グリップの位置はハンドファーストにしない! 坂本龍楠 逆説のゴルフ【その2】

      2016/05/29

スポンサードリンク

逆説のゴルフ【その2】グリップの位置はハンドファーストにしない。

ティーチングプロ坂本龍楠氏:グリップ位置についてです。

グリップの位置が、アドレスの時このようにハンドファーストになっている方が多いです。

ハンドファーストを意識してか、このように手を前に出した状態で構えて打っている方が多いです。

手を前に出して構えることは悪くはないと思うのですが、やはり当たっていないという場合には、考えられるのはクラブがこのようににして真っ直ぐにするとクラブも真っ直ぐに向いていると思いますが、この状態からクラブを前に倒して行くとどうなるかと言うと、当たり前なのですがフェイスは右を向いてしまいます。

ですから、このような構えをしているという事は、手元をネジってこのようにクラブを回さないとフェイスが真っ直ぐになりません。

ですから、このように手を前に出して構えている人と言うのは、グリップが凄くフックグリップと言って、手がねじれやすいような下から握った状態であったり、あとはインパクトで右に向いているのを手でネジるような動きを入れて打っている人が多いです。

本来ハンドファーストという形は、自分で何かをして作るのではなくて、基本的に何もしないで体の回転のみでスイングしてクラブとクラブヘッドとシャフトの動きで手元が押されるような形でインパクトのところでやや手の方がヘッドよりも前に出るという状態がハンドファーストです。

スポンサードリンク

ですから、自分が意識的に手を前に出して構えるのはハンドファーストではなくて、ただ手が前に出てフェイスが開いているという状態になります。

ですから、ハンドファーストを逆におこしたいと思うならば、ちゃんと真っ直ぐ体の真正面あたりに構えて、クラブは体で動かして自分の手元の操作で動かさないように意識しながらスイングすることが大切です。

で、体がクラブを上手く真っ直ぐ当てるような意識であっても、クラブヘッドの方が重量がありますので、少し遅れてハンドファーストという状態に自然になります。

ですから、自分で最初のセットアップから手を前に出さないで、体の真ん中あたりもしくは少し左に寄っていても構わないと思うのですが、このように極度に手を前に出した状態にしないという事です。

で、極度に手を前に出した状態にすると、こちらもズレているようには見えると思うのですが、後ろから見ても手が前に出るとその分腰とか肩のラインがやはりイビツになってしまいます。

イビツになっている状態のスタートから、一緒に回して行って方向性をだすような体のねじり方と言うのは、やはり複雑で難しいと思います。

まずは体のライン自分の意識が全部揃っているようにして頂いて、クラブの位置も体の真ん中に置くような形で構える!

これが、大切になります

これができて初めて体の動きとかが、適切にできると自然にハンドファーストという形ができてくると思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - グリップ, 坂本龍楠 , ,