でやって頂けると良いと思います。

プロなんかもたぶん左に負けたくない時などは、シャフトを立てて肘を少し開けながらフィニッシュしていると思いますので、その辺もチェックして頂くとより分かりやすいかなと思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - フォロースルー, 坂本龍楠 , ,