アプローチショット(2)ピッチ・エンド・ランの打ち方【長岡プロのゴルフレッスン】

      2016/05/15

スポンサードリンク

【長岡プロのゴルフレッスン】アプローチショット② ピッチ・エンド・ランの打ち方

長岡プロ:いくつかあるアプローチショットの中でも「ピッチ・エンド・ラン」というアプローチショットの打ち方を説明したいと思います。

ピッチ・エンド・ランとは、ボールの位置からグリーンのエッジまで少し距離があり、エッジからピンまでも少し距離がある時に、ある程度キャリーさせて半分近く転がすというイメージのショットです。

その時の使用クラブは、サンドウエッジ、ピッチングウエッジ、アプローチウエッジ、のいずれかのクラブで打ちます。

もちろんロフトが違いますから、同じピッチ・エンド・ランでも落ちてからの転がり方が変わってきたり、飛び出す角度が変わったりするので、そういうところをイメージして練習します。

まず構え方としては、大きく飛ばす訳ではありませんから、スタンスはある程度狭く構えます。

そして、目標に対してスクエアな場所から左足を若干後ろに引きます。

これは、なぜ引くのかと言うと、体を回転しやすくするために左足を引くことで、腰を柔らかく回しやすくするためです。

全体的に体が目標に対して左を向くオープンスタンスというイメージではなく、振り抜きやすくするために左足を引くという感覚です。

そして、できればヒザから上、ヒザ・腰・肩のラインは目標とスクエアに合わせます。

左足をただ引いているだけです。

で、ヒザから上のラインは全部スクエアに構えますので、左足のヒザの方が右足に比べて少し折れている形になります。

ボールの位置は、殆ど真ん中もしくは上から見た時に左足のカカト線上くらいに置きます。

そして、グリップを握る場所は左足の付け根の前。

スポンサードリンク

ですから、ランニングアプローチと比べるとハンドファーストの度合いは減りますが、若干ハンドファーストというイメージです。

ウエイトは右5:左5でも構いませんが、基本的にアプローチと言うのは左足体重ですから、「右足4:左足6」くらいのイメージで構えます。

そして、肩のラインは球の高さをイメージしたラインに合わせて構えます。

ある程度キャリーさせて転がしますから、左肩をあまりに低くしたり極端に上げたりせずに、ちょうどボールが上がって行く角度に肩のラインを合わせます。

スイングですが、これも振り幅やスピードによってキャリーとその後のランの距離も変わってきますので、それも練習してどのくらいの振り幅とスピードだと、どのくらいのキャリーやランが出るかを普段から練習してデータを頭に入れておく必要があります。

ここでは、9時から3時ぐらいの振り幅でピッチ・エンド・ランの打ち方をやってみたいと思います。

グリップは少し短めに持ちます。

長く持ってしまいますと(体がボールから)離れてしまいますので、短く持ってなるべくボールの近くに立ちます。

そして、ピッチ・エンド・ランも無理にコックを無理に上げようとせずに、しっかり体の回転と腕が同調するように構えた時にできる右腕とクラブにできた角度を変えないように、一定のスピードで振るという事が大事になってきます。

打った後も無理に手を反す訳ではなく、そのままフォロースルーまでフェイスを反さないイメージを持ちます。

体の回転でボールを打つ・・・。

そういう風に、アドレスでできた両腕とクラブの形を変えずに体の回転で打ってあげると、素直にある程度キャリーしてそのあとある程度転がってくれるという形になりますから、バンカー越えもしくはエッジまで少し程度距離があって、ある程度キャリーをしなければならないという時にはピッチ・エンド・ランのショットを選択して打たれるとピンに寄る確率が増えると思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アプローチショット, ピッチショット・チップショット, 長岡良実 , ,