ドライバーで芯を喰うための上半身の動きとは?後編【講師 ティーチングプロ坂本龍楠氏】

   

スポンサードリンク

【ドライバーで芯を喰うための上半身の動きとは?後編】

 

 

DVD付 YouTubeで大人気レッスンがこの一冊に!! 100切りお約束 逆説のゴルフ

 

動画ティーチングプロ坂本龍楠:基本的には、クラブと体と腕をこのように同じタイミングで動いてくれた方が当たりやすいですよと言う事です。

この動きで右を向いて、体が真っ直ぐ向いて、左に向いて行く・・・。

このように打てば良いのですが、実際のスイングでそのように打とうとすると、体が先に開いて行ってしまうイメージになってしまいます。

だから、イメージとしては右に向いている時間が長いほど左肩が上がらないと言う事をイコールにしてもらって、なるべく向かないでインパクト!

スポンサードリンク

正面になっている瞬間は一瞬で素早く左に向いて行く、という感覚です。

向かないで回る時に一気に向きを変える!

ただ、その間に腕がダウンスイングと言って、我慢している間に少しクラブが下りてきますので、我慢している間にクラブが下ろせるようになってくると、勝手に後はクラブが良い軌道で回ってくれますので・・・。

それを自分でクラブを振りに行くとクラブが横に垂れてしまいますので、向きを変えてそのまま我慢してクルッと回る、クルッと回る、みたいな感じでイメージして頂くと・・・。

ですから、右に向いている時間が長い状態でダウンスイングという状態に入って頂くと上手くタイミングが合ってくるようになると思います。

今はまだ、右を向いて一気に左に向く、肩から動いて頂いているのですが、向く度合いが直ぐに体が正面に向いてしまいますので、少しダウンスイングと言って、打つときに我慢してから一気に向きを変えるようなイメージを持っていただくと、引っかかるのもインパクトの詰まりもだんだんと無くなってくると思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - ドライバー, 坂本龍楠 , ,