下半身のパワーを効率的に伝える方法【森本光洋 リズムシンクロ打法】

   

スポンサードリンク

【森本光洋ゴルフ上達法】下半身のパワーを効率的に伝える方法

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

 

【質問】下半身のパワーを効率的に(クラブに)伝えるイメージが湧きません・・・。

ティーチングプロ・森本光洋:こんにちは。

このたびは「リズムシンクロ打法」のご購入とさらにメールでのご質問ありがとうございました。

先週のリズムシンクロ打法のリアルレッスン会が重なりまして、お返事が遅くなったことをお詫びいたします。

申し訳ございません。

まずですね、早速、質問文に対する回答ということになるのですが、バックスイングでパワーを溜める重要性・溜め方、そういったあたりの御納得は頂けているという事ですが。

次に質問文にあります、「下半身に溜めたパワーをどのように活かせばよいのか?」、さらにグリップの位置をトップスイングでそのまま置いておきなさいと、溜めを作るというところとですね、

さらに、「このパワーを意識せずに練習を重ねてシャフトのしなりが感じられるかどうか?」ということなのですが。

基本的に考えて頂きたいのは、スイングというのは基本的に腕でスイングする訳ではなく、足腰もしくは体の捻転の力でボールに力を伝えて頂きたいという事です。

まずこのことを理解して頂くのに非常に簡単な例えなのですが、腕よりも必ず足の方が皆さん筋力が強いわけです。

ですから、腕の力で一生懸命スイングをして力をボールへ伝えようとしても、なかなか腕だけの力では・・・。

特に私なんかは体力がありませんので、足腰を応用した足腰の力をいかにボールに伝えるべきか?というところを今まで非常に研究もしながらスイングの勉強をして、それを皆様にお伝えしているというところです。

また、単純に言いますと足の方が腕よりも力が強いので、足腰の力をボールへ伝えることが重要なのだという答えになります。

さらに、今回のご質問の「例えばどんなふうに力を伝えますか?」と言った時にですね、こういった下のマットの隅っこをちょっと利用するのですけれども。

こういうところに一旦クラブを軽く当ててみて下さい。

で、当てて(方向はあまり関係ないです)セットアップをしたような状態を作って頂いて、マットの端っこにフェイス面を当てているような感じですね。

で、こちら側(スイング方向)に力を加えると、シャフトのたわみというか湾曲していくのがわかりますね。

例えば、これを腕の力だけで伝える時。

例えば、トップスイングを上げて足腰のリードを入れてインパクトをした時。

ここで重要なのは、左ひざの角度や右足の抑え、そして両脇が必ず体へ閉まっている事。

こういった足腰の腰が前を向くような(膝は踏ん張って)形からこのマットを押そうとしてみて下さい。

こうすると、足の形を変えずに腕だけで押すよりもですね、足腰をリードした形でクラブヘッドをこちらにパワーを与えるような形。

こういった感覚を少しインパクトでの最大の力加減というのがどんなものか?というのをまず感じて頂きたいのです。

この時に一つ注意があるのですが、あくまでも足腰のリードが先にあってこそインパクトに力が伝わるという部分ですので、ポイントを一つ言っておきます。

スポンサードリンク

まずは、セットアップの状態・ダウンスイング・インパクト、ここへ入った時のスタイルとして、まず左足の角度がキープされている事。

もう一つは、右足の抑えですね。

こちらが十分にくるぶしが地面に向くような形で抑える。

もう一つ、キーワードとしては腰は膝を踏ん張ったまま回転していますが、胸が正面のボール側を向いている事。

この形が「最もクラブヘッドを通じてボールに力を与えられる体制である」という事を理解して下さい。

で、今の最も力の出る形のインパクトを作るためには、例えばバックスイングが出来上がって、手元から仮にダウンスイングをしてしまいますと、どうしても足の力を伝える準備ができる前にインパクトをしてしまうということになりますので、

表現としては、トップスイングで出来上がったグリップをそこへ残した状態から、足腰から入るのですよと・・・。

これは教材の中で言いますと、スイングの順番として1・2・3・4と動いたら4・3・2・1と動いた順番の逆モーションで戻りましょうという解説をしていると思うのですが、スイングの流れを作るだけでなく実は今のボールへ最も効率良く自分の足腰の力をボールへ伝えるための準備動作であると・・・。

要するに、トップスイングができていきなり手でダウンスイングをするわけではなく、足腰から入っていくことによって力を最大限に活かそうという目的がある訳です。

そういった意味で言うとですね、どうしてもクラブを手で握っていますので、手で振り下ろしたくなるという心境というのは皆さん同じなのですが、それをあまりにも手で合わせすぎますと体と手の動きもしくはクラブの動きですね・・・。

ご質問にもありましたが、シャフトのしなり、戻るところですね。

インパクトはしなりが戻ってきてインパクトしますので、そのしなりそのものがどうすれば効率よく使えるか?どうすれば力が最大限に伝えられるのか?という方法論と考えて頂いてよろしいのではないでしょうか。

さらに、スイングを円滑にしていくためにも、よく例えられるのはボールを投げる動作ですね。

野球のボールでもなんでも良いのですが、ボールを投げようとした場合に、いきなり腕で投げるよりも足腰を踏み込んでから投げるような動作を付けて行く、野球のピッチャーのようなイメージだと考えてもらうと少し理解ができるかもしれません。

さらに練習を重ねて、「足腰を踏み込んでからクラブが振れていくんだ」と言う事を考えていただければ、徐々に力の伝えられるスイングになっていく筈です。

こういった理解のご質問の中で言うと、全く異なると言う事ではなく、力を伝えるための順番としてのダウンスイングの足腰からというイメージですので、

そのあたりを頭の中でまずはイメージを取ってから、先ほどのボールを投げるようなイメージもしくは力の伝わるインパクトの形を作るためにはどのように切り返せば良いのか?というところを感じて頂ければ良いかと思います。

そのドリルの一つとして、時折見られたことがあるかもしれませんが、一本足の素振りというのをやりますね。

これでボールを打つわけではありません。

ちなにみに、頭の位置が左右にズレることもあまり気にせずに、ただ単にバックスイングで左足を上げたら踏み込んでスイング!

左足を上げて、踏み込んでスイング!

あくまでも、踏み込んでから振る!

こういった簡単な動作を意識するだけでもスイングの順番を守り、力のあるインパクトが徐々にですが体にイメージできてくると思いますので、ぜひお試し下さい。

では、ありがとうございました。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - リズムシンクロ打法, 森本光洋 , ,