【ピッチショット】GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」―アプローチ編―

      2016/01/11

スポンサードリンク

GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」アプローチ編 ―ピッチショット―

石井麻貴:今日のレッスンは何ですか?

インストラクター・福永文香:はい、今日のレッスンはピッチショット!

石井:ピッチショット!

福永:今までやってきたチップショットとピッチ&ランだと、どうしてもハザードと言うのが邪魔になってきますので、高さを出してトントンと止めるような・・・。

石井:ポ~ン、ピタ!っていうショットですよね。

福永:ピタッと来れば大きいですね。

石井:ピタッと来れば! はい!

【Lesson Start】

福永:では、打ってみます。

石井:はい、お願いします。

福永:(ショット)

石井:うわ~~~、スッゴイ高く上がりましたね!

福永:一番上がりましたね・・・。

石井:それは、結構上に上げるんですか?

ちょっと後ろにいたので、「上がってる」と思って・・・(笑)。

福永:そうですね、一番振り幅は大きく見えるかもしれないですね。

っていうのが、9時から3時まで行きましたね。

石井:9時から3時まで・・・。

スポンサードリンク

福永:はい、チップショットとピッチ&ランと言うのは、8時から4時・・・。

で、小文字のyの字をキープして振っていましたので、だいたいこの辺で収まっていたのですけれども、この手首の動作ですね、コックと言うものが入って来るので、どうしてもヘッドの動きが大きくなってしまうんですね。

これがボールを上げるコツになってきます。

石井:はい。

(スタンスの)幅とかも一緒なんですか?

福永:ボールの位置と言うのが、チップショットは右足の前、ピッチ&ランは真ん中ぐらいで、さらに右足を開きます。

石井:重心は?

福永:だいたい5対5! これはノーマルの時ですね。

傾斜とかが入って来ると、また変わってきます。

石井:(ピッチショット)

福永:3パターンやってみましたが、どうでしたか?

石井:いや、3種類あることにまずビックリしたんですけれども。

福永:できれば、転がす状況があるのであれば転がしを優先、転がせないのであれば上げる振り方をしっかり取って行く。

これがミスを減らすためのコツだと思います。

石井:あとは練習します。

福永:そうですね。

石井:ハイ!

 

今回はピッチショットを習ったのですけれども、決まった瞬間が一番気持ち良いショットでした。

3種類のショットの中で、一番気持ちの良いショットでした!

これを、たくさん活用したいと思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アプローチショット, スイング基礎, ピッチショット・チップショット