コッキングにおける右手首の上手な使い方【森本光洋リズムシンクロ打法】

   

スポンサードリンク

【コッキングにおける右手首の上手な使い方(最速ゴルフ上達練習法)】

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

 

【質問】コック時の右手首の使い方がわかりません。

トップで右手首が外に折れてシャットにクラブが上がってしまいますが、どうすれば良いのでしょうか?

 

ティーチングプロ・森本光洋:このたびは、リズムシンクロ打法のご購入ありがとうございます。

今回の質問に対して微妙なニュアンスが多いので、動画にて回答させていただきます。

この教材の中で最後の方かと思うのですが、この2本のスティックを使ったドリルがあったと思うのですが、こちらでトップの位置での右手の収まりについても確認・学習ができますので、まずこちらから説明をしていきたいと思います。

ちょっと分かりやすくするために、右肘の位置を見えるようにしておきます。

この先端と手元側のスペースを同じにして頂いて、体の回転から縦へのコッキングを付けて行きましょう。

で、この時に繋げた場合でも分割した場合でも、右手の運動量もしくは左手の運動量、そのスピードや動く方向をチェックすることで右手が適正に収まっているかどうかということを確認できます。

ご質問の中にありました、「若干シャットフェイスになっているような気がする」と、そこでちょっと注意して頂きたいのが右肘のポジションです。

これは2本を一つの状態で持っている訳ですが、体の回転から縦へのコッキングを付けた時の右肘のポジションが、体に近いもしくは懐が狭い状態ですね、こういった状態になりますとどうしてもフラットな軌道になってシャットフェイスもしくは左手の甲が天井を指すような動きになりやすくなります。

スポンサードリンク

そこで、右肘と先ほどの左手の位置ですね!

もし、右腕が小さくなってしまいますと左手のポジションと比べると、ずいぶん運動量が違うことが確認できると思います。

この左手の動きにバックスイングでは右手の動きが合っている、もしくは左手を基準として右手の位置を確認して頂くという事も一つ大事な要素になりますので、まずこの2本のスティックでのドリルを確認してみて下さい。

さらにですね、今度は通常のクラブへ替えますが、通常のグリップをしていただいた後に自分のトップスイングをまず作ってみて下さい。

その際に、先ほどの右肘の懐の広さ高さですね、右肘が低い状態だと「若干シャットフェイスになりますよ」という状態が続いてしまいます。

そこで、体の回転から縦へのコッキングを入れた時のこの肘のポジション、さらに、トップスイングを作った後に左手を外してみて下さい。

この時に、実は右手というのは握っているというよりも、人差し指の付け根ですね、薬指と中指こちらでテコのような形です。

この状態で、トップスイング実は右手1本でバックスイングをした場合、これでトップの位置というのは決まっている訳です。

筋力を使っている訳ではなく、ここに小さなテコの原理が働いていると考えて下さい。

こちらは左手1本のドリルで、体の回転から縦へのコッキングをした際に「親指に乗っていますよ」という確認を同時に右手のテコにこちらでも確認ができるということになります。

ですから左手1本のドリルで、おおよそは右手の動きも連動している筈ですのでチェックができるのですけれども、実は右手1本のドリルでも同じような適正なトップの位置を作れているかどうかの確認ができる訳です。

このあたりは教材の中であまり詳しく説明をしておりませんので、この動画を回答とさせていただきたいと思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - リズムシンクロ打法, 森本光洋 , ,