松山英樹プロのスイング分析-アイアン編-【解説 芹沢信雄氏】

   

スポンサードリンク

松山英樹プロのスイング分析-IRON-

芹沢信雄プロによる解説:松山選手のアイアンです。

基本的に、彼はドライバーとスイングが変わらないタイプです。

ただ、アイアンの場合(これはミドルアイアンですが)多少ドライバーよりウエイトが少し左に掛かっていると思います。

ボールの位置も少しセンターですね。

クラブの上げ方は全く同じですよね、肩からですね。

よくアマチュアの方はこの時点で上げてきた時に、ヘッドが先に上がってしまう方がいますよね。

これを見ても分かるように、左腕とシャフトが真っ直ぐですよね。

それだけ肩から入っていると言う事です。

で、ドライバーと同じように右足の内腿内転筋の絞りですね。

ここに壁がありながら、ボールに対して顔は真正面を向いています。

そのまま上げて行きますね。

これが完璧にトップまで行った瞬間に、このプロの特徴である切り返しですね。

先に下半身がちょっと沈んでいます。

そして、この下半身リードをするからこそ、トップとの間ができてこの時点でクラブが溜まる。

地面と腕は平行ですが、クラブは直角に立っているLですね。

レクサスのLです、そう覚えて下さい。

この時、腰は左へ回ろうとしていますね。

それでクラブが右脇が閉まったまま、上から入って来やすい状況を作っていますね。

ですから、少し顔が残ったまま大きなフォロースルーで、しっかりとフィニッシュで止まれる。

スポンサードリンク

後方(側面)からです。

これも凄く大事なのはスイングプレーンですから、ショルダーから左腕のシャフトが一体感を持って腰の高さまで来ます。

で、ここでトップスイングの時の腰を見て分かるように、腰が少し我慢をしています。

やはり、ドライバーに比べると少しコンパクトになりますよね。

トップに上がった瞬間に、下半身が一回動きます。

そしてクラブが・・・ここですね、腰が正面を向いていますよね、なのにクラブがまだここにいると言う事は、それだけ時間差で来ますからクラブの捻転・・・。

ここからの、腰がもう左へ回ろうという力が上半身との捻転の差が出て、一気にインパクトからフォローに出てきますから、日本人には稀な高い球、そしてヘッドスピードが出ますしフォロースル―も大きいです。

上から攻められる選手ですよね。

ですから、本当にハイボールを打てる選手と言うのは久しぶりに松山選手ぐらいだと言うぐらい、アイアンの精度も凄いですし高さも素晴らしいですね。

松山選手のアイアンを見て頂ければ分かるように、彼のアイアンの精度と言うのは世界でも5本の指に入る素晴らしいスイング・バランスをしていると思います。

ですから、真似しようとするのは大変に難しいですけれども、アイアンを無理やりに打ち込むのではなく、払う気持ちで打って行っても体重のウエイトが最初から左足に乗っていれば、ドライバーとは違ってダウンブローに入れます。

無理やりに突っ込んでダウンブローに打とうという意識は無くして頂ければ高いボールも打てると思いますから、ぜひ皆さんも練習してみて下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アイアンショット, 松山英樹 , ,