ゴルフスイングの基本 ~テイクバック~【講師 坂本龍楠氏】

      2015/09/23

スポンサードリンク

~テイクバックについて~

 

曲げて飛ばす! 曲げて攻める! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:テイクバックについてです。

テイクバックで大事な事は、まずは身体の面を向きをなるべく変えた形で腰の位置までクラブを持って来るようなイメージです。

その時に、今足のラインに棒があるのですが、クラブがこのラインをなるべく超えないところで保ってあげると言う事が大事です。

で、そうするとだいたい皆こうやって(クラブヘッドを背中側に引く)上げている方が多いので、凄く外に上げているような感覚になるようです。

ですが、だいたいこの辺の足のスタンスのラインぐらいに、腰の位置に来た時に上がるのが正しいです。

その時に、フェイスの向きはクラブを真っ直ぐ構えている状態だとしたら、自分が前傾していますので前傾と同じ角度になるのが正しい真っ直ぐな軌道になります。

スポンサードリンク

ですから、腰の位置に来て身体の向きと同じような面の向きになっているようにしてあげると言う事が、テイクバックでは大事になります。

注意したいのは、外に上げるような意識で行くと、いきなり外に腕を離して上げてしまう人が多いので、あくまで30cm~40cmの区間は地面と平行に低く真っ直ぐに動いているような、身体は流れたりしてはいけないのですが、身体の頭の位置とかはそんなに動かさずに低く動かしてきて、そしてこの位置(腰の位置)に来る。

こういうイメージを大切にして、しっかり腰の位置まで(クラブを)上げられるようにする事が大切です。

ですから、このぐらいの腰のアプローチと言うのは結構動きとしては大切になってきますので、やった方が良いというのはそういうところにもあります。

ですから、腰の位置に来たらこのようにフェイスの向きは背骨と平行で、なるべく身体の向きで(クラブを)上げてあげる。

手でこのように上げると、フェイスが開いてしまってスライスの原因になったりとか、トップの原因になってしまいますので、

アドレスの角度を手首や腕の角度を保ったまま腰の位置に(クラブを)上げてあげると言う事が、まず第一段階として大切になりますので注意してやってみて下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, 坂本龍楠 , ,