ドライバーとアイアンの単純な違いを理解してナイスショット【講師 坂本龍楠氏】

      2015/09/23

スポンサードリンク

~ドライバーとアイアンの違いについて~

 

曲げて飛ばす! 曲げて攻める! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:ドライバーとアイアンの違いについてです。

ウッド形状のものとアイアン形状のものの基本的な違いについてです。

まず、根本的に違うのがこう真っ直ぐにしてシャフト・棒のラインがありますよね、このライン・・・。

このラインを考えると、アイアンと言うのはこのようにラインの直線状にあります。

アイアンと言うのはこのシャフトの棒の前ぐらいに、ヘッドが付いている訳です。

で、このウッドになると、こういう形になっています。

こう棒があって、この棒の右サイド、ちょっと右に重りが付いている訳です、この違いが意外と打ち方に影響しています。

で、実際にどうなるかと言うと、クラブを振り上げて行った時に、ゴルフクラブと言うのは背骨とだいたい平行な向きでクラブが動いていくと良いのですが、これがこう開いてこの向きがこう変わって行った時に、この重りが右側にあるウッド。

このウッドと言うのは、右側に(重りが)ありますので戻すのがアイアンよりも大変になります。

ですから、本当はヘッドをなるべくこういう動き(ヘッドが開く動き)をしないように本当はしたい訳です。

アイアンなんかはこういうふうに少しぐらい開いていても、手を返したり遠心力で戻していくような動きを使えばある程度当てられます。

スポンサードリンク

ですけど、こういう右側に重りが付いているウッドと言うのは、こうなり出したら(フェイスが開き出したら)あとはもう身体を回してしまうと、開いたまま下りて、手で戻せないほどの開き具合になってしまいます。

考えると、アイアンは手を返していて、ウッドは手を返さないようにと(スイングを)変えてしまうと打ちにくいので、

どのクラブもこのようにあまり手を使わずに身体を回して、フェイスをねじらないようにしながら打っていく方が簡単なのではないのかな!と自分は思います。

やはり、男性に多いのですが、アイアンを練習している男性と言うのは上から打ち込む人と言うのは、フェイスの動きが強くて叩くような動きになってしまいますので、皆さんやはりこちらのウッドが苦手になります。

で、ウッドが苦手なので使うのはアイアンに近いユーティリティーと言うクラブを使う事が多いです。

ですから、アイアンが得意でフェアウェイウッドがチョロしてしまう、ボールが上がらないと言うような人はフェイスを少し動かしながら・・・

で、インパクトで合わせて叩きに行くと言う動きが入っているのではないかと思います。

ですから、あまり手をねじったりせずに、クラブの角度は変えないようにして身体の回転のままで戻して打てるようなイメージでスイングを作って行くと、フェアウェイウッドもアイアンも打ちやすいのではないかなと思います。

ですから、意外とコックとか何か色々と細かいところと言うよりも、構えた角度を変えないようにして、身体で単純に回したのを戻してあげるような形で本当は練習できると、基本的には当たりやすいスイングになるのではないかと思います。

その後で、自分でフェイスの動きとかを少し作って行ったりした方が壊れにくいスイングになるのではないかなと思います。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, 坂本龍楠 , ,