スイング(1)ドライバーで転がそう!【中井学ゴルフレッスン】

      2016/01/11

スポンサードリンク

ゴルフの考え方ががらりと変わる、上達の為の基礎知識!

スイングイメージ大転換!中井学のフラれるゴルフ ― 基礎編 ―

【中井学ゴルフレッスン】スイング(1)ドライバーで転がそう!

 

中井学プロ:こんにちは、中井学です。

皆さん楽しくゴルフをなさっていますでしょうか?

実際にゴルフスイングを覚えるにあたって、最低限の基本を今回は御伝授したいと思います。

 

【Lesson 1】球が上がる仕組みを知ろう

練習場で球をお打ちになっていて、周りをご覧になった時に千差万別の色々なスイングをなさっている方がいると思うんです。

で、なぜあのようにただ真っ直ぐに飛ばすだけで、いろんな打ち方が発生してしまうかというと、まず一つ大きな誤解があるのです。

まず、練習場に来てやはりパ~ンと気持ちよく上がって飛んで行く球、それをやはり打ちたいというのを目指していらっしゃるのですが、その球を上げる構造を理解していない!

それによって、結果的にスイングがおかしくなってしまう傾向があるのです。

で、どのように考えているのかというと、大抵の方はクラブのロフトと言われる角度を上手くキープしながら球をすくい上げようとする。

イメージとして、このボールをそのままヘッドのこの角度で上手くすくって球を浮かせて行く、そういう風に思っていらっしゃる方が非常に多いのです。

で、実際にはこの球が上がる構造というのは、もちろんロフトと言われる角度によってボールが上がっていくのですが、今やらせて頂いたように下からこのようにクラブが入って来てすくい上げる動きではなく、クラブがある程度このように上から入って来て、まずボールに当たります。

そして、ボールはこのようにクラブが下に入って行く動きで発生する(バック)スピンによって球が上がって行く!これが実は本当の球の飛び方なのです。

スポンサードリンク

ですから、このようにクラブを動かして球を上げるためには、実は感覚的にボールを上げるような動きを取ってしまうと、このようなクラブの入り方が起こりません。

逆にクラブを煽らせてしまう事によって、実際にクラブがボールに対して下から上に入ってきます。

そのために、このように頭を打ってしまってボールがバックスピンを起こさずに逆回転をしてしまう。

ですから、結果的に球が全く上がらなくなってしまうのです。

ですからまず基本としては、球はクラブが上げるものであってご自身で上げるものでは無いと言う事を念頭において頂きたいのです。

 

【Drill】クラブで球を上げる練習方法!

打ち上げることによって起こるエラーを防ぐために、一つ練習法をご紹介します。

では、まずドライバーを使って球を打つ訳なのですが、いつもは上げようとしていることを一旦やめて下さい。

で、普通にドライバーで構えて頂いてそのまま打って頂くのですが、まずは地面を這うように転がして頂きたいのです。

このようにボールを上げようとせずに、ただ転がって良い・・・。

転がすイメージで打っても、今のように実はボールは上がって行きます。

あれはもう完全にクラブがボールを上げてくれている訳です。

で、まずはとにかくコロコロっと手前に転がってもかまいませんから、まずはこのように転がすイメージでどんどんと打って頂いて・・・。

で、そのあとにアイアン(ショートアイアン)に持ち替えて頂きます。

では、今度は持っているのは9番アイアンです。

で、9番アイアンで今のドライバーで転がした動きと同じような動きを9番でも打ってみて下さい。

そうすれば、球を上げる意識がなくてもクラブが勝手にボールを上げてくれる。

この感覚が、スイングの色々なおかしな動きを防いでくれます。

ですから、まず一つ目のキーワードは「転がす!」です。

ぜひ、トライしてみて下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - ドライバー, 中井学 , ,