【アプローチショット・ピッチ&ラン!】GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」―アプローチ編―

      2016/01/11

スポンサードリンク

GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」アプローチ編 ―アプローチショット・ピッチ&ラン!―

石井麻貴:今日は何のレッスンですか?

インストラクター・福永文香:はい、今日は前回のチップショットからピッチ&ラン、上げて転がすという風に変化させてみましょう。

石井:はい。

福永:チップショットをおさらいでもう一度やってみますね。

ボールの高さなんかを見ておいて下さい。(チップショット)

石井:低いですね・・・。

福永:今度はピッチ&ランです。(ショット)

石井:チップショットよりちょっとフワッと上がる感じなんですよね。

福永:うん、そうです。

今の打ち方の違いって分かりました?

石井:え~っと、ちょっと足の幅を広げてましたか?・・・。

福永:お~~~、よく気付きましたね!!!

そうなんです!そこしか変えてないです。

はい、打ち方と言うのは、チップショットと何も変えていないんですね。

ただ、ボールの位置が右足を少し開くことによって、少し中に入って来ると言う事です。

スポンサードリンク

ですので、当たってくる角度なんかも変わってくるんですね。

この右足の前にボールがあると言う事は、ボールの左側に自分の重心と言うものがあった訳です。

それが、右足を少し開くことでボールが体の真ん中に来ることによって、だいたい(左足)6対4(右足)ぐらいに変化してくるんです。

石井:はい、6対4!

福永:なので、角度がちょっと急激な角度から、やんわりと少し横から入るような感じになると言う事なんです。

じゃ、ちょっと打ってみましょうか!

石井:はい!(ショット)

先生、できました!

福永:はい、いい感じのボールの高さが出て、最後に転がると言うね、自分が思い描いたボールができたんじゃないかなと思います。

石井:(足を)開いただけで浮くと言うのが、もうビックリしました。

福永:そうですね、変化と言うのはそこだけなので、チップショットを一生懸命に練習して頂ければ、2つのパターンが直ぐにできるようになりますので・・・。

石井:はい、これも活用したいと思います。

ありがとうございます。

 

今回は、ピッチ&ランをレッスンして頂きました。

これで、チップインを目指したいと思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アプローチショット, スイング基礎, ピッチショット・チップショット , ,