アプローチ(1)基本の考え方【中井学ゴルフレッスン】

      2016/01/11

スポンサードリンク

 

ゴルフの考え方ががらりと変わる、上達の為の基礎知識!

スイングイメージ大転換!中井学のフラれるゴルフ ― アプローチ編 ―

【中井学ゴルフレッスン】アプローチ(1)基本の考え方

中井学:ティーショット・セカンドショットと成功して、グリーン周りにやってきました。

ここから大きくスコアを崩してしまう方がとても多いのです。

と言う事で、今回からしばらくの間このグリーン周りにおける様々なアプローチ法を御伝授したいと思います。

【Lesson1】アプローチの基本的な考え方

グリーンサイドの花道にやって来ました。

ボールからピンまでが23ヤード、でボールからエッジまでが10ヤード、エッジからピンまでが13ヤードといった状況です。

ここで、多くの方はアプローチにサンドウエッジやアプローチウエッジを持ってピンを狙おうとする方が多いと思うのですが、ご覧下さい!ここで敢えてパターを持って来ました。

で、「アプローチの基本というのは転がし!」という言葉を多くの方がお耳にされたことがあるかと思います。

何故かと言うと、まず何よりもグリーンに乗せる、次のストロークを必ずパターで行う、これがまずグリーンサイドにおけるゴールと言う風に考えて下さい。

で、状況を見てもご覧のように、まずピンの奥がほぼ下っていて何も見えません。

で、左に少しでも引っ掛けると、このように大きなマウンドがあります。

特にこのライは傾斜地で、左足が上がっています。

これだけでも例えばサンドウエッジで打つと、打った時に傾斜に対してクラブが刺さってしまって、大きなミスになり兼ねません。

スポンサードリンク

【アマチュアのアプローチ】

テレビとかで多くのプロは、ここからパターを持つことは絶対にありません。

ですが、なぜかと言うと、それだけ多くのプロはシャクリやザックリのミスをするという想定を持って打っていません。

要は、失敗をするイメージを持って打っていないのです。

多くのプロは、カップインまで想定してアプローチショットを打ちます。

ですから、この場合カップに入れると言う事を考えると、サンドウエッジを選択すると言う事が一つ大きなポイントになるのですが、ほとんどの方はまず何よりもここでザックリやトップのミスを抑えて、次は必ずパターを持ってあわよくばここから2打で上がるという事を考えるべきです。

そうすると、一番適切なのがこのパターを選ぶこと、ボールを転がして行くことなのです。

転がすことによって、大きくトップやザックリというミスをすることが防げます。

ですから、次をとにかくパターで打つためには、何よりもまず転がし上げる事を選んで頂きたいのです。

で、10ヤードもあります。

「え!、こんな景色からパターで打てるの?」とおっしゃる方も多いと思うので、まずお見せします。

このように通常通りに構えて、そのままロングパットの要領で打って行きます。

今のストローク幅だけで、1ピン以内にボールは寄っています。

ですから、もう次は1パットで沈めるという状況が生まれる訳です。

ですから、まず何よりも、どの場所においても「転がすことが出来るのか?」と言う事をまずチェックをして頂いて、特に推奨したいのはエッジから10ヤード以内に入っていた場合は、まず何よりもパターを選ぶという選択肢を頭の中に入れてクラブを選んで下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - アプローチショット, 中井学 , ,