トップチョロ・ダフリチョロの改善方法【講師 谷将貴氏】

   

スポンサードリンク

【谷将貴】 チョロ・ダフリの改善方法 【ゴルフシンプル理論】

 


シンプルだから曲がらない・シンプルだから最大飛距離が出せる・シンプルだからベストスコアが伸びて行く・谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

 

Q:ティーショットでチョロが多く、精神的なダメージが大きいのです。

対処法を教えて下さい。よろしくお願いします。

 

谷将貴プロ:はい、そのケースはまず出だしとは限らないのですけれど、ダフリのチョロなのかそれともトップのチョロなのか、チョロでも2パターンがある訳ですね。

まず、ダフリのチョロというのはどういう事なのかというと、ダウンスイングのところで手前の芝に当たってチョロチョロチョロっと行ってしまうようなダフリチョロですね。

で、トップのチョロというのはボールの上に当たって、ライナーのようなトップスピンが掛かっているような感じで、シュッとドロップしながらのトップチョロ。

この2つのチョロがある訳です。

これはそれぞれ原因というのが違うので、自分はダフリのチョロなのかトップのチョロなのかというのをまずは見極めなければいけません。

で、見極めた後にどうするかなんですけれども、まずダフリのチョロというのは、単純にダウンスイングで手首が早くほどけてクラブヘッドも早くボールにぶつけたくなって行くと・・・。

その場合に、早く(手首を)ほどきすぎてしまって、手前の芝に当たってダフってしまっている訳です。

ですから、その場合は右手の手の力を抜いて、クラブのヘッドの重さに任せてあげるようなイメージとか、あとはリズムを大切にしてあげるという事ですね。

どうしてもダウンスイングで手が早くほどけてしまうと、リズム感というのが全く無くなってきますから、リズムをよくして1・2・3というようなリズムでフィニッシュのことを考えて振っていくように意識してあげると・・・。

スポンサードリンク

切り返しだとか、ボールに当てようだとかを考えるのではなくて、フィニッシュでバランスよく2秒ぐらい止めて終わるような意識でスイングしていくと・・・。

そうすることによって、ここら辺で合わせようとする意識がなくなってダフリのチョロが無くなるかな?という風に思います。

ですから、プレショットルーティーンの素振りの時に手前で一回素振りをして頂いて、そこで(フィニッシュで)2秒止めてから入って行って下さい。

そうすると、緊張感も無くなってきてダフリのチョロも無くなるのかなという風に思います。

で、トップのチョロですけど、トップのチョロは単純にダウンスイングからターゲットのほうを早く見ようとしすぎてしまうという事。

そうすると、当然のことですがボールと目線の距離や頭の位置が変わってしまえば、上に上がれば上がるほど球に届かなくなる訳ですね。

で、届かなくなってしまって上に当たっている訳です。

ですから、打ち終えた後にボールがあった場所を見ておくとか、ティーを見ておくとか、もしくはそれでもまだトップしてしまう人はちょっと右側を見ながら打っていただくとか・・・。

前傾のイメージ、後は頭が串刺しになってグッと刺さっているようなイメージで、頭の位置を意地でも変えないようなイメージで振っていくと・・・。

そうすると、必ずボールに届いて来るはずなのです。

ですから、自分がまずダフリのチョロなのかトップのチョロなのかというのを見極めてあげるということ。

そこでもし見極め間違えてしまうと、今言った修正で逆をやってしまってはなかなか直りませんから、必ず見極めて頂いてそれに合った処方箋でやって頂けると、ダフリのチョロそれからトップのチョロというのが無くなると思います。

ぜひ、参考にして練習してみてください。

【おさらい】
■まず、自分がダフリチョロなのかトップチョロなのかを見極めましょう。

■ダフリチョロの場合は右手の力を抜き、フィニッシュで2秒止める練習が・・・。

■トップチョロの場合は、インパクト後も目線を残す練習が有効です。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - チョロ, 谷将貴 , ,