ゴルフスイングの基本 ~グリップの握り方~【講師 坂本龍楠氏】

   

スポンサードリンク

~グリップの握り方について~

 

曲げて飛ばす! 曲げて攻める! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:グリップについてです。

グリップの握り方についてということで、基本的な握り方はだいたいゴルフクラブのグリップにはマークが付いていますので、だいたいこのマークがクラブの中心を指していますので、

このマークに対して左手の親指をまずは真っ直ぐに当てるような感じです。

で、それを少し右にズラします。

で、右にズラして頂いて、あとは関節で握って頂いてグリップを作ります。

で、この親指と人差し指の間は締まっているような形にして頂いて、右手は中指と薬指を曲げた状態でグリップに掛けて頂いて、左手のところまでストンと落として頂きます。

そうすると、小指が余りますのでこの小指を先程の左手の人差し指の上に乗っけて頂いて、で右手の生命線のあたりで左手の親指を巻き付けるように握って頂きます。

で、握って頂いて、いわゆる2ナックルと言って、この辺に2つ(指の付け根)が見えるのが、スクエアな状態と言われています。

で、右手も親指と人差し指を少しくっつけて、このように締まった状態で握れれば良いと思います。

スポンサードリンク

と言うのが、だいたい一般的なグリップの形になります。

で、自分の場合は簡単なんですけど、こうやって(親指と人差し指で)丸を作って頂いて、その丸を親指と人差し指を両方くっつけるような形にします。

この形を作って頂いたら、今度はこれを両方の親指と親指が直線上に重なるような形に合わせて頂いて、あとは残った指を関節で軽く曲げて頂いて、あとは合わせるような形で握る練習をして頂くと、この親指と人差し指を締めたような状態が上手く作れるのではないでしょうか。

だいたい皆さん最初は初心者の方も握って頂くと、親指と人差し指の締めた感じでクラブを握ると言うのができないので、どうしてもこっち側(手のひら側)の薬指だったり、小指だったりのところにこういう力だけで握るクセがやっぱり最初は、グゥっと握ってグゥのような形で握ってしまう人が多いので・・・。

まずは、丸を作って頂いて、それをこう締めて頂いて、親指と人差し指両方締めて頂いて、合わせた形であとは他の指の関節を軽く曲げて握る練習をして頂くと、グリップが少し上手く(クラブを)支えられるグリップになると思います。

どうしても皆さんこうやって握ってしまうグリップになってしまいますので、こうして(輪っかを作って)締めて、で合わせた後は関節で挟んであげるような形で・・・。

あとは、インターロッキング、オーバーラッピングはその時々に人によって違いますので、またその辺は今度説明したいと思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - グリップ, スイング基礎, 坂本龍楠 , ,