ドライバーでのスライスの直し方【講師 プロコーチ・小原大二郎氏】

   

スポンサードリンク

プロコーチ・小原大二郎氏:こんにちは、小原です。

スライスをしてしまうという点を深く考えていくと、どういう現象がおきているのか?と言うと、単純ですがボールが右に曲がっている訳ですね!

そして、このボールが右に曲がるという事は、インパクトの瞬間にクラブフェイスがターゲットよりも右に向いて当たっているから右に曲がってしまう訳なのですが。

その原因を作っている一番大きな要素。
それは、実はグリップの握り方にある方と言うのが、とても多いです。

レッスンをする中でも、難しいスイング中の動作を直すというよりは、グリップ自体がとても右に曲がりやすいグリップになってしまっている方がとても多いです。

そして、自分にとって正しいグリップと言うのは、実はその方その方によって微妙な変化があるものです。

一概にこの形という形ではなく、人それぞれ違うという事なのですね。

まず、実際に今からやりながら説明していこうと思うのですが、一番大事なのは左手の持ち方です。

このように構えた時に、左手のグリップを握る訳なのですが、この時に大事なのが左手の向きです。

向きと言うのは、こういう風に色々に変化させることができるのですが、スライスしやすい方と言うのは殆どの方がこのように左手の親指の位置が反時計回りに回ってしまっている、いわゆるウイークグリップという形になっている方がとても多いです。

このようになってしまいますと、スイング中にどうしてもフェイスが手の甲側に捻られて右に向いてしまいやすいのですが、何故かというと人間の骨格と言うのはそもそも力を抜いた時に、手は少し斜めになっている訳なのです。

ですから、このようなウイークグリップにすると、遠心力が加わった時に手がこのように骨格通りに引っ張られて右に向きやすくなっています。

スポンサードリンク

という事は、骨格通りにクラブを握るように注意すれば、インパクトでフェイスがスクエアに戻りやすくなるという事に気が付いたと思います。

ぜひ、スライスされる方は一度ダラ~ンと腕の力を抜いて、自分の手が斜めになった角度をそのまま受け入れて、グリップを握るようにしてみて下さい。

そうすると殆どの方が、グリップの真ん中に記してあるロゴマークの若干右側に親指が来るようになる筈です。

これを、ややストロンググリップと言うふうに表現したりするのですが、若干ストロンググリップに握ることがボールを大きく曲げないためにはとても大事なグリップの形となる訳です。

スライスする原因と言うのは、人それぞれたくさんの原因がある訳なのですが、ボールが右に曲がる原因を作っている要素として、グリップが間違っている方がとても多いです。

もし、あなたが今スライスに悩んでいるのでしたら、まず最初にこのグリップの握り方がウイークグリップになりすぎていないか?という事をチェックして下さい。

自分の手の骨格通りのグリップの形が作れているのか?

もし、骨格通りに握ってもスライスするようでしたら、それよりもほんの少しでしたら右にズラして握ってみても良いのかなと思います。

そうすることで、ボールの飛び方を観察してみて下さい。

その時に、スライスの度合いが小さくなるようであれば、その握り方が自分には合っているという事です。

注意点としては、「やりやすいか」「やりにくいか」で判断しないことです。

必ず正しい方法でも、いつもと違ったやり方をすれば「やりにくく」感じる筈ですが、打ったボールを見て判断するという事が大事です。

ぜひ、自分に合った形を見つけて頂きたいと思います。

ドライバー スライス 直し方

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スライス, ドライバー, 小原大二郎 , ,