ゴルフスイングの基本 ~前傾 アドレス~【講師 坂本龍楠氏】

   

スポンサードリンク

~前傾アドレスについて~

 

ドローボール、フェードボール自由自在! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:スイングの基本の3つ目は、前傾です。

ゴルフボールは地面に置いてある競技なので、必ず身体を骨盤から・股関節から、このように前傾します。

これが前傾です。

スポンサードリンク

この角度があることによって、ゴルフがちょっと難しくなっていたりとか、向きの感覚が狂ってしまったりと言う部分があるのですが、まずはこの前傾と言うのがあるので、この前に屈んだ状態でなるべく動作を行っていくと言う事が大事になります。

前後の頭の位置が変わってしまうのは、この前傾が狂ってしまっていますので、頭の位置を変えないと言うのは前傾を変えないと言うのも含まれています。

ですから、この頭の位置が変わらないように、先ほど言った向きの入れ替えを行う。

頭の位置を動かさない、前傾が起きない、そして身体の向きが右を向いたり左を向いたり入れ替わる。

この動きで打てるだけで、ボールが当たりやすくなってきますので、ぜひこの3つをまず気を付けて練習して頂くと、大きくミスにならないスイングになってくると思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, 坂本龍楠 , ,