【曲がるラインの打ち方】GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」―パッティング編―

      2016/01/11

スポンサードリンク

GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」パッティング編 ―曲がるラインの打ち方―

 

中里さや香:先生、今日のレッスンをお願いします。

インストラクター福永文香:はい、今日は曲がるラインです。

なかなか、1パット目と言うのは非常に大事ですよね。

ちょっと、こういう大まかな流れのラインからイメージを取って行こうかなと思います。

中里:ハイ!

 

【Lesson Start!】

 

福永:じゃ、一度このラインを打ってみましょうか!

普段通りで・・・。

中里:はい。(パッティング)

いや・・・!!!(笑)

福永:見えてました???(笑)

中里:構えたら、あっちに行っちゃいました。

福永:あっちに行っちゃいましたね・・・。

ここでポイントなのが、放物線!

曲がるラインのイメージを作る時に、仮想のカップと言うのを見つけないといけないんです。

中里:仮想のカップですか?

福永:そう!

本来はそこにある訳じゃないんですけど、だいたいこの辺から曲がるかな?とイメージされたらどうですか?

ここに仮想のカップがあると思うんです。

ここに1個カップを作るんです、曲がり際のところ・・・。

曲がるテッペンですよねだから、放物線のテッペン・・・。

ここにカップがあると思って、そこに打つんです。

スポンサードリンク

そこに合わせて素振りですよ、まず素振りです。

「このくらいかな?このくらいかな?」で、だいたい合ってきたら本番に入って、そこに合わせて打つ・・・。(パッティング)

ヒュ~っと、こう流れに沿って曲がって行く訳ですね。

ちょっと、もう一度打ってみましょうか?

中里:はい!

じゃ、先生が指しているところまでをジャストで打って・・・。

だいたいこれくらいかな・・・。(パッティング)

福永:お!いい感じ!!!

中里:行け行け行け!!! 惜しい!!!

福永:お~~~! グッと良くなりましたね。

中里:ハイ!

福永:うん、まあこれくらいだったら凄く・・・。

中里:でも、そんなに打っていないんですけど、曲がりましたね。

福永:ス~っとね。

カップまでのイメージだと、カップまで打って、そこからがあるでしょ?

中里:あります!

福永:だから、カップまで打っちゃうと、そこから減速が始まるので、あれだけ流れて行ってしまう訳ですね。

中里:凄い勉強になりました!

福永:ハイ!(笑)

 

中里:今回は「曲がるライン」と言う事を、レッスンして頂きました。

曲がるラインの時は「曲がりだす点のところに架空のカップを置く」と言う事をやりました。

あんまりイメージも湧かないと思うのですけれども、そこをすごく舐めまわすように観て、カップを作って、そこに対して打って行く方法をしてみたらいいんじゃないかな!

と言う風に私も思いました・・・。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, パッティング , ,