ドライバーで芯を喰うための上半身の動きとは?前編 【講師 ティーチングプロ坂本龍楠氏】

   

スポンサードリンク

【ドライバーで芯を喰うための上半身の動きとは?前編】

 

 

DVD付 YouTubeで大人気レッスンがこの一冊に!! 100切りお約束 逆説のゴルフ

 

ティーチングプロ坂本龍楠:下半身主導のスイングをしていたら、おそらくこう(右肩が下がる)なってしまうので、僕の動画を見て頂いて「上半身からこう回していくぐらいの気持ちでいいですよ」と言っていたのですが、フックが強くなってしまったというご質問を頂きました。

基本的にフックが出るのは、下からクラブが入ると言って左サイドがこうやって浮いて行ってしまうので、どうしてもクラブが背中側から垂れると言うのですけれども、このように重りがここに(クラブヘッドに)付いていますので、クラブが左が上がってこのように倒れてしまう傾向にありますので、

スポンサードリンク

その傾向が少し出て、右に出るボールをクラブをひっくり返すとフックになってしまうので、その傾向が出ているのだと思います。

左肩の動かし方なのですが、振らない場合ですと左肩をこのようにねじって頂いて、股関節から上の肩を全部右にこうやって見せて頂くと、これでねじった状態になります。

股関節と肩!

そうすると、体が前傾と言って前に倒れていますので、左肩が低い状態で股関節も少しこのように平行に低い状態になります。

ですから、この低い状態をどれだけ維持できるかというのが、起き上がったり伸び上がったりするのを防いでくれる唯一の方法というか・・・。

結局、皆さんはこうやって左が浮きながら行ってしまうので、クラブが下から入るという状況です。

それをいかに左が低いまま打つか!と言う事が大切になります。

その感覚として大事なのが体の正面でボールを打つという、この体のタイミングでクラブを持っていて、体とクラブが一緒に動いてくれるということがまず大切になります。

これが基本です、まず。

体が右に向いて、体が真正面に戻ってきて左に一緒に向いて行く!こういうイメージが大切になってきます。

それが、下半身主導とかでズレたりして、やっぱり球が当たらなかったり、最初の人は腕だけでこうやって打ちにいっちゃったりでタイミングが合っていないという場合が多いです。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - ドライバー, 坂本龍楠 , ,