ゴルフスイングの基本 ~ボールの位置~【講師 坂本龍楠氏】

   

スポンサードリンク

~ボールの位置について~

 

曲げて飛ばす! 曲げて攻める! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:ボールの位置についてです。

ボールの位置は、基本的に色々な理論があります。

基本的には(ボールの位置は)どこでも良いです。

右(側)で打つ場合のメリット、左(側)で打つ場合のメリット・デメリット、色々あります。

で、最初にボールの位置の前に考える事は、クラブの軌道です。

クラブのスイング軌道と言うのは、構えたところからの円の軌道なんですけれども、だいたい身体の中心点・重心のあたりにクラブヘッドが落ちるようになっています。

そして、ヘッドがこのように重心の身体の真ん中あたりに落ちます。

ですから、身体を動かさない状態でスイングをすると、身体の真ん中あたりにクラブが落ちる訳です。

で、さらに落ちる場所に本来構えれば良いのですが、ゴルフスイングは身体を少し回して重心が僅かですが左に移動しています。

ですから、本来ならボールの手前に構えて打っていれば、身体を動かさないで打つとボールの手前に(クラブが)落ちてしまう筈なのですが、それがボールに当たると言う事は少し左にシフトして身体の回転で打っているためにボールがキレイに捉えられる訳です。

スポンサードリンク

ですから、そう考えるとボールの位置と言うのは、少し身体の真ん中より左側にしておいた方が当たりやすい・・・。

身体を回して行った事で、ボールがキレイにヘッドが落ちたところで当たりやすいと言う事になります。

ですから、右に置く場合と言うのはどうなるかと言うと、基本的には腕や手で合わせに行くような動きになってしまいます。

ですから、体重を残して打ったりとかと言う場合は右に置いて打つ事が多いのではないかと思います。

ですから、基本的に最初は初心者の方などは、ボールを身体の中心より少し左にして置いて頂いた方が良いと思います。

手っ取り早く当てたい時は右に置いた方が当たりやすいですが、スイング的に言うとあまり身体が回らないところで当たりやすくなってしまいますので、

基本的には、ボールを身体の左に置いてしっかりと回ったところでボールが当たると言うボールの位置の方が、スイングを覚える上では良いのではないでしょうか。

あとは、個人差がありますので左や右など色々試して頂いて、自分の適正なボールの位置を探して頂ければ良いと思います。

一応、右でも打ってみます。

右で打つと少しやはり手を使って合わせないと、キレイにボールに当たりません。

それと、身体をあまり回し過ぎると当たりにくくなってしまいますので、あまり身体を回さないで打つスイングになりやすいと思います。

ま、いろいろと場所を変えて練習してみて下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, 坂本龍楠 , ,