【森本光洋ゴルフ上達法】ドライバーセットアップ

   

スポンサードリンク

【森本光洋ゴルフ上達法】ドライバーセットアップ

 


身長161㎝、体重52㎏でもドライバー平均270ヤードの飛距離を叩き出す!ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

 

【質問】:ドライバーでセットアップすると、ヘッドが左を向いてしまうのですが?

森本光洋ティーチングプロ:このたびはメールでの質問が届いておりますが、「セットアップをしたときの左首筋から鼻の前でグリップの位置・ヘッドの位置をアイアンでセットをした場合と、今回はドライバーのセットの仕方について」ご質問を頂きました。

手元のおへその前に今度はグリップが来、顔の前でクラブのリーディングエッジもしくはフェイス面ですね、こちらが地面と直角になるようにセットをするんだというところから、どのようにフェイスの向きをしておくべきか?

というようなご質問でしたので、ちょっと私がドライバーの場合のセットに対してもう一度教材の中でも説明をしているとは思うのですが、もう一度確認という意味でご説明を差し上げたいと思います。

まずは、真正面から見ますとこれはドライバーですので、おへその前でグリップをセットし両腕をしっかり伸ばしてください。

この時にフェイスの向きは、自分のおへその前のグリップと顔の前でフェイス面が地面と直角になっているということを確認しましょう。

この時に両腕はしっかりと伸びているというのが前提です。

この状態をまず作った後にボールの進行方向に直角のポジションに立って頂きまして、そこでもう一度今のフェイス面の位置と歯の位置とおへその位置が真っ直ぐになっていることを確認して、

ここから右足とクラブヘッド・両腕ですね、ここではワンセットの状態のままセットへ入ります。

そこから、左足・右足をセットした場合は当然おへその位置はボールよりも右側にセットをされている訳です。

この状態ですと、当然クラブシャフトは自分のボールや進行方向に対してこのように直角のポジションに入った場合、このスペース(クラブフェイスとボールの隙間)ですね、ちょうどボールが1つ分ぐらい空いているようなこのスペース。

この状態がわざと、意図的にと思って下さい。

このフェイス面とボールまでのこの距離が、実はスイングプレーンもしくはスイング中のクラブの軌道でいう最下点、ここから自動的にクラブヘッドがティーアップされているボールに対して若干のサイドブローもしくはアッパーブローになるためにですね、おへその前の手元と顔の前のヘッドで真横にセットをしておいた場合、このままピタッと手の位置を変えずにフェイス面をボールへ近付けるとフェイスが左を向くんじゃないだろうか?というご質問でしたので、

実はこの状態でわざわざこの手元もしくはヘッドをボールへ近付けたり、ぴったりと合わせる必要は無いという風に理解をして下さい。

スポンサードリンク

むしろボール1個分ぐらいのスペースが、実は先ほどの説明で言う最下点からアッパーブローになるという、ここを敢えてボールにぴったりくっつける必要は無いんですよと。

手元の位置を変えずに、ヘッドを目標のボールへ近付けてしまうと当然左を向いてしまうことになります。

ですから、ここでヒントとして頂きたいのは、セットをした時のフェイス面とティーアップしているボールにはピッタリと合わせる必要はありませんよと・・・。

この離した状態の位置が実はドライバーのクラブヘッドの軌道の最下点を示していると・・・。

イメージを取りやすくしていると考えてもらっても良いです。

この最下点から自動的にアッパーブローになるために、グリップエンドをおへその前にセットをして頂いているというような理解をしてみて下さい。

アイアンではこの最下点の位置がボールの真下、もしくはボールの進行方向側ですね、左側がクラブの最下点としていきたい訳ですから、このグリップエンドの真下がこのクラブの最下点、ヘッド軌道の最下点になるということを一応イメージできるようにしてください。

簡単にですが、アイアンがなぜグリップエンドの位置の真下が最下点になるかというと、例えばこういう本当にぶら下げた状態ですね。

もし、もともとのセットでグリップエンドの方が進行方向側にあるということは、このまま僕が手を放すと当然クラブヘッドはこのグリップエンドの真下に来る訳です。

ですから、このグリップエンドの真下というのは実はこのクラブヘッドの一番最下点を示しているということで、アイアンの場合はボールにコンタクトして地面に行きたい訳ですから、このグリップエンドはボールの真上ぐらい。

要するにアイアンの説明で言っておりました、左首の付け根ぐらいにエンド・手元が来るように、そして鼻の前にフェイス、リーディングエッジですね、刃の部分が地面と直角もしくは垂直になるようにしてくださいと・・・。

で実はこの首筋の真下ぐらいに、だいたい左足の付け根というのが来る筈です。

おおよそですね、おおよそそうなる筈です。

で、左足の付け根の内側にボールをセットする訳ですから、当然この左足の付け根あたりにグリップエンドがあるという事は、ちょうどボールに対して、ボールはかかとの左もしくはかかとの線から見たやや右側にボールをセットしている訳ですので、

かかとの線よりも内側にあるボールに対して、グリップエンドが左足の付け根ということは、当然このグリップエンドの前ですね、進行方向ボールの左側が先ほどのぶら下げた最下点になる筈ですよ!

ということで、この教材の中でのセットアップの注意として、クラブの最下点を作るイメージするのが、エンドの真下だよ。

ドライバーでしたら、アッパーブロー・・・

ティーアップしているので、このエンドの真下がボールの右サイドにあるようにセットをしましょう!というようなご注意をしている訳です。

そこで今回のご質問通りですね、フェイス面をその時にピッタリ合わせる必要がないという風に理解をしていただければ、今回のご質問に対しては理解して頂けるのではないかと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - ドライバー, 森本光洋 ,