スイング(4)理想的なグリップ【中井学ゴルフレッスン】

      2016/01/11

スポンサードリンク

ゴルフの考え方ががらりと変わる、上達の為の基礎知識!

スイングイメージ大転換!中井学のフラれるゴルフ ― 基礎編 ―

【中井学ゴルフレッスン】スイング(4)理想的なグリップ!

 

中井学:このように美しくスイングしたい、もしくは気持ちよくボールを飛ばして行きたい、そういった方々はぜひ体を中心としてクラブを振って行くスイングを目指して頂きたいのです。

実はアメリカやヨーロッパなどの国の方々のスイングというのは、ほとんど腕を使わず体の回転でクラブを振っています。

で、なぜそういう風になるのか?

そのポイントをこれから順にお教えしていきたいと思います。

まずはグリップから・・・。

 

【Lesson4】スクエアグリップを身に付ける!

グリップは皆さんご存知かと思いますが、非常に大事な部分です。

何故か?

クラブと御自身の唯一の接点だからです。

ですから、「正しく継続して同じ形で握れること」それがまず一つの大きなポイントになります。

では、どのようにして正しいグリップを身に付けて行けば良いのか?

ポイントはかなり多いのですが、ここではしっかりと皆さんに覚えて頂きたい基礎的なポイントをお教えしていきます。

まず、俗に言う「スクエアグリップ」と言われているものがあります。

その「スクエア」というのは何なのか?

昔は、このように左手のグローブの甲に付いたエンブレムが、完全に目標を向くグリップが「スクエア」だったと言われていました。

でも、実は今のグリップというのは左手のグローブの甲に付いたエンブレムが自分で軽く見えるぐらいがスクエアとされています。

何故か?

実は体の構造にあります。

このように、まずは楽にダラ~ンと腕を垂らして、立ってみて下さい。

そうすると、このように両手の親指は少し内側を向きます。

大抵の方はこのように外に向く方は非常に少なくて、力を抜けばこのように親指は内側を向きます。

この位置が「スクエア」もしくは「ニュートラル」なポジションになります。

この手のポジション、これが常にスイングを繰り返した時に正面に勝手に戻って来る「ニュートラル」そして「スクエア」なポジションなのです。

何よりもまず、体が動くことによって勝手にクラブが戻って来るスクエアなグリップを最初に身に付けることをお勧めします。

スポンサードリンク

 

【Drill】スクエアグリップの作り方!

では、どのように握れば良いのか!

まず、クラブをライ角通りにソールをして下さい。

そして、ダラ~ンと力を抜いて、このように腕を垂らしてみます。

後は、左手の前でつまむような感覚で持って頂くと、正面に戻して来れば勝手にスクエアなグリップになります。

じゃ、どのような感じでクラブが持たれているのか?

正面で手を開くと、指を中心としてつまむような形で握っています。

で、多くの方がグリップで間違える時というのは、この手の平を使ってグッと鷲掴みに握っていらっしゃる方が多いです。

そうすると、クラブがこのように落ちてしまうので、上手くヘッドを振ることができません。

ですので、このように「指を中心としてつまむ」という感覚をまずは覚えて下さい。

そして一つポイントとしては、人差し指もしくは中指でグリップを支えた時に、左手の小指の下にあります膨らみと指を使って2点で引っ掛けられる状態。

この状態になっていれば、グリップは正確だという風に認識して下さい。

ですからあまり難しく考えずに、左手の前で普通にグリップをして頂くと、この条件を満たしたグリップになります。

ですので、もしグリップをチェックする場合は、このように指と小指の下の膨らみでクラブを引っ掛けられる、そういう風にして下さい。

で、次に右手なのですが、右手はこのように左手と同じように親指が内側を向いています。

ですから、こうなるのではないかと思われる方が多いのです。

ですが、実はこれは違います。

なぜ違うのか?

実際に正しくインパクトをした時に、右腕は飛球線方向に対して圧力を掛けている。

その時に右肘というのは、実は伸びずに曲がっているのです。

ですから、インパクトをしている時には、実は右腕というのはかなり大きな角度で曲がって球を打っているのです。

ですから、右肘がインパクトを迎える時のように曲がって行くと、このように手の平も開いて来る訳ですね。

この、少し軽く曲げた状態で左手に対して添えて頂くと、グリップは完成していきます。

で、この時のポイントですが、右手はこの中指と薬指の腹の部分が当たるように握っていきます。

そうすれば左手と同じように、指を中心としてつまむ感覚になります。

何よりもまず、体が動くことによって勝手にクラブが戻って来る「スクエアなグリップ」をまず最初に身に付けることをお勧めします。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - グリップ, スイング基礎, 中井学 , ,