ポスチャー(姿勢)【長岡プロのゴルフレッスン】

      2016/05/15

スポンサードリンク

長岡良実トーナメントプロ:ポスチャー、いわゆる姿勢の説明をしたいと思います。

今持っているクラブは6番アイアンです。

6番アイアン7番アイアンがミドルアイアンの部類なので、そのクラブを使用した場合のポスチャーを説明したいと思います。

まず、ターゲットラインに対して直角のボールラインに足を揃えます。

そして、左足を靴の幅1足分左に開き、右足をおおよそ肩幅ぐらいに開きます。

スタンスが狭めな人もいれば広めな人もいますが、基本的な目安としては「肩幅」ぐらいです。

この時に、ボールの位置は真ん中よりもやや左側にあるという状態を作ります。

姿勢は、正面から見たときに、右打ちの人の場合は右手が下に来ますので、右肩が自然に下がります。

そして、グリップを握る場所は真ん中ではなく「左足の付け根の前」で握りますから、更に右肩が少し下がります。

そうすると、背骨がやや右に傾く格好になります。

ただ、下半身がこの状態で上半身だけ右に倒してしまうと、右足体重になってしまいますので、背骨が右に傾く分、下半身がやや左側に移動します。

その状態で、骨盤から前傾して構えます。

左手は、脇からブランとしたところで握るのではなく、左胸の上に腕を乗せるようにして脱力します。

そして、程よく脇がしまって脱力した状態の場所にグリップエンドが来る間合いをとります。

その場所でグリップを握った時に、ボールの位置よりも顔は右側にあります。

左のほっぺた、もしくは左の眼、左の耳、要するに顔の左サイドの真下にボールがあるようにセットします。

そして、グリップを握る場所は左足の付け根の前で握りますから、ややハンドファーストの形になります。

クラブのグリップを握った状態で胸の前に手を持ってきます。

スポンサードリンク

背筋をピンと伸ばした状態で、腕とクラブでできる角度を自然にクラブヘッドを前に垂らして行きます。

無理やり手首を伸ばしてしまうのではなくて、グリップをしっかりと握った状態でクラブを前に垂らしてあげると、自然にある程度の場所で止まると思います。

その状態で腕だけ下げると、左胸の上に左腕が乗って止まります。

そしたら、骨盤からお尻を後ろに突き出すようにおじぎをします。

そして、膝を前に少し折ります。

そのように構えた時に、クラブがソールした場所にボールがあれば、そこがその番手の「間合い」になります。

この時の注意点としては、背筋をしっかり伸ばしてお尻をグンと突き出します。

そして、軽く膝を折っている状態。

「骨盤」からしっかりと前傾することを意識してみましょう。

そしてベルトですが、普通に立っているときは水平のイメージですが、骨盤を前傾しますからベルトが斜めになるようなアドレスを取れるようなイメージがあると良いと思います。

そして、その時の目安としては、「腕の付け根」「膝」「足の親指の付け根」が、横から見て一直線上になるような姿勢をとります。

体重の掛かっている場所は、「母指球」と言って土踏まずのちょっと前、足の親指の付け根の膨らんでいる場所です。

両足のこの場所に体重が掛かっている状態です。

かかと体重になりすぎたり、つま先体重でもなく「やや前」という形です。

ここでの注意点としては、首の力を抜いて下を見てしまうと背中が丸くなってしまうので、なるべくアゴを引いて高い目線でボールを見ることが大事です。

【長岡プロのゴルフレッスン】初心者向け「構えるときのポスチャー(姿勢)」

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, ポスチャー, 長岡良実 , ,