ドライバーのティーを挿す方向で飛距離アップ!?【長岡プロのゴルフレッスン】

      2016/05/15

スポンサードリンク

長岡良実トーナメントプロ:ドライバーのティーの刺し方を説明したいと思います。

まず、ティーを刺します。

で、刺した時にもちろんティーの高さも凄く重要で、スピンの掛かり具合が変わってしまったり、もしくは意図的に打った場合の球の高さもコントロールできる部分があるので、ティーの高さと言うのは個人の自由ですし、もちろん打っていく時の弾道の高さの違いによって高さを変えて行く。

ただ、そういうのは特殊な技術で、スイングを意図的にコントロールしたりしている状態ですけれど、単純にこのティーが地面に対して垂直に立てるというイメージではなくて、少しでもいいから前にちょっと倒すと・・・。

もちろん、あまり前に倒し過ぎてしまいますとボールは乗りませんから、ほんのちょっと目標側にできるだけ倒します。

そうすることで、スピンの量を少しでも抑えて打つことが可能になります。

で、これはどういう現象かと言いますと、ティーを前に倒すことでドライバーのヘッドがダウンスイングで降りてきた時に、ティーの抵抗を少しでも減らすというのが狙いです。

そうすると、極端に言うとボールの右側面に当たった時に、そのままティーの抵抗を受けることなく入って行きます。

スポンサードリンク

ただ、このティーの刺し方を目標に対して逆方向に刺してしまったとすると、ヘッドがボールに当たった瞬間にティーの抵抗によって、ボールにスピンが掛かりやすくなり打ち出しが少し高くなるようなイメージになってしまいます。

ですから、少しスピンが入って抵抗もあるので、できるだけティーを目標方向に倒してティーアップされていくと、低スピンで振りぬきやすいし、当たった瞬間の抵抗も少なくなります。

それともう一つは、目標に対してティーを少し自分寄りに構えた側に倒す。

要するに、後ろから見た場合に左側に少し斜めになっている状態。

もちろん、目標側にも少し倒します。

このようにすると、少しドローボールが打ちやすくなります。

逆に、自分と反対側に倒すと、少しフェードが掛けやすくなります。

これも、個人のイメージだと思いますが、僕はこのようにティーの刺し方を少し変えることによって、フェード系・ドロー系を打ち分けるようにしています。

ほんの小さなネタですが、皆さんもぜひ試してみて下さい。

【長岡プロのゴルフレッスン】ドライバーの小ネタ①ティーを挿す方向で飛距離アップ!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - ドライバー, 長岡良実 , ,