【パターの基本!】GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」―パッティング編―

      2016/01/11

スポンサードリンク

GOLULU x「Stylish Golf in SEAGAIA」パッティング編 ―パターの基本―

中里さや香:今日のレッスンンは?

福永文香:今日のレッスンはパターです。

中里:パターですね!

福永:はい!

どうですか?パターは・・・。

中里:パターはそんなに苦手意識は無いのですけど、でも下りとかだと怖いですよね・・・。

福永:ま、基本的な打ち方からちょっとやって行きましょう!

中里:ハイ! よろしくお願いします。

 

【Lesson Start!】

福永:では、パターなのですけれども、まずグリップから入って行きましょう。

中里:ハイ!

福永:基本的には、何だかんだ言っても「パターのグリップに定型無し」と言われるぐらいなんですよ、実は・・・。

ただ、ベースはあります。

まずちょっと、手のひらをこういう風にすぼめてみましょう。

親指の溝が出てきますので、この溝がこのパターのグリップの角に当たるように握ります。

なんかこう方向性が出ないな!と言う方は、だんだんと人差し指を出してみたり、出しては見たものの何かこう指で押しちゃうな!となって来ると、今度はまた引っ込めてみたりとなって来るんですね・・・。

スポンサードリンク

ボールの位置なんですけれども、なるべくボールは左目の下です。

中里:左目ですか?

福永:うん、左目!

目の面まで合わせてあげたほうが良いです。

【ポイント】
左目の真下にボールを置くと、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに打ちやすくなる。

 

福永:そうすると、だいたいボールとカップを結んだ線と、目とカップを結んだ線も、なるべくこの2本が平行になるように・・・。

中里:はい。

福永:地表面のラインと目とカップを結んだラインが、なるべく平行になるように。

ここが一番大事なポイントですね、ハッキリ言ってしまえば!

中里:はい・・・。

福永:結構、凄く大事な事ですよ!

で、さらにですね、このパターのソール!

これ船底みたいにアーチ状になっているんですね、微妙に。

ペッタリじゃないっていう事。

このスポットの範囲をなるべくペッタリ着けて下さい。

打つ前の準備に関しては、このくらいのイメージでしょうね。

もっと大きく言えば、足はグラグラしないとかそういうイメージもありますけれども・・・。

 

中里:今回はパターの基本編と言う事で、レッスンをして頂きました。

パターを見る時に左目で見る、ボールをですよ!と言うのを私は初めて聞いたので、今度からはラウンドでそれをやってみたいと思います・・・。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - グリップ, スイング基礎, パッティング , ,