【倉本昌弘のベストゴルフ!】~パワーはフットワークから~

   

スポンサードリンク

【倉本昌弘のベストゴルフ!】~パワーはフットワークから~

倉本昌弘プロ:まず、構えの中でですね下半身、ウエストから下の部分ですね。

大塚 範一:はい。

倉本:よく、突っ張って構えている人もいるし、それから膝を折って構えている人もいますよね。

ですけれども、一番良いのは自分がいつでも長くずっと立っていられる姿勢。

大塚:と言う事は、体育の休めの姿勢ということでしょうかね。

倉本:そうですね、その時にどこに力が入っていますか?

大塚:身体の真ん中にストンと・・・。

倉本:身体の真ん中にストンと入っていますね。

大塚:はい!

倉本:この姿勢で、そのままクラブを構えるんです。

大塚:じゃ、最初は楽なんですねずいぶん・・・

倉本:いや、ゴルフと言うのは楽なスポーツですから。

大塚:あ、そうですか。

どうも楽というイメージは全く無いですけれども(笑)

倉本:で、その休めの姿勢を取っていて、それからクラブをポンと前に置きますね。

この時に、身体全体に体重と言うのはどこに掛かっていますか?

両足の裏にしっかり掛かっていますよね?

大塚:両足の・・・、はい。

もしかして、すでにこうなると、ちょっと足の中側と言うか・・・

倉本:中側と言うか土踏まずの部分ですね。

このアーチの部分に体重が乗る。

大塚:あ、じゃ今乗っていますよ私!

倉本:ええ、そういうイメージです。

大塚:さて、これから動きが始まります。

倉本:はい、動きが始まります。

まず、クラブはもう度外視して置きましょう。

大塚:じゃ、ちょっと置きましょう。

倉本:まず、バックスイングを取ります。

手はこういう風に前にありますね。

この状態でバックスイングを始めます。

この時に、右の膝、右の足ですね。

この内側で、こっち(右)へ動くんですね。

こっち(右)へ動いて行くのを受け止めてやる訳です。

その時に、この右の腰が動いてしまうと、受け止められませんでしょ?

大塚:逃げちゃうと言う事ですね。

倉本:はい。

だから、内側で受け止めるには、右の腰がその位置で回らなければいけないんですね。

分かりますか?

大塚:はい。

倉本:これで初めて、全部右の内側で受け止められる訳です。

それがトップスイングのところですね。トップオブスイング・・・。

それから、これが元に戻って行きます。

徐々に元に戻って行って当たりますね。

大塚:はい。

倉本:それから、今度は左の内側でこっち(右)から来るものを受け止めてやらなければいけない。

大塚:それが難しいですね、つい外側に行ってしまいますね、これは。

倉本:はい、それが外側にこのままずーっと行ってしまうと、左足が伸びてしまいますから、受け止められませんね。

これを、内側で受け止めてやる。

左の親指で受け止めて受け止めるような気持ち。

大塚:左の親指。

倉本:左の親指をギュッと踏んでやるようなつもりですね。

左足の親指を少し踏んでやるようなつもりで・・・。

そうすると、ここが受け止められる訳ですね。

スポンサードリンク

大塚:うん、確かにそうですね。

これが小指の方に行ってはいけませんね。

倉本:小指の方に行ってはいけないですね、親指で受け止めてやる。

で、受け止めたらそのまま左の足の上で回ってやる。

(倉本スイング解説)
大塚:パワーの秘密がどこにあるか!

倉本:はい、右膝で受け止めていますね。

大塚:全然外に逃げませんね。

倉本:はい、それから下りてくる。

左で受け止める。

受け止めていますねぇ、しっかりと・・・。

大塚:全部左足に体重が乗っていると言う感じで良いんでしょうか。

倉本:はい。

大塚:あの、身体の硬い人はもっともっと内側の筋肉を使うと言う事に注意した方が良いんでしょうかね?

倉本:そうですね・・・、それと、よくベタ足か?ヒールアップか?と言う事があるんですけれども、僕の場合はヒールアップを取り入れている訳ですね。

それは何故かと言うと、割と身体も硬い、それから関節も硬いと言う事でヒールアップを取り入れている訳です。

で、このヒールアップの特徴と言うのは、左足のかかとを上げる事によって、身体を回転しやすくしている訳ですね。

それから、これを下す事によってパワーをためて来るという事ですね。

大塚:左サイドにパワーをためて・・・。

倉本:はい、ですから全てのアマチュアの方がベタ足でやる必要が無いと思うんですね。

自分は身体が硬いんだと、身体を回しにくいという人はヒールアップすることをお薦めしたいと僕は思っているんですね。

あの、ヒールアップの一つの練習方法としてですね、こういう風に右足に全部乗せてしまう。

大塚:王選手のバッティングスタイルのような・・・。

倉本:一本足打法の要領ですね。

それから、構えたところに下ろす。

それから、打ち終わったら一本足(左足)で立つと・・・。

こういう要領ですね。

大塚:それは、ごく気持ちの問題なんでしょうね。

倉本:はい。(ショット)

こういう風にするんですね!

大塚:決して曲打ちではありません(笑)

倉本:はい。

(スイング解説)
大塚:内側の筋肉を使って・・・。

倉本:はい、バックスイングが上がって行くと同時に、左足が上がって行く。

今度はその下りて行くパワーを左足にためて、ダウンスイングをしていくと言う事ですね。

大塚:はい。

ボールを打つ瞬間は体重はどこなんですか?

これはもうほとんど考えてはいられないと言う事なんですか?

倉本:ええ、考えてはいないと思います。

それと、ボールを打つ瞬間と言うのは、動きの移動中な訳ですね。

ですから、ボールを打つ瞬間と言うのは、パンと止まっている訳じゃないんです。

どこに体重があるかと言うと、今移動している最中なんです。

右の体重が左に移動している最中。

だから、インパクトの瞬間と言うのは全てが左に乗かっている訳でもない、そうかと言って右にある訳でも無い。

移動しているちょうど途中・・・。

大塚:なるほど!

倉本:ですから、インパクトと言うのは考えてはいけないんです。

止まって考えてはいけないんです。

インパクトと言うのは動いている中の一つですから、体重も動いていなきゃいけないんです。

大塚:しかし、倉本さんのスイングを拝見させて頂いて、きっと最初に立った自然体のあの位置にインパクトがあるかもしれませんね。

倉本:そうですね!

 

スポンサードリンク

RIZAPゴルフ

 - 倉本昌弘 , ,