アプローチ(6)左足上がり【中井学ゴルフレッスン】

      2016/01/24

スポンサードリンク

ゴルフの考え方ががらりと変わる、上達の為の基礎知識!

スイングイメージ大転換!中井学のフラれるゴルフ ― アプローチ編 ―

【中井学ゴルフレッスン】アプローチ(6)左足上がり

中井学:グリーン周りの状況別アプローチ法!今度は左足上がりにやってきました。

非常に強い傾斜です。

ここでのポイントは、2つの打ち方を用いる事です。

で、何によってその打ち方を変えて行くか?

答えは、ピンの位置なのです。

今、グリーンエッジからだいたい5ヤード。

ピンはここから15ヤード以上向こうにあるのですが、このようにピンがエッジから離れている場合と近い場合、この距離の差だけでこれからご説明する2つの打ち方を打ち分けて下さい。

 

【Lesson 6】状況別アプローチ -左足上がりー

まずは、このようにピンがグリーンエッジから遠い場合。

この場合は、足をある程度使ってランニングアプローチで攻めて行きたいのです。

じゃあ、それに対してどうするか?

まず、通常これだけ左足上がりがキツイと、通常に打った時のクラブのロフトもかなり増えてしまいます。

ですので、この角度に沿って上にポ~ンと上がってしまいます。

その結果、平坦なところでのバックスイングでは、キャリーが届きません。

なので、「振り幅を大きくすれば良いじゃないか!」という風に感じるのですが、この目で感じる見た景色と、実際にそれを平行に振り幅を大きくしていくと言うのは、かなり高等な技術なのです。

非常に難しい!

では、その距離のある分、球を少し強めに打ち出して足を多く使う!

ですから、転がしを多く使うと言う形でイメージします。

じゃ、その場合はどうすれば良いか?

まず、セットアップを鉛直、重力に対して真っ直ぐバランスが取れるようにして下さい。

ですから、この場合は左足が高い訳ですから、当然左の膝が曲がって右の足と調節をします。

スポンサードリンク

ですから、結果的にこのように左が高いですから、左ひざが少し多めに曲がっています。

右膝が少し伸びています。

この状態のままで打つと、左の膝がじゃまですから、膝が目標に対して平行になるように、少し左足を後ろに下げて下さい。

あとはこのまま真っ直ぐに打とうとすると、クラブはこのように地面に突き刺さってしまいます。

ですから、地面に突き刺さらないようにするにはどうしたら良いのか?

そう考えた時に簡単なのが、傾斜なりに振ると言う事なのです。

ですからこの場合はクラブをインサイドに入れて、そのまま目標よりもアウトサイド方向にヘッドをポ~ンと押し出してあげる形・・・!

このイメージで振って頂くと、このように回転の円が少しズレますので、結果的に傾斜に対してぶつかる事は無くなります。

目標よりも、この場合は1ピン右方向にインサイドアウトに振って行く・・・。

この時のポイントは、フェイスの面をこのようにインサイドに上げた時に開かずに、必ず少し閉じた状態。

アドレスの時のフェイスの面を変えないで、インサイドに振って行きます。

そのままヘッドをアウトサイドに出していく。

手元をアウトサイドに出さないようにして下さい

そうすると、このようにヘッドが浮いてしまいます。

では、やってみます。

このままで・・・(ショット)

こうすれば、クラブに傾斜がケンカすることなく、きれいに抜けて足の出るランニングアプローチができます。

 

今度は、ピンがエッジのすぐ横に切られている場合。

この場合は、球をある程度高く上げて、ゆっくり止めたいものです。

この場合は簡単です!

先ほど転がす時は、重力に対して真っ直ぐに立つ!

それに対して、今度はこの傾斜に対して平行に立つ、これだけで良いのです。

ですから、なかなかこれだけ傾斜が強いと、狭いスタンスではバランスが取れません。

ですのでスタンスを広げて、できる限り傾斜に対して平行に立って下さい。

後はこのまま、同じように胸を左右に向けて振るだけ。

ではやってみます。(ショット)

このように軽くボールが上がって、球の重さでピタッと止まるアプローチが打てます。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アプローチショット, スイング基礎, 中井学 , ,