ゴルフスイングの基本 ~頭の位置を変えない~【講師 坂本龍楠氏】

   

スポンサードリンク

~頭の位置を変えてはいけない理由~

 

ドローボール、フェードボール自由自在! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:スイングの基本です。

スイングのまず一つ目の基本は、身体の中心が動かないと言う事です。

スイング中に身体がこう左右に動いてしまうと、スイングの円の軌道がブレてしまいますので、なるべく身体の中心が動かないようにスイングして行く、これが大切になります。

そこで大切になるのが、頭の位置です。

この頭の位置をなるべく「クラブを振り上げる時」そして「振って行く時」そして「振り抜いて行く時」に頭の位置が変わらないように動かして行きます。

それがまず一つ大事な事になります。

スポンサードリンク

そして、最後に頭は少し動くのですが、アドレスと言って構えの状態からトップ、フォロースルーと言って振り抜いたあたりまでは、頭の位置があまり大きく動かないようにスイングして行く、これがまず本当に大事になります。

頭が動けばスイングも身体の動きも全てバラバラになってしまいますので、頭の位置が動かないように振り抜いていって、最後は少し動く・・・。

そういう形をイメージしてスイングして頂くと、スイングが安定しやすいので、まず大事なのは「頭を動かさない」「頭の位置を変えない」と言う事が大事になります。

こう、後ろから見て頂いても、この(頭の)位置からなるべく変わらないように振って頂くのが大事です。

頭が前に屈みこんでしまったり、(クラブを)上げた時に起き上がってしまったり、逆に打つ時にこう(突っ込む)行ってしまったり、こう(のけ反る)なってしまったりと言うような事で、クラブの動きも身体に対して変わってしまいますので、後ろから見ても前から見ても頭の位置が変わらずにスイングして行く。

そうする事で、ボールに当たる確率が上がって来ますので、注意しながら練習してみて下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, 坂本龍楠 , ,