ゴルフスイングの基本 ~パターの打ち方~【講師 坂本龍楠氏】

   

スポンサードリンク

~パッティングの基本について~

 

曲げて飛ばす! 曲げて攻める! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:パッティングの基本についてです。

パッティングの基本は、まず持ち方とかは別として頂いて、まずこのように腕を挟んだ状態。

このように両手をパターの横の面に合わせた状態で握って頂いて、このようにストロークする・・・、これが大切になります。

手先でやるのではなくて、身体の動きでなるべく動かしてあげる、これが大切になります。

で、もう一つ注意点はですね、手の向きが左手の甲でも右手の甲でも良いのですが、あまり空の方を向くような動きをしないように、この横向きのままなるべく動かすようなイメージ・・・。

スポンサードリンク

円運動になってしまうので、だんだん上げればパターヘッドと言うのは浮いていってしまうのですが、なるべくこのように(手首を空に向けるような動き)向きを変えないように、手の挟んだ形のままなるべく横に動かしているような形でストロークしてあげると真っ直ぐに当たりやすいです。

これがこういう(振り子のような)打ち方になると、アプローチでのトップと同じような打ち方になってしまって、この硬い部分に当たってしまいますので、手の向きがフェイス面だと思って頂いて、同じように横に身体で平行移動・・・。

このイメージを持って、そのままの形でグリップに入って頂いて、同じように平行に動かすというようなイメージで打って頂くと、パッティングのボールに対するインパクトの当たり方が一定してきますので、

このように挟んだ状態で、なるべく手の向きを変えないようにしてストロークする練習をまずはしてみて下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, 坂本龍楠 , ,