ドライバーの打ち方【長岡プロのゴルフレッスン】

      2016/05/15

スポンサードリンク

ドライバーショットのポイント

■ティーアップはドライバーヘッドより半分出るくらいが目安
■ボールを置く位置は左足かかと線上
■構えた時に肩・腰・ひざのラインはボールではなく、体の中央に向ける

 

長岡良実トーナメントプロ:ドライバーの打ち方を説明したいと思います。

まず、ティーアップをします。

目標に対してティーを刺します。

この時に、ティーの高さなのですが、構えた時にドライバーのフェイスとクラウンの継ぎはぎの部分がボールの赤道付近になるぐらいの高さが望ましいと思います。

あまり低すぎたり高すぎたりすると、ボールのスピン量が変わってしまうので、基本はボールがドライバーのヘッドより半分出るぐらいが基準として覚えておくと良いと思います。

もちろん、アゲンストだったりフォローの風によって球の高さを打ち分ける時は低くしたり高くしたりしますが、基本はそういう形だと思っています。

そして、ボールの位置はかかと線上が目安となります。

そして、スタンスの幅は肩幅が足の内側に入るぐらいが、おおよその目安になります。

しかし、その幅には個人によって差はありますから、スタンスが少し狭目な人もいればワイドスタンスで、すごく飛ばして行こうというスタンスを取る人もいます。

いつものルーティーンでセットアップに入りますが、ドライバーの構え方の注意点としては、あいあんに比べるとボールはかかと線上寄りにあるので、どうしても目が左側にあるボールを見てしまうと、おへそや胸もボールの方向を向いてしまう・・・。

スポンサードリンク

そうすると、目標に対して肩が開いてしまうため、バックスイングで肩の入り方が浅いところから振るために、胸が開いたところでボールに当たってしまうので、ボールを擦ってしまい距離が落ちる上に、方向性も悪くなるという現象が起きやすいです。

なので、左側にボールがあっても体の中心はここ(股の下)になります。

ボールはただ左にあるだけなので、体の中央を意識して、そこに対して体が正面を向いているのか?という事を意識します。

そうすることで、肩・腰・ひざのラインが目標にスクエア(平行)になる感覚を作ってみてください。

どうしても、ボールが左側にありますから、体も(ボール方向に)向きやすくなります。

そうすると、顔の位置もボールより確かにビハインド・ザ・ボールにはなっていますが、体が少し左に突っ込んだ形で構えてしまっているので、バックスイングでのけ反ってしまったり、肩の入りが浅くなるという現象が起きます。

なので、ちゃんと中央に体のラインがある状態にすることが重要です。

更に、中央の線より肩が深く回るように意識する。

ボールに対して回しても、肩の動きが浅い状態の人が結構多いです。

なので、しっかりと肩を回すことが大事です。

で、ドライバーの場合は、アッパーブローに当たりますから、ダウンスイングで体の中央で最下点を迎えます。

そして、クラブがなだらかに少し上がり際にティーアップされたボールに当たります。

なので、少し上がり際でボールに当たるので、ティーアップされたボールがアッパーブローでしっかり飛んでいくという形になります。

そういったところを、気を付けると良いと思います。

詳しくは、本編動画をご覧ください。

【長岡プロのゴルフレッスン】ドライバーの打ち方

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - ドライバー, 長岡良実 , ,