イ・ボミのスイングを徹底分析!ドライバー編【解説 プロコーチ・石井忍氏】

      2015/10/26

スポンサードリンク

イ・ボミのスイングを徹底分析!ドライバー編【プロのスイングデータから見えた!上達の近道】

 

プロコーチ 石井忍:皆さんこんにちは、ゴルフインストラクターの石井忍です。

今回もエプソンのMトレーサーを使いまして、女子プロゴルファーのイ・ボミ選手のドライバーショットのデータを徹底的に分析したいと思います。

EPSON(エプソン) ゴルフスイング解析システム M-Tracer

 

インタビューアー:ドライバーショットで一番注意しているポイントは何ですか?

イ・ボミ:そうですね、一番はやっぱり軸があまりブレないようにして、そのあとはリズムと軌道です。

頭が動かないように、ちゃんと練習場で練習して意識しています。

もともとドローボールなので、スイングの軌道もちょっと低いかなと思います。

 

インタビューアー:調子が悪い時にはどんな傾向が出ますか?

イ・ボミ:私の場合はフックボールが出るので、その時は頭が右に動いてスウェー気味になって、後ろから打つからもっとスイング軌道が低くなって左に行く時があります。

その分をちゃんと意識して、ちょっとずつ練習場で調整しています。

 

インタビューアー:イ・ボミ選手のスイング調整法は?

イ・ボミ:一番は頭が動くのをちゃんと我慢して、あとは体のバランスだと思います。

 

【プロコーチ 石井忍が分析するイ・ボミ選手のドライバーショット】

プロコーチ石井忍:それでは、イ・ボミ選手の解析をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

バックスイングの上がった軌道よりも内側から下ろして来て、溜めて下ろして来ていますね。

これを、後ろから表示を変えて見てみますと、バックスイングの上げていく軌道よりも、グーッと内側にループしてVゾーンのもう内側ですね、内側から叩いている様子が分かりますね。

それでは、インパクトの画面ですけれども、ややアッパーブローですね。

しかも本人が言う通り、ややドローですね。

インサイド4度からスクエア3.1度ですね、インサイドから捕まえている様子が分かりますね。

ヘッドスピードは45と言う事で、ナチュラルアンコックが31%!

かなり、しっかりとダウンスイングで溜めがあるということがこれでも良く分かります。

そしてこの画面ですね、回転の解析の画面ですけれども。

非常に特徴的ですよね。

シャフトの動きなんですけれども、バックスイングを上げて行ってハーフウェイバックで25.8度右に回転していると言う事なんですけれども。

ここから少し上げていく段階で、この時点で一番シャフトを右に捻っている状態なんですね。

で、このオレンジのゾーンと言うのはトップまでの間を示しているんですけれども、このトップで一番開いている右に回転している状態から、もう既にトップに掛けては左方向に回転しながらトップに上げて行っているんですね。

で、そのままグーっと左方向にトルクを掛けながらインパクトを迎える訳ですけれども。

多くのアマチュアの方がこの三角形の表記がトップよりも右側ですね。

ですから、トップよりも一番開いている数値が大きくなってきますから、そうすることによってアウトサイドからオープンフェイスで下りてきてしまうという事なんですね。

このボミ選手のように、トップの位置よりも左側のバックスイング側に一番開いているポジションがあると言うことは、ハーフウェイバックの状態からやや左にシャット方向に握り込みながらトップに上げているということですから、

身体を開かないで、内側から叩く準備ができているという事なんですね。

ですから、ダウンスイングの溜め、身体の開きと言うところは、このシャフトの回転からも良く分かると思います。

この状態から、握り込みながらインパクトしていくという、そういう所も注意して見てもらえると良いと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク




 - イ・ボミ, ドライバー , ,