フェアウェイウッドの打ち方【長岡プロのゴルフレッスン】

      2016/05/15

スポンサードリンク

フェアウェイウッドのポイント

■軌道がインサイドアウトにならないように注意する
■クラブヘッドは地面を滑らせるように打つ
■球を上げようとせず、しっかりと左足に体重を乗せて振り抜く

【長岡プロのゴルフレッスン】フェアウェイウッドの打ち方

長岡プロ:フェアウェイウッドの打ち方を説明したいと思います。

ライがフェアウェイで凄く良い場合の打ち方です。

まず、フェイスをターゲットに合わせます。

そして、ボールラインを想像して、左足・右足。

スタンスの幅は、肩幅もしくは肩幅より少し開く程度です。

グリップの場所ですが、左足の付け根の前で持ちますので、こういう形になります。

で、顔の位置がポイントですが、顔がボールの真上に来ないように、背骨はやや右に軸が倒れていますから、ボールよりは顔の位置が右側にセットします。

ただ、スイング的に気を付けなければならないのは、ボールを上げようとして下から「あおって」しまう打ち方は良くないです。

クラブのヘッドと言うのはソールの幅が広いので、なるべく滑らせるように振っていく事が重要です。

スポンサードリンク

例えば、イメージ的にボールの先にティーを刺して、ボールの先のティーを打っていけるぐらい滑らせて打っていくような意識を持つことが大事です。

ただ、これがボールを持ち上げようとしてしまうと、ミスが起きやすいです。

そこが一番の注意点です。

あとは、滑らせるようにしてしっかり左に回転して振り抜くという事が大事です。

フェアウェイウッドでの、後方から見た場合のポイントを紹介します。

まず、左足・右足の順番でスタンスを取ります。

しっかり重心を落として、大きく構えましょう。

そして、バックスイングのポイントとしては、インサイドアウトのスイングをしてしまうとフェアウェイウッドは良い球が打てません。

なるべく真っ直ぐに引いて、左にしっかり振り抜いて行く事を心がけます。

決してボールを上げようとしないという事が大事です。

一回素振りでしっかり左に回り切った格好をイメージして、その形に向かって振り抜くことが大事です。

このソールを滑らせるように、しっかり左に振り抜いて行きましょう。

練習ドリルとしては、ボールを打つ前にボールの先にティーを刺して、インサイドアウトで振ってしまうとこのティーは打てません。

しっかりとボールの先にあるティーを倒せるぐらい滑らせて、左にしっかり振り抜くことが大事です。

その辺を注意して打てると、フェアウェイウッドもしっかり球が上がって、きれいに打てると思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - フェアウェイウッド, 長岡良実 , ,