ドライバーの打ち方 その(2)「スイング中のフェースの向き」【長岡プロのゴルフレッスン】

      2016/05/15

スポンサードリンク

ドライバーのスイング中のフェイスの向きについて、少しお話ししたいと思います。

まず、アドレスした時点でフェイスはターゲットに向いている状態でセットアップします。

で、ハーフウェイバック・・・、目標と平行にクラブがテイクバックで動いていった場所、この瞬間にクラブのフェイスの面が前傾している背骨とほぼ平行に動いて行くと良いと思います。

例えば、テイクバックでクラブのフェイスが開いたり、シャットと言って閉じすぎたりしないように、なるべく前傾している背骨と平行の場所を通過するように意識します。

で、そのままトップに上がって行った時に、クラブのフェイスの面と左腕が平行になっている・・・。

だいたいの感覚的には、斜め45度を向いてトップに収まるのが「スクエア」な状態と言えます。

もし、トップの場所でクラブのフェイスの向きが上を向いている状態になってしまいますと、左腕の角度に対してフェイスの面が地面と平行になってしまいますと、クラブのフェイスがシャット・かぶっている状態になっています。

もしくは、クラブのフェイスがトップで真正面を向いている状態!

ですから左腕の角度に対して、フェイス面が縦に立っているとフェイス面が開いている状態なので、そのまま打つと「コスリ玉」要するにスライス系のボールが出やすくなってしまいます。

スポンサードリンク

もちろん、持ち球もあると思いますますが、なるべく練習場や自宅で鏡などを使ってチェックして、フェイス面の向きを意識するようにしましょう。

逆にフォロースルーでは、ゆっくりシャドウスイングをした場合にシャフトが地面と平行になる段階では、イメージとしてはやはり前傾姿勢とフェイス面が平行になるようにします。

ただ、実際にスイングをしてスピードが付くと、クラブのフェイスはもっとターンしている状態にはなりますが、イメージとしては前傾している背骨と平行です。

ですから正面から見た時に、ハーフウェイバックそしてフォロースルーまで左右対称のシャフトが地面と平行になった段階では、前傾した背骨とフェイス面が平行というイメージを持つと、スイング中のフェイスローテーションをあまり使っていない形になりますから、左右の曲がりやブレが少なくなってくるという形になってきます。

ですから、もしシャフトの軌道を意識されていても、フェイスの向きがズレているとやはり曲がりますから、「軌道」プラス「フェイスの向き」というのも、普段の練習場やビデオを撮って軌道とフェイスの向きをスイング中にコントロールできるようにしていくと、かなり上達すると思いますので、その辺をチェックしてみて下さい。

【長岡プロのゴルフレッスン】ドライバーの打ち方 その(2)「スイング中のフェースの向き」

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - ドライバー, 長岡良実 , ,