ゴルフスイングの基本 ~手や腕の使い方~【講師 坂本龍楠氏】

      2015/09/23

スポンサードリンク

~スイングバランスについて~


ボールは真っ直ぐ飛ばすな! ティーチングプロ坂本龍楠の2WAYゴルフ理論とは?

 

坂本龍楠プロ:スイングバランスについてです。

スイングのバランスと言うか、身体の動きはこのように身体が右を向いて左を向いて行くような動きで本来スイングしなくてはいけません。

で、この時に腕の役目、手首の役目、肘の役目、この末端の部分の動きの役目は、身体がこのように向きを変えていくものに対して、クラブを身体の正面に保ってあげる役目が一番重要だと思います。

スイング中もこのように身体が右を向いている時にクラブの位置が同じ方向にあって、スイング中も同じ所で動けるようなイメージがあると良いと思います。

で、そこで重要になって来るのが肘と手首の動きです。

スポンサードリンク

だいたいの人が肘か、恐らく手首を身体の正面を保つために使っていると思うのですが、だいたいスイングが小さくなる人と言うのは手首を多く使っている。

で、オーバーなアクションがある人と言うのは肘を大きく使っているパターンが多いです。

ですからスイングがどちらが良い悪いではないのですが、スイングが大きくて少し暴れてしまっているような人は、少し肘の動きを静かにしてあげる。

逆に小さくなりすぎてしまう人と言うのは手首の動きが多いので、手首をあまり使わないイメージでスイングをしてあげる。

逆もそうですね、スイングを小さくしたい場合は少し手首を使って、コックと言いますか、少し角度を作ってあげて打つ練習をする。

逆に大きくしたい場合は肘を少し大きく動かしてあげて使うと、スイングのアークは大きくなります。

ですから、自分の目的だったり、打ちたい球によってその動きを調整して、なるべく目的は身体の正面を外さないようなイメージで腕を使えると、出力とかパンチに使うと言うのは本来の目的とはちょっと違うと思いますので、あくまで身体の前に腕があるようなイメージを持って練習してみて下さい。

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - スイング基礎, 坂本龍楠 , ,